あの正月行事たちの由来!知って楽しむ日本の風習♪

エンタメ

2015年ももう少しとなりました。ところで、いつも年明けの時に行うお正月行事はなぜあるのか、また参加するのか考えたことはありますか?

意外と知らないお正月行事の由来について調べてみました。

神様が降臨する初日の出!

2513217764_740fdd6afa_z
出典:https://www.flickr.com

その年の最初に昇って来る太陽を拝み、1年の幸運を祈る初日の出、毎年海には初日の出を見ようと多くの人が押しかけます。

初日の出を見る習慣が生まれた理由は、年神様と呼ばれるお正月の神様が現れると思われていたからです。年神様は、その年の作物が豊に実るよう祈るために高い山から降臨してくれると考えられていました。

富士山などで初日の出を見ることにご利益を感じるのは、実はこの年神様のご来光は高い山の方がありがたいと思われていたためです。

昔は流行っていなかった初詣

4315863282_1a09e9127b_z
出典:https://www.flickr.com

私達は日常の中で宗教を意識していませんが自然と年明けに近くの神社に初詣に行きます。実は江戸時代はまでは初詣よりも初日の出の方がありがたく初詣という習慣はそれほどなかったようです。

当時は、一家の家長が大晦日の夜に神社に向かい寝ないで新年を過ごしていた習慣が現代の初詣になったといわれています。

時代によってお年玉は進化する

800px-Otoshidama93
出典:https://commons.wikimedia.org

子供の最大イベントいえばお年玉。親戚中にお年玉をもらい玩具を買った人も多いのでは?ところでこのお年玉の始まりは室町時代に扇や筆などを送っていた名残が現代に残っているからです。当時から、お年玉は、年少者や自分より地位の低い人に送っていたようです。

お年玉はその時代や役職によって変わりました。例えば武士ならば太刀、町人は扇、医者は丸薬を送ったそうです。

元々はお正月に食べる食べ物ではなかったおせち

2177862861_2862ed678c_z
出典:https://www.flickr.com

最近は、おせち料理をつくるお店やお弁当屋も増えてきました。

じつはおせち料理は正しくは、御節供と呼びます。

おせち料理のはじまりは鎌倉時代などに武家の間で酒や料理などでおもてなしをしたことを「おせち」「おせち振舞」と呼んだところからといわれています。当時は、お正月でなくてもおせちと呼んでいました。

現在のようにお正月におせち料理を食べる風習が広まったのは江戸時代でした。

雑煮のお餅は神棚に飾ったお餅を下して作る

15532318434_3dc14cffc2_z
出典:https://www.flickr.com

地域によってかわる雑煮ですが、基本的には野菜や鶏肉、お餅などを煮込んだ料理です。

雑煮の由来は古く室町時代に儀礼的な酒宴で出された、宴の始まりに頂く前菜のような料理が始まりだといわれています。当時から、雑煮は演技物といわれ、それを一年の始まりに頂いた方がいいと庶民が習慣かし始めたのが現在のお正月に雑煮を食べるという習慣につながりました。

実は、雑煮のお餅は基本的に神棚に添えたお餅を下して使います。

源氏物語にも登場する鏡餅

4228214008_c4ce744293_z
出典:https://www.flickr.com

お正月といえば鏡餅をイメージする人も多いはず。実はこの鏡餅はもともと年神様へのお供え物として神前や床の間に飾るものでした。始まりは、古く平安時代とも呼ばれています。

当時は、歯固めの儀式として使われていたと源氏物語で紹介されています。

お正月にお供えする習慣が広まったのは室町時代。このときに現在の鏡餅が定着しました。

昔は文章・現在は簡素化して葉書の年賀状

Nenga1
出典:https://ja.wikipedia.org

新年になるとポストに入っている年賀状。

実は由来自体ははっきりしてはいませんが、奈良時代から新年の挨拶周りをする習慣があり、平安貴族などが遠方の人に文章で挨拶をしていたのが始まりだったようです。

現在の年賀状のように葉書で送るようになったのは郵便制度が確立して手紙を送りやすくなってからです。

いかがでしたが、お正月の行事は何となく昔からの習慣で行っている人も多いと思いますが、今年は意識して参加してみては如何でしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事