お風呂に入るとかゆい?もしかして「温熱じんましん」かも

ライフスタイル

82D082CC82AB959798C2087C2093928BC
出典:http://www.atami-juraku.co.jp

寒い冬、あたたかいお風呂が恋しい季節ですね。
寒い季節だからこそ起こりやすいのが「温熱じんましん」。

シャワーを浴びた後、湯船に入ったとき、身体がかゆくなったり赤くなったりしていませんか?

「じんましん」とは

jinmashin
出典:http://e22.akkky.net

漢字で書くと「蕁麻疹」。
アレルギー体質の人に経験のある人が多いのではないでしょうか。

皮膚の血管のまわりにある脂肪細胞がなんらかの原因で刺激を受けると、ヒスタミンという物質が出されます。

このヒスタミンが血管を広げるはたらきを持っていて、過度に拡張された血管から血液成分が漏れ出してしまうのです。

それが皮膚を盛り上げ、赤みや腫れ、かゆみを引き起こします。
これがじんましんです。

「温熱じんましん」とは

kenjoy_4987067829705
出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp

皮膚が急激にあたためられることが原因となって起きるじんましんです。

とくに冬に起きやすいのは、気温が低く皮膚が冷えていることが多いので、シャワーなどのお湯の熱が刺激となるためです。

お風呂以外でも、カイロや暖房の使用、運動など、急な温度の変化があれば起こる可能性はあります。

どんな人ができやすい?

Fotolia_28602586_S
出典:http://konatoki.com

温熱じんましんはできやすい人とできにくい人がいます。以下のポイントに当てはまるようなら注意が必要です。

  • 寒がり
  • 血行不良・冷え性
  • 痩せすぎ
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

じんましんが出てしまったら?

20150909204332
出典:http://djzakiyamasan.hatenablog.com

じんましんはしばらくすると自然にひいていきます。

しかしじんましんはかゆみを伴うので、掻きむしってしまったりするとかゆみがひいた後にも肌に傷や炎症が残ってしまいます。

我慢できないほどのかゆみが続いたり、頻繁にじんましんが出たりするようなら一度医師の診察を受けましょう。

塗り薬や飲み薬を処方されるのが一般的です。

予防するには?

1452e13efcdbc145625d090271ecf4c2-e1444895076825
出典:http://hadalove.jp

温熱じんましんを防ぐには、急な温度の変化や、局部的な高熱をさけることが大切です。

屋内に入るときやお風呂に入るとき、暖房を使うときには、温度差が大きくなりすぎないようにしましょう。

外では厚着をする、脱衣所も温める、いきなりコタツにもぐらない、などを心がけてくださいね。

普段から血行を良くして身体を冷やさないようにしたり、お肌の保湿をしたりして皮膚のバリア機能を高めることも効果が期待できます。

アレルギーの可能性も

111369
出典:http://kikanshien.com

温度の変化が原因でじんましんが出ているのではなく、何かのアレルギー症状としてじんましんが出ている可能性もあります。

通常はアレルギー症状がひどくないので気付いていなくても、温度の変化で症状が強く出ているということも考えられるのです。

頻発する、症状がひかない、症状が重い、かゆみや発疹以外の症状もあるという場合には、早めに病院へ行きましょう。

imasia_11753735_M
出典:http://brava-mama.jp

大人なら我慢できても、子どもは掻きむしってしまうことが多いものです。
原因を知って、できるだけ予防を心がけたいですね。

参考

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事