これもダメ!?意外と知らない妊娠中には控えたほうがよい食べ物

妊娠

Fotolia_81522749_Subscription_Monthly_M-810x541[1]
出典:http://mamasup.me/

妊娠中はおなかの赤ちゃんのためにも、しっかりと栄養のあるものを食べたいですよね。でも、赤ちゃんのためにと思って食べていたものが、実は控えたほうが良いものだった!なんてことも!!

妊娠中には控えたほうがいい食べ物をまとめてみました。

生もの

・生魚・生貝
img_16[1]
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

お寿司やお刺身など、魚や貝を生で食べる機会は多いかもしれませんが、生魚や貝類にはリステリア菌、ノロウイルスなど、多少でも細菌がいます。

通常なら問題がない程度の細菌でも、妊娠中は免疫が低下しているので、食中毒を引き起こしやすくなっています。
食中毒を引き起こすと、高熱や嘔吐、下痢などの症状を引き起こします。

しかし、妊娠中は抗生剤での治療が難しいので、処置をすることができません。ということは、数日間高熱や嘔吐、下痢などにただ耐えなくてはいけないことになってしまいます。

妊婦さんが高熱を出すと羊水の温度が高くなってしまいますし、下痢や嘔吐で体内の水分が減少すれば、羊水も十分に確保できないということも起こりうるのです。

食中毒を引き起こすと、ママだけではなく、赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

・生肉
d0069838_21124755[1]
出典:http://nsakanaya.exblog.jp/

生肉にもトキソプラズマやO-157など、感染すると激しい症状を引き起こす細菌がいます。
お肉はしっかりと加熱して食べるようにしましょう。
加熱していると思っていても、加熱ムラなどでも感染することがあるので、しっかりと火が通っているかどうか確認してから食べるようにしましょう。

生ハムも熱殺菌されていないので控えたほうが安心です。
トキソプラズマに感染してしまうと、胎盤を通じて胎児に感染してしまうこともあります。
胎児が感染すると、流産や死産のリスクが高まるほか、水頭症などを引き起こすリスクも高まります。

・生卵
022854f9dfbfab2ae34fc20ab62c1196[1]
出典:http://macaro-ni.jp/

生卵にはサルモネラ菌が付着している可能性があります。
加熱すれば心配はありませんが、加熱ムラなどがある場合は心配です。卵もしっかりと加熱してから食べるようにしましょう。

サルモネラ菌は卵の殻に存在しているものなので、調理する前に殻をよく洗うのがおすすめです。

・チーズ
71d06_1493_4d0159dd43e8f54debec78d22a54d922[1]
出典:http://news.livedoor.com/

チーズにも加熱処理済みのチーズと、非加熱のチーズがあります。非加熱タイプのナチュラルチーズは、リステリア菌が含まれています。

リステリア菌に感染すると、激しい嘔吐、下痢などの症状を引き起こしてしまいます。チーズを購入する場合にはパッケージの裏を確認し、加熱済みであることを確認するか、加熱してから食べるようにしましょう。

・生野菜、フルーツ
img_152131_2480460_8[1]
出典:http://yaseruyaseru.net/

生野菜、フルーツにトキソプラズマが潜んでいる場合もあります。しっかりと洗ってから食べるようにしましょう。

大型の魚介類・深海魚

img10272467710[1]
出典:http://www.rakuten.co.jp/

大型の魚介類は、食物連鎖の過程により、体内にメチル水銀を蓄積しています。メチル水銀は自然界に存在していて、体の中のとりこまれたとしても体外へと排出されます。

しかし、胎児には水銀を排出する機能がないため、
胎盤を通じて胎児の体へと入ってしまうと体内に蓄積され、神経障害、発達障害を引き起こす危険があるようです。生はもちろんのこと、加熱していても控えておきましょう。

・特に注意したい魚
メバチマグロ・クロマグロ(本マグロ)、金目鯛、メカジキ、サメ、
バイガイ、クジラなど

・注意したい魚
マカジキ・ミナミマグロ(インドマグロ)、キダイ、ユメカサゴなど

 

海藻類

31_1[1]
出典:http://www.tsukudani.co.jp/

昆布やワカメ、ひじき、のりなどの海藻類にはヨウ素(ヨード)が含まれています。ヨウ素を過剰摂取すると、クレチン症という、先天性甲状腺機能低下症を引き起こしてしまうことがあります。

クレチン症になると、赤ちゃんは哺乳力が低下したり、便秘、手足の冷えなどを引き起こし、成長とともに発達障害、知能の低下などを引き起こしてしまうことがあるようです。

特に昆布の場合、含有量が高く、だしにも使用されていることが多いので、知らず知らずのうちに過剰摂取になることもあるため、注意が必要です。

とはいえ、全く摂取しないことでヨード欠乏症となり、流産、胎児の脳機能障害のリスクを高めてしまうといわれています。

ヒジキ

l0019l[1]
出典:http://image.search.yahoo.co.jp/

鉄分が多く含まれ、妊娠中によさそうな食べ物の一つであるヒジキ。しかし、ヒジキにはヨウ素も含まれていますし、微量ですがヒ素が含まれています。

ヒジキを大量に摂取していると、ヒ素が体内に蓄積されてしまい、胎児にも影響が出るため、注意が必要です。

レバー

レバ刺~1[1]
出典:http://matome.naver.jp/
鉄分を多く含むレバー。
妊娠中は不足しがちな成分なので、レバーを積極的に食べたくなってしまいますが、レバーには動物由来のビタミンAが多く含まれています。

この植物由来のビタミンAを過剰摂取すると、水頭症、口唇列・口蓋裂などのリスクが高まってしまうようです。
レバーのほか、うなぎやアユ、ホタルイカにも動物由来のビタミンAが多く含まれているので注意が必要です。

ショウガ

shoga[1]
出典:http://drs-choice.co.jp/

つわりに効果的といわれているショウガ。
しかし、食べ過ぎると赤ちゃんに影響を及ぼし、流産の可能性があるといわれています。
1日1グラム以上を食べ続けないようにしましょう。

iStock_000016834360Large-crop-14001-1024x768[1]

妊娠中には避けたほうがよい食べ物はいろいろあります。
しかし、どれも過剰摂取しなければ大きな問題はないとされています。

ですから、あまり神経質になり過ぎる必要はありません。
神経質になり過ぎて、厳しい食事制限をするとストレスもたまり、それこそ体に悪影響となってしまいます。

まずは、注意すべき食べ物を知ること。
そして、無理をし過ぎないように気をつけていけるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事