お年玉の使い道?貯金させないほうが子どものためになる

ライフスタイル

10016801
出典:http://doc-moba.net

子どもたちにとってお正月最大の楽しみといえばお年玉。「ママがちゃんと貯金しておいてあげるから」と取り上げていませんか?

確かに子どもに持たせるには金額が大きく、無駄になってしまうともったいない、という気持ちはわかります。
しかし年に一度のボーナスであるお年玉は、子どもにとって大きな学びの機会です。

子どもに意思決定させる

106666
出典:http://hapita.org

教育方法は家庭によってさまざまな考え方がありますし、子どもにも性格や個性がありますので、どれが必ず正解ということはいえません。

そのうえでひとつの提案として、「お年玉をどうするのか、子どもに決めさせる」という方法があります。
お年玉は親が子供に持たせるには大きいと思う以上に、子どもにとってめったに手にする機会のない金額です。

その使い道を任されるとなれば、子どもなりに一生懸命悩み、どうするのが自分にとって最良なのか、後悔しないのかを考えるでしょう。

貯金しても良い

img_4c9db41434a8732bbfc4f5cb39a3c715142179
出典:http://ure.pia.co.jp

子どもによっては、もらったお年玉を貯金することに決める子もいると思います。いま手元にあるお金ではまだ足りないようなものが欲しいのかもしれませんし、いまはとくに欲しいものがないのでとりあえず取っておくという判断なのかもしれません。

あくまでも、親が貯金を促すのではなく、子どもが決めたという事実が大切です。

後悔することもある

topimg_original
出典:http://allabout.co.jp

大人でも買い物で「失敗したな」と思う経験はあります。お金を持つ機会が少ない子どもならなおさらでしょう。
もし自分の判断を後悔したとしても、自分の判断のもと、自分自身の責任でした買い物ですから、誰も責められません。

「来年は失敗しないように」と、お金の使い方や、自分にとっての価値観を学んでいきます。

計算することを学ぶ

1355841234668_2_150805114518992_700x
出典:http://girl.sugoren.com

まとまったお金を持ったとき、子どもは何にいくら使うのかを考えます。ものによって値段は違い、それぞれ自分にとっての価値も違います。

それらを天秤にかけ、優先順位を考え、あといくら使っても大丈夫なのかを計算します。
計算を間違うこともあるでしょう。
しかし、計画するという考え方は確実に身につきます。

失敗しても良い

Escala_20141012_3900358_1
出典:http://woman.excite.co.jp

お年玉が一気に手元からなくなったり、その使い方について子どもが後悔したりしたとしても、生活にはなんの支障もありません。親のおかげで寝る場所は確保されていますし、食事にもありつけます。

しかし、大人になるまでお金の使い方を知らなかった場合にはそうはいきません。社会人になってから一気に散財すれば、あたたかい布団も、明日のごはんも、手に入らなくなる可能性があります。

103
出典:http://girlschannel.net

大人になってもお金の使い方が下手な人はいます。
価値観は人それぞれ。そのなかで自分が納得できるお金の使い方をしていく方法は、実際の経験からしか学べません。

子どもがお金と正面から向き合う、年に1回の機会として、お年玉を活用してみませんか?

参考

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事