憧れの海外挙式❤︎フォトツアーで後悔しないための5つのポイント

恋愛

wedding_cancun
出典:http://shan.htpwebdesign.ca

青い空と青い海に囲まれて、本当に大切な人たちとアットホームな式をすることができると人気の海外ウェディング。

最近は挙式をするカップルのうち約3割が海外挙式を選んでいるそうです。

中でも、美しい自然と陽気な雰囲気に憧れて海外挙式を選んだカップルの中には、フォトツアーを楽しみにしている人も多いはず。

しかし『カメラマンさんにお任せしていれば必ずしも素敵な写真が撮れる』というわけではありません。気を付けないと後々後悔をする羽目に・・・。

そこで、憧れの海外挙式のフォトツアーで後悔しないための5つのポイントをご紹介します!

1.日本の会社に依頼する

excellence-riviera-cancun-wedding-1
出典:http://www.tropicalsky.co

海外でのフォトツアーは、日本のウェディング会社に頼む方法と、現地のカメラマンに頼む方法があります。

可能なら、日本のウェディング会社に頼むようにしましょう。

現地のカメラマンに頼むほうがリーズナブルな場合が多いですが、日本のウェディング会社の方が日本の流行りや傾向を理解しているので、よりこだわった理想に近い写真を撮ってくれる可能性が高いでしょう。

2.枚数は多めのものを選ぶ

image
出典:http://www.mtripco.jp

撮影枚数が多くなると金額は高くなります。
しかし、目をつぶってしまっていたり、必要のないものが映っていたり、光の具合が悪かったり・・・

実際に使える写真は20枚に1枚ほどです。
枚数はなるべく多いものを依頼しましょう。

3.撮影したい場所は事前に伝える

image
出典:http://ameblo.jp

フォトツアーの前には、ネットや雑誌で先輩花嫁の写真をたくさん見ておきましょう。
その中で気に入った場所があれば、事前にカメラマンに伝えておきましょう。

当日に希望を伝えても対応してもらえない可能性が高いんです。

4.アイテムはたくさん用意しておく

image
出典:http://www.watabe-wedding.co.jp

海外には素敵なロケーションがたくさんありますが、オリジナリティを出すためにはアイテムが必須。ブーケや花かんむり、ガーランドやバルーン。

中でも新郎新婦のイニシャルは何かと使えるのでオススメです。

5.真似したいポーズは具体的に伝える

image
出典:http://matome.naver.jp

先輩花嫁の写真を見る中で、真似したいポーズがある場合は、プリントしたり携帯に入れたりしておいて具体的に伝えるようにしましょう。

口頭で伝えるのは難しい上、感覚やセンスは人によって違うのでカメラマンにお任せにした場合、自分の好みとは異なる危険性があります。

いかがでしたでしょうか。

しかし、事前にいくら準備していたとしても、ハプニングは付き物。
用意していた小物が壊れてしまったり、体調を崩してしまったり、ごく稀に一日中大雨の悪天候だったり・・・。

どうしてもの場合は、『マタニティフォト』や『結婚◯年目の記念』などにも撮影が出来る、と気持ちを切り替えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事