青い肉まんにピンク色のカレー!迷走するご当地グルメたち・5選

グルメ

14-1出典:http://www.ebigbridge.com

ご当地をアピールする「ゆるキャラ」たちと同じように、ご当地をアピールする「ご当地グルメ」というものがありますね。

特に最近は「B級グルメ」という言葉が市民権を獲得し、B級グルメのイベントとして「B-1グランプリ」という大会も開かれています。

しかし、中には迷走に迷走を重ねているようにしか見えないご当地グルメがあるんです。

迷走するご当地グルメ1:デニムまん/岡山県

14-2出典:http://mikenekotiger.com

14-3出典:http://beautyexchange.jp

こちらは岡山県倉敷市の「倉敷デニムストリート」というお店で売られており、1個350円です。

岡山県倉敷市は日本で初めてジーンズを作ったとして有名で、ジーンズ愛好家には聖地とされるほどです。

そのため、ジーンズ(デニム)に引っかけたものがたくさんあります。
ただ、このデニムまんは色味がどうも食欲をそそりません。

迷走するご当地グルメ2:しまなみソフト/広島県

14-4出典:http://pbs.twimg.com

こちらは広島県と愛媛県をつなぐしまなみ街道の1つ因島というPAで売られており、1個270円です。

爽やかなしまなみをイメージした青色ですが、ソフトクリームは白のイメージが強いので、なかなかインパクトがありますね。

ちなみに、先ほどご紹介した倉敷デニムストリートでもデニムをイメージした青色の「デニムソフト」が売られています。

14-5出典:https://sociopouch.files.wordpress.com

青い部分はそっくりですね。

迷走するご当地グルメ3:華貴婦人のピンク華麗/鳥取県

14-6出典:http://image.rakuten.co.jp

こちらは鳥取県で扱われているカレーで、レトルト商品です。鳥取県産のビーツを使用しているので、こんな鮮やかな色に仕上がったようです。

つまり、天然の色なんですね。
ただ、ちょっとインパクトが強すぎる気がします。

14-7出典:http://j-town.net

迷走するご当地グルメ4:おばけのパーティーを見つめてる/神奈川県

14-8出典:http://mitok.info

こちらは神奈川県川崎市にある「末広庵」という和菓子屋で購入でき、1セット292円です。地域活性化のために、最近流行りを見せているハロウィンにひっかけて考案されたそうです。

北海道の小豆や牛乳が使用されているようで、味には定評があります。ただ、ちょっとリアルすぎませんか?

だからでしょうか、パッケージは中がよく分からないようになっています。

14-9出典:http://mitok.info

迷走するご当地グルメ5:バッタソフト/長野県

14-10出典:https://pbs.twimg.com

長野県はイナゴの佃煮が有名で、1個400円です。
高タンパク低カロリー食材で、体に良いもののようですが、見た目がちょっとグロテスクですね。

ただ、それをソフトクリームに使用するという斬新な発想・・・お見事です。

しかし、ソフトクリームにさすだけとは・・・普通のソフトクリームの部分に対しても腰が引けてしまいます。

いかがでしたか?
狭い日本には様々な食材とメニューがあるんですね。
それでも商品になるものはごくわずか。ボツネタにはとんでもないものもあるんでしょうね。

今回のご当地グルメはれっきとした商品なので、味は保証されているようですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

グルメ」カテゴリの人気記事