激太り厳禁!!妊娠中に太り過ぎるリスクとは!?

妊娠

11414-1[1]
出典:http://sp.skincare-univ.com

妊娠すると、お腹の中で赤ちゃんが育ち、どんどんお腹も大きくなっていきます。
ですから、体重が増えるのも当たり前です。

しかし!体重が増え過ぎてしまうことはママにも赤ちゃんにもリスクが!!
妊娠中に太り過ぎてしまった場合のリスクをまとめてみました。

fe6de18d9e9f29d1a4a11c767ba18568-480x404[1]
出典:http://sp.skincare-univ.com

どこからが太り過ぎ??

妊婦の体重増加は、大体10キロ前後といわれていますが、
実は、妊娠前の体型によって変わってきます。

妊娠中の理想的な体重増加を知るには、まず妊娠前BMIを算出します。

BMIの計算式
体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

この計算式に当てはめてみると、
身長が160cm、体重が50kgだった場合、

50÷1.60÷1.60=19.531
となります。

BMIが18.5未満の方   →痩せ気味の体型。10~12kg程度の体重増加が目安。
BMIが18.5~25未満の方→標準の体型。 7~10kg程度の体重増加が目安。
BMIが25以上の方     →太り気味の体型。 5~7kg程度の体重増加が目安。

目安は上記の通りですが、BMIが25以上の方の場合、医師や助産師さんなどと相談することがおすすめのようです。

d761d624add358754db6e3a251ac8ef8[1]
出典:http://medical.yahoo.co.jp

ママだけじゃない!赤ちゃんにも起こる、太り過ぎのリスクとは?

・妊娠高血圧症候群
妊娠中毒症というほうがわかりやすいでしょうか?
妊娠高血圧症候群は、妊娠8か月以降に症状が出やすいといわれている合併症です。

1割ほどの妊婦さんが発症するようです。

症状は、高血圧、尿タンパク、むくみ。

常位胎盤早期剥離、脳出血、肺水腫など、母体の命に関わる症状を引き起こしてしまうことや、赤ちゃんの成長に必要不可欠な胎盤や子宮に血液が流れにくくなってしまい、胎児の発育に悪影響を与えてしまうといわれています。

そのため、未熟児や早産、子宮内胎児死亡、死産などの原因になってしまうと考えられています。

・妊娠糖尿病
名前の通り、妊娠中に起こる糖の代謝異常です。

1割ほどの妊婦さんが発症するといわれており、太っている方、高齢出産の方、家族に糖尿病がいる方の発症率が高いようです。

母体へのリスクとして、羊水異常、妊娠高血圧症候群の発症などがあり、赤ちゃんへのリスクは、奇形や巨大児、低血糖、胎児死亡などの危険があるようです。

・難産になりやすい
体重が増加し、脂肪が多くつくと、産道にも脂肪がつくといわれています。

産道に脂肪がつくと、その分産道が狭くなってしまうので、赤ちゃんが下がりにくかったり、難産になってしまうといわれています。

また、子宮収縮が弱まり、なかなか本陣痛が始まりにくいこともあるようです。

・腰痛や膝痛の原因に
お腹が大きくなると体のバランスが悪くなってしまい、腰痛などを引き起こしやすくなります。

それが体重増加によって、体への負担も大きくなり、腰痛や膝痛などを引き起こしやすくなってしまいます。

・妊娠線ができやすい
お腹が大きくなることでお腹の皮膚が引っ張られ、妊娠線ができてしまいます。

脂肪が多くなるとその分お腹が大きくなるため、ケアをしっかりしていても、妊娠線ができやすくなってしまいます。

・産後体型を戻しにくい
赤ちゃんを産むと、一気に体重が減ると思っているかもしれませんが、意外と減りません。

びっくりするぐらい減りません。

元の体型に戻るには3か月から半年はかかるといわれています。

脂肪が多ければそれだけ減らすのも大変。
元の体型に戻すのは苦労するのではないでしょうか?

816236f2565fabe08a583d1f14be27ba[1]
出典:http://maternity-march.jp

注意したいことは・・・

太り過ぎはもちろんですが、注意したいのが、急激な体重増加です。

つわりが治まった頃や、お腹が下がってきて胃が楽になる臨月などはついつい食べ過ぎてしまい、急激な体重増加が起こりやすい時期です。

赤ちゃんに栄養を取られるのでお腹が空いてしまいますが、食事や間食などに気をつけ、1週間に500g以上の増加がないように気をつけましょう!

赤ちゃんは出産時には、約3kg。
その他、胎盤で約0.5kg。や羊水で約0.5kg。
子宮、血液、乳房などで約4kgあるといわれています。

これで、約5キロ。

そして、妊娠中はホルモンバランスが変化するために、脂肪や水分量が増加するため、+3kgは増加するといわれています。

それ以上の体重増加は、ママの脂肪という訳ですね。
ママにとっても赤ちゃんにとってもリスクのある体重の増え過ぎ。

妊娠前のBMIによって、増加しても良いと言われる目安は違います。
自分がどれくらい体重が増加してもいいのかを知り、太り過ぎなきように気をつけましょう。

ただ、痩せ過ぎにもリスクがあります。

赤ちゃんのためにも、栄養バランスの取れた食事で、上手に体重管理をしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事