褒め:文句=6:4!長続きするための「上手なケンカ」のススメ

恋愛

16-1
出典:http://googirl.jp

せっかく付き合えることになった特別な相手ですから、できれば長続きさせたいと思いますよね?
それには一体何が必要なのでしょうか。

きっと、相手への愛情や思いやる気持ちは大切です。
しかし、普通付き合い始める時には十分な愛情と思いやりがあったはず・・・

それなのに一体どうして別れるカップルが多いのでしょう・・・

ケンカは本当にダメなこと?

141106_couple-always-fighting
出典:http://motejo.jp

仲がいい2人はケンカしないのが基本です。
しかし、世の中には「ケンカするほど仲がいい」という言葉があります。

30代の方々には懐かしいアニメ「トムとジェリー」の歌にも「~~仲良くケンカしな~~」というフレーズが出てきます。

仲がいいから本音を言い合える・・・
そう考えればケンカになることがあると分かりますが、それでもできれば避けたいと誰もが思っているのではないでしょうか。

友人に対してもこう感じるわけですから、それは好きな相手ともなると余計にケンカはできるだけ避けたいと思うのが当然だとも言えます。

しかし、ケンカするカップルが仲良しかというとそんなことはありませんよね?
一体何が正しいのでしょうか。

上手なケンカの仕方を知っていますか?

ケンカは良いことなのか、悪いことなのか、それはとても難しいテーマです。
しかし、簡単に分かることが1つあります。

それは、「ケンカにも良いものと悪いものがあるのではないか」ということです。
では一体「上手なケンカ」とはどのようにすればよいのでしょうか。

これには絶対守らなければならない条件と、できればやっておきたい条件があります。
それぞれ見ていきましょう。

16-5
出典:http://01.gatag.net

(絶対に守らなければならない条件)

①自分の非を認めておく
ケンカにおいてどちらかが100%悪いということはありません。
正確には、そう思いながらケンカしないと相手への気遣いがなくなり、暴走してしまう危険性があるからです。

「私にはこういう非があるが、どうしてもこれだけは伝えたい」この思いでケンカするなら大丈夫です。

②ケンカのポイントをブレさせない
ケンカをしているとヒートアップしてきて、今回のケンカとは関係ない話題まで取り上げてしまうことがあります。

「そういえば昔・・・」
「それに、他にも〇〇だってしたことあるじゃない!」

こんなケンカに発展するとこれは収拾がつかなくなります。
言いたいことは山ほどあるかもしれませんが、ケンカするならその原因をブレさせないようにしましょう。

③手を出さなければ何でも言っていいわけじゃない
ケンカで、特にカップルにおいて手を出して結果が良くなることは絶対にありません。
しかし、口で言うからには平等だと勘違いしている女性がいます。

人格を傷つけるくらいまでとことん言いまくって、最後に一言。
「悔しかったら言い返してみなよ・・・ほら何も言えないじゃない・・・」
これは女性が勝ったわけではありません。

男性の中には、ケンカはしても別れたくないと思っている場合は、思っていることを口にする危険性を感じ、我慢する人がいるのです。

そんなことを感じず、「言いたいことを言えばいい」「私は思ったことを正直に話してる」「平等だ」と妙な正論を振りかざす女性がいます。

これはアウトです。

16-4
出典:http://01.gatag.net

(できればやっておきたい条件)

①最後は必ず謝る
あなたに非があるなら当然謝るべきです。
しかし、あなたに非がなさそうでも、最後に「きついこと言ってごめんね」と謝るのは大人の対応です。

特に日本は頭を下げる文化が根付いているので、ケンカ後のイメージをアップさせることができるでしょう。

②ケンカ内容には二度と触れない
ケンカの決着が「今後の様子を見る」のような特殊な場合は除いて、基本的には終わったケンカ内容は絶対に触れてはいけません。

これをすると、先ほど(絶対に守らなければならない条件)で取り上げた「ブレ」につながります。

③褒め:文句=6:4
これはケンカに限ったものではなく、2人の会話すべてを通しての話です。
ケンカにまで発展せずとも、相手に対して文句やグチを言う機会があるでしょう。

こういう攻撃的な言葉は印象に残りやすいのです。
そのため、本来は「褒め:文句=5:5」が良いバランスなのですが、相手の印象の残りやすさから考えれば、「褒め:文句=6:4」でちょうと良いバランスになると考えられます。

いかがでしょうか。

TVなどで「1回もケンカしたことがない」という年配夫婦を見たことはありますか?
その時「すごいな~」と感じませんでしたか?

仲がいいカップルや夫婦でも「ケンカをしない」というのはそれだけ「すごいこと」なんです。
だからもし、あなたが普通のカップルなら、ケンカして当然なわけです。

ただ、ケンカする前に今回の話を思い出してもらえたら、いつもとは違う「上手なケンカ」ができるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事