絶対ダメ!!妊婦の冷えはママにも赤ちゃんにも危険!

妊娠

Pregnant woman rubbing her belly on the couch against snow
出典:http://itmama.jp

女性は冷え性の方が多いですよね。もともと冷え性の方はもちろんですが、妊娠すると、冷えを感じることが多くなります。

「冷え性なのかなー?」くらいで気にかけない方もいると思いますが、妊娠中の冷えは、ママ自身や赤ちゃん、出産にも影響を与えてしまうのです。

なぜ、妊娠中は体が冷えやすいのか?
冷えるとどんな影響があるのかなどをまとめてみます。

妊娠中に体が冷える原因は?

shutterstock_80458576[1]
出典:http://maternity-march.jp

妊娠しているしていないに関わらず、体の冷えの原因は、血行不良。血液の流れが悪く、全身に血液が廻らないために冷えを感じます。

心臓がポンプのような役割で全身に血液を運んでいるのですが、血行が悪くなると心臓から遠い部分、手や指先からの血液が戻りにくくなってしまいます。

ひどくなると下腹部や腰まで冷えてしまうことも・・・。
妊娠するとお腹が出たり、ホルモンバランスだったり、血行が悪くなってしまう原因がいくつかあります。

・体型の変化
妊娠後期になるとお腹が大きくなり、それを支えるためにお腹を突き出すような姿勢になってしまいます。
その姿勢が、骨盤に負担をかけてしまい、血流を悪くしてしまうため、冷えにつながってしまいます。

そのほかにも、同じ姿勢でいたりすることも冷えにつながるようです。

・体の締め付け
妊娠中でもおしゃれをしたい!というママも増えていますが、きつい下着やきつめの服は、体を締め付けてしまうために血流を妨げてしまいます。

・運動量の低下
妊娠すると運動不足になりがちです。
そのため、筋肉量が減ってしまい、妊娠していないときよりも、発熱や血流が悪く、冷えやすくなってしまいます。

・ホルモンバランスの乱れ
妊娠するとホルモンバランスが乱れやすくなります。
ホルモンバランスが乱れると、自律神経が乱れ、体温調節がうまくできなくなってしまいます。

・疲れやストレス
つわりによるストレスや、倦怠感、睡眠不足などがストレスとなり、自律神経を乱してしまい、血流を悪くしてしまいます。

・環境
夏場はクーラーのついた部屋で過ごす、冬に薄着をするなどという、環境の要因が原因となっていることも考えられます。

妊娠中のママへの影響

shutterstock_71069551[1]
出典:http://itmama.jp

・つわりがひどくなる。
・腰痛や便秘になりやすくなる。
・おなかが張りやすくなる。
・足がむくみやすくなる。
・足がつりやすくなる。

妊娠中はそれでなくてもつわりがあったり、体型変化で、体にトラブルが起きやすいもの。
冷えによって、トラブルが強くなってしまうこともあるようですね。

出産、産後のママへの影響

o0480035910876116267[1]
出典:http://ameblo.jp/ryoji-kodera/

・難産になりやすい。
体が冷えると痛みに敏感になるようです。
そのため、陣痛が弱くなってしまいます。
陣痛が弱いと、子宮口がうまく開いていかずに出産に時間がかかって、難産となってしまいます。
また、体の冷えが陣痛の痛みを増してしまうようです。

・母乳の出が悪くなる。
母乳は血液が変化してできています。
ですから、冷えて血行が悪いと、母乳の出は悪くなります。また、母乳が冷えるので質も悪くなってしまいます。

赤ちゃんへの影響

Fotolia_54830384_Subscription_XXL[1]
出典:http://maternity-march.jp/

・逆子になりやすい。
おなかの中の赤ちゃんの部屋である子宮が冷えることで、
赤ちゃんは温かい場所を探して動き回ります。
そのため、逆子になるリスクが高まります。

・低体重、切迫流産、早産、難産、常位胎盤早期剥離などにつながることも
冷えで血流が悪いと赤ちゃんへ栄養が届きにくくなります。それが、赤ちゃんの成長に影響を与えてしまうことがあります。

場合によっては、流産や早産、常位胎盤早期剥離などを引き起こす原因となってしまうかもしれません。

・出産後、湿疹の出やすい体質になるかも
・神経質で泣くことが多い子になるかも

昔から助産師さんが言っているようです。

妊娠中の冷え対策は!?

c772ba00[1]
出典:http://blog.livedoor.jp/

・服装を見直してみる
妊娠中でもおしゃれはしたいですが、薄着にならないように注意しましょう。足を出すと体が冷えやすくなってしまいます。

夏でも靴下をはく。それ以外に季節も、ストッキングやタイツ、レギンス、長ズボンなどを積極的に身に着けるようにしましょう。腹巻や、毛糸のパンツもおすすめです。

また、体を締め付けるようなきつい下着や服、靴は血流を悪くしてしまいます。できるだけゆったりと締め付けないように心がけましょう。

・軽い運動を取り入れる
軽い運動は血行を促進するだけではなく、ストレスの発散にもつながります。
ウォーキングなどもいいですが、室内でもできるマタニティーヨガなどもおすすめです。

ただ、医師から安静といわれている場合には運動は厳禁!
必ず医師に確認を取りましょう。

・食事を見直してみる
冷たくてすっきりしたものが食べたくなるかもしれませんが、体を温める食事を心がけてみましょう。
味噌、ショウガ、ニンニクなど、体を温めるものを積極的に取り入れたり、温かいものを飲むように心がけてみましょう。

バランスの良い食事は冷えの改善につながるようです。
アイスクリームやジュース、スナック菓子、生野菜、お刺身などは、体を冷やしてしまうので注意が必要です。

・お風呂につかりましょう
お風呂ではなく、シャワーで簡単にすましている方が多いかもしれませんが、できるだけ湯船につかるようにしましょう。

体を芯から温めることで、冷えの解消に効果を発揮してくれます。ぬるめのお湯にゆっくりとつかることがおすすめですが、はいりすぎてのぼせないように注意しましょう。
足湯をするのもおすすめです。

冷えと赤ちゃんのサイン

l_2014-10-15_754a39b47879af3133c89174839a7333[1]
出典:http://m3q.jp/
おなかの中の赤ちゃんの胎動は激しくないですか?
頻繁にしゃっくりをしていませんか?

おなかの中の居心地がいいと、赤ちゃんはゆったりとしていて胎動もゆったりのようですが、体が冷えて、子宮も冷えることで、赤ちゃんは居心地が悪くなり、激しく動き回ったり、しゃっくりを頻繁にすることがあるようです。

もし胎動に変化を感じた場合には、ママの体が冷えているのかもしれませんよ!
ママの体が冷えることで、おなかの中の赤ちゃんにもママ自身にも悪影響があります。

赤ちゃんが少しでも居心地よく健やかにおなかの中で過ごせるように、そして、ママも穏やかな妊娠生活を送るために、体の冷えは早めに解消するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事