【必見】世界中で人気者のサンタさんになる方法!

エンタメ

200px-Customsuit
出典:https://ja.wikipedia.org

サンタクロースは実在するのか?
答えはYES!

しかも何人もいます。そしてあなたにもチャンスがあります。

その方法を説明する前に、『グリーンランド国際サンタクロース協会』についてお話します。

『グリーンランド国際サンタクロース協会』はデンマークに本部を置く国際的な協会。
北欧のデンマーク・スウェーデン・ノルウェーを中核とし、支部はドイツ・スイス・オランダ・カナダ・アメリカ・フランス・イタリア・エルサルバドル・スペイン・日本などにあります。

協会公認のサンタクロースになる条件

1:結婚している事
2:子供がいる事
3:これまで、サンタクロースとしての活動経験がある事
4:サンタクロースにふさわしい体型である事
(衣装やその他の装備込みで、体重120kg以上)

この4つの条件をクリアし、書類審査を通過すると・・・

サンタクロース候補生の自宅には、協会から試験日と当日までの諸注意が書かれた書類が届きます。

試験は、自宅を出る所から始まっています!
試験会場は、毎年行われる世界サンタクロース会議に合わせ真夏の、デンマーク・コペンハーゲンのバッケン遊園地。

サンタクロース候補生は、自宅から会場まで、サンタクロース姿の正装で移動しなければなりません。

バスでも、電車でも、出国審査の間も、飛行機でも・・・

コペンハーゲン空港に到着したら、身だしなみを整え出身国の小旗を振りながらにこやかに降りる事!

試験科目

1:体力測定(2名づつの候補生が競技)
・50mを全力疾走→はしごで煙突(高さ280cm、内幅120×120㎝)に登る→煙突にもぐって、その下の暖炉から這い出る→樅の木の下にプレゼントを置く→暖炉の上に置かれたクッキー6枚と牛乳568mlを完食→再び暖炉から入って煙突から出たら、国旗を振る→はしごで煙突から降りる→50m走ってゴール
・選考基準は、2分以内!体重120kg以上あることを忘れないで下さい。

基準を合格した候補生の中から、記録の上位2名だけが、次の、長老サンタクロースとの面接に進む事が出来ます。

2:長老サンタクロースによる面接
長老達の前で、英語かデンマーク語で自己紹介を行う。

3:身だしなみ・装備品の審査
サンタクロースの衣装は、候補生の出身の伝統や風習に合った衣装を自作している事。

4:宣誓文の朗読
世界会議に出席した全ての公認サンタクロースの前で、ステージの上から宣誓文を読み上げます。サンタクロースの誓いの言葉が書かれた古文書の全文を全て『HoHoHo!』だけで朗読しなければなりません!

全員が納得するまで、朗読を続けます。

全ての試験を終えると・・・
長老サンタクロースが全員に意見を聞きます。公認サンタクロース全員の承認を得て、新しい公認サンタクロースが誕生します。

現在、グリーンランド国際サンタクロース協会では、日本を含むアジア地区の公認サンタクロースの公募は、行っていないそうです。

しかし、次の公認候補募集を目指して、サンタクロースになりたいという夢を持っている方は、諦めないでください。

いつか、協会がアジアの公認サンタクロースが必要になるその日の為に、サンタの活動やトレーニング、体重管理をし(結婚もして)、備えて置いてください。

もしかしたら、次はあなたが、候補生に選ばれるかも・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2013年9月に『第1回 世界サンタクロース会議』が熊本・天草市でアジア初の世界サンタクロース会議を開催されました。

ちなみにアジア地区唯一の公認サンタクロースは日本人です。

その名も『パラダイス山元さん』。

テレビやニュースでも報道されていたので、知っている方も多いかもしれませんね。

以下はパラダイス山元さんのインタビューより。

サンタになる条件の①結婚していることについて。

現役公認サンタの中には離婚する人も多く、そうなると活動はできないそうで、当日参加のメンバーも4回結婚している人もいるそうです。

「正直な話、サンタは名誉職だと思います。でも、一度なったらやめられない役目で、よかったこともいっぱいあって、サンタになったら子供たちに好かれたりする幸せがあります。それにサンタさんは誰でも知っているので」と、明かしていた。

また、サンタさんからのプレゼントは何歳まで可能なのかという質問には、山元氏は「サンタさんを信じている子供たちは実は大人になってもプレゼントをもらい続けているんです。だから日本もそういう国になればいいなと思います」と、実情を明かしました。

これであなたもサンタさんに♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

クイ〜ズライター

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事