360度絶景!マッターホルンでハイキングをしよう!

旅行

マッターホルンはアルプス山脈に属するスイスとイタリアの国境にある山です。マッターホルンの本格的な登山には知識や経験が必要ですが、ハイキングなら誰でも気軽に行うことが可能です。是非マッターホルンの絶景を感じに出かけてみましょう。

1.持ち物を確認しよう

image02
出典:http://hite.ap.teacup.com

本格的な登山ではなく、ハイキング程度なら特別な装備は必要ありません。それでもパンツスタイルでスニーカーは必須。また、夏場でも山の上は肌寒いので長袖のパーカーなど羽織るものを用意してときましょう。バッグは両手を話すことができるリュックがオススメ。展望台にも水を売っているところはありますが割高なので、ふもとの街で購入し持参しましょう。

2.登山電車で展望台まで向かおう

image04
出典:http://blogs.yahoo.co.jp

ふもとの街ツェルマットからは登山電車で、ゴルナーグラードまで向かいましょう。展望台までは約45分かかりますが、大きな窓の向こうに見える景色を見ているとあっという間です。

3.ゴルナーグラート展望台でランチをしよう

image03
出典:http://photozou.jp
ゴルナーグラート展望台にはマッターホルンや美しいアルプスの山脈を眺めながらランチをすることができるレストランがあり、スイスの名物『チーズフォンデュ』を楽しむ観光客の姿をたくさん見かけます。「軽めのランチがしたい」という人にはビュッフェスタイルのサラダがオススメ。ハムやソーセージも種類が豊富で、お腹もいっぱいになることができます。

4.絶景を眺めながらハイキングをしよう

image00
出典:http://kiccyomu.net

腹ごしらえが済んだら、展望台からハイキングを開始し、ツェルマットの街の方へ下っていきましょう。途中、湖にマッターホルンが映る『逆さマッターホルン』など、絶景を眺めることができるポイントがあるので見逃さないようにチェックしておきましょう。歩いてツェルマットを目指すこともできますが、ハイキングに慣れていない人は30分ほど歩いたところにある中間の駅から登山電車に乗ってツェルマットまで戻る方法もオススメです。

5.ふもとの街『ツェルマット』を散策しよう

image01
出典:http://torapapa.fc2web.com
ツェルマットは、マッターホルンを訪れる観光客でいつも賑わっています。お土産屋さんやレストランもたくさんあり、中には日本人のスタッフがいる店も。スーパーマーケットのコープもあるので、帰りの電車で飲み物や軽い食料が必要な場合はこちらで調達しましょう。
いかがでしたでしょうか。スイス旅行では観光やショッピングも魅力的ですが、1日は豊かな自然に触れてみるのがオススメです。きっとあなたにとって忘れられない体験になることでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

旅行」カテゴリの人気記事