トイレに座るキキ?幻の『魔女の宅急便』ポスターの原案とは

エンタメ

image
出典:http://xn--o9j0bk5542aytpfi5dlij.biz

ジブリ映画のポスターは、コレクターも数多くいるほど魅力的なものばかりです。
しかし、観客を惹きつけるポスターの完成までにはたくさんの案がボツになっていることも。

ボツになったポスターの案が世間に出ることはごく稀ですが『魔女の宅急便』に関しては、宮崎駿監督が過去に雑誌のインタビューで発表をしています。

その雑誌とは、1989年に発売された『アニメージュ』の9月号。キキの声優を務めた高山みなみさんのインタビューや試写会の模様と共に、『魔女の宅急便 幻のポスター案』という特集が組まれているのです。

そこで、幻となった『魔女の宅急便』のポスター案をご紹介します!

1.時計塔の上で夜を明かすキキ

image
出典:http://ghibli.jpn.org

ボツとなったポスター案の一つは『時計塔の上で夜を明かすキキ』を描いたものでした。
映画『魔女の宅急便』の中で、立派な魔女になるための修行に出たキキは海の見える街『コリコ』にたどり着きます。

そこで宿探しを始めるのですが、13歳のキキには中々見つけることができません。物語では、その日のうちにパン屋のオソノさんと出会い、使っていない部屋に泊めてもらうことになります。

しかし、当初は宿を見つけることが出来ず時計台の上で一晩過ごす、というエピソードがありました。そのシーンが『都会で1人で過ごす孤独感』を見事に表していたため、ポスター案の一つはこの場面を描いたものでした。
しかし、このシーンを物語に入れてしまうと中々ストーリーが展開しないということで省かれることに。それに伴い、ポスター案もボツになりました。

2.トイレで物思いにふけるキキ

image
出典:http://ghibli.jpn.org

それまで世間では「ジブリ映画のヒロインはトイレにもいかない」=「現実味がない?」と言われており、その批評に対抗しようと宮崎駿監督が考えた案が『トイレで物思いにふけるキキ』でした。

さらに、トイレに浮かない顔で座る女の子の姿は『生理』をイメージさせ、そこから物語のテーマの一つでもある『思春期』を連想させようとしたのではないか、とも言われています。

しかし、トイレに座る少女の姿はあまりにも刺激的で観客に誤解を与える可能性がある、ということでこちらの案もボツになりました。
kiki_3
出典:http://ghibli.jpn.org

image
出典:http://ameblo.jp

こうしていくつかの案が試行錯誤されて、たどり着いたのがこちらの『パン屋で店番をするキキ』。

地上低く飛ぶキキの姿など20枚近くポスター案を書いた後、「やはり思春期を思わせる普通の少女の姿を描きたい」と決めた監督が30秒ほどで書き上げたそうです。

もし他のアイディアが採用されたら・・・と想像してみるのも面白いものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事