レンタルVS購入どっちがお得?成人式の振袖はなぜ高いのか?

ライフスタイル

2016年、新たな年が始まりました。1月すぐのイベントといえば成人式!この時期になると成人式に参加する女性が綺麗な振袖を身にまとい歩いている人を見かけます。

そんな成人式で着られる振袖について調査してみました。

成人式の振袖の相場

5905021358_359ccd80a7_z
出典:https://www.flickr.com

振袖といえば、好みの振袖を探すのも重要ですが、心配なのがそのお値段。着物=高いというイメージがありますが、まずは、実際の成人式で着ている振袖のレンタルと自分で仕立てた場合の相場を調べてみました。

大手レンタル屋の相場が20万前後

大手のレンタル相場を見てみると大体15万円~20万円。そこに追加オプションを入れて合計20万~25万ほどでレンタルできるようです。安い所でも10万は超えるようです。

振袖を購入金額は全国平均約32~35万円

お着物一式を何から何まで新しいもので揃えた場合、全国平均で約32~35万円ぐらい

出典:http://yamanaka-kimono.com

購入とレンタル1回の値段の違いは10万円。意外と購入額は高くありませんでした。バブル時代は50万ほどだったそうですが、現在は不景気のためか下がっているようです。

卒業式や妹の成人式など2回以上振袖を着る機会がある場合には、購入の方がお手頃かもしれません。

レンタルVs仕立て

レンタルと購入するのとではそれほどが違いがないならば、購入した方が良いと思う人も多いかもしれませんが、実は成人式の振袖の主流はレンタルです。そこで、振袖をレンタルするのと仕立てて購入するメリットを比較してみました。

レンタルした場合のメリット

・クリーニングなどの手入れをしなくていい。
・オプションに着付けが含まれている。
・時間がかかる仕立てと違い急な注文でも対応できる。

仕立てた場合のメリット

・自分に合った振袖を選べる。
※レンタルは平均サイズで作られるものが多いので、高身長低身長の人は選べない。
・2回以上着た場合は、仕立ての方がお得。

どうやら、レンタルの方が面倒に感じる部分をカバーしているようです。値段だけ見ると購入の方が圧倒的にお得ですが、着付けの手配や着用後の手入れなどはレンタルの方が簡単。現代がレンタルの方が主流な理由も納得です。

なぜ成人式では振袖を着るの

そもそも、成人式ではなぜ振袖を着るようになったのかも調査してみました。実は、成人式の主催者はどこも振袖で参加しなければいけないと公表しているところはありません。そのため、一般的な式典に着ていく正装をするればスーツでも大丈夫のようです。

では、なぜみんな振袖を着るのか?どうやら中々着物を着る機会ない人が増えてきた昨今、成人式だけでも着物を着たいというニーズが強まったから。そのため、多くの女性が、振袖を着るようになり、成人式に振袖を着ていくのが一般的なイメージが定着ようです。

でも・やっぱりという人向け低コストで振袖を手に入れる方法

「でも、やっぱりレンタル1回でこの値段は高い!けど使わないから買うのも躊躇する」という人も多いはず!そのために低コストで振袖を手に入れる方法を調査してみました。

①親や祖母の振袖を借りる。

 

②中古を買う。

意外と見落としがちなのが中古品を買う事。現在着物の中古屋さんは多く存在します。特に成人式の時期が近づいてくると振袖特売をしているお店もちらほらあります。相場は大体3~5万円。お手頃価格です。

おばあちゃんは孫の振袖を作ってあげたい

おばあちゃんが孫のために振袖を作りたいケースもあります。これは、実は風習として花嫁道具に着物を入れていたのが関係しています。高価な着物を持たせてあげれば、何か困ったときに売れるからと余裕があるならば孫のために高い振袖を用意してあげたいという孫のために一肌脱ぎたいという想いが詰まっているのです。

いかがでしたか?
意外と購入の方がお得なのには驚きましたが、面倒な作業を一括してくれるレンタルも現代のニーズに合っていてレンタルが主流なのも納得できました。振袖は100万を超えるのではというイメージが解消できてよかったです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事