キレイな肌を保ち続ける!年齢を感じさせない佐伯チズ式美容法♪

美容

af9940073657w-400x267
出典:http://woman.mynavi.jp

いまさらながら、「アラサー」の本当の意味を知っていますか?

「around 30(アラウンドサーティー)」の略なので、30歳前後の人を指します。

ただ、アラサー女子向けのファッション雑誌によると、「27歳~33歳の人」、もしくは四捨五入して「25歳~34歳の人」をアラサーというそうです。

肌の衰えを実感し始める年齢が20代後半~30代前半。

まさに、アラサー女子にドンピシャ!

そこで、年齢を重ねてもいつまでも綺麗な肌を保ち続けている美容家「佐伯チズさん」の美容法をご紹介します。

IMG_6907
出典:http://n-jinny.com

1.クレンジング

99
出典:http://bijoshi.jp

佐伯チズさんの考え方は、30分かけてメイクをしたのなら、30分かけてクレンジングすることだそうです。

メイクが綺麗に落ちていないと、汚れが肌に残ったまま。

肌トラブルの原因にもなりますね。

メイクを落とす順番もあるんですよ。

まず最初に目元と口元、次に顔全体。

この2段階に分けて行います。

メイクを落とす際に使うコットンや綿棒を水で濡らします。

乾いたままだと、肌の負担が大きく、肌摩擦を起こしてしまうそうです。

水で濡らしたコットンを手で挟み、水気を軽く絞ったあと、5枚に割いて使います。

ここまで、やっている人いないかも!?

内側から外に向かって、優しく行ってくださいね。

洗顔と洗顔後のケアを変えて潤う美肌に!佐伯チズ先生式ケア8の方法!

2.朝の洗顔はぬるま湯のみ

2d5ddd7f288e1f1346c77dc65c12c4e8
出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp

夜きちんとメイクオフやスキンケアをしていれば、朝洗顔料を使って洗顔をしなくてもいいのです。

なぜなら、洗顔料を洗浄力が強いため、肌に必要な水分や油分までも落としてしまうから。

ぬるま湯洗顔に適した温度は、25度~32度。

洗顔回数は20回。

かなり多いですよね。

でも、4、5回では汚れは落ちません。

顔の中心からこめかみにかけて丸く円を描くように洗います。

このとき、小鼻の周りや口の周り、こめかみも忘れずに。

拭くときはタオルでゴシゴシはNG!

柔らかいタオルで優しく押さえるように水気を拭きとりましょう。

3.ウォーターマッサージ

78
出典:http://xbrand.yahoo.co.jp

週1回のスペシャルケア。

潤いのある肌になりたい人は必見です。

画像のようなスポイトに水を入れて、矢印の順番に水を当てます。

重要なのは筋肉の流れに沿って当てること。

そうすることで、水分と油分のバランスが取れ、肌のキメが整うそうです。

気になる人はやってみて♡

4.ローションパック

ローションパック
出典:http://bihakucosme-rank.net

7×16cmくらいの大きさのカット綿を水に濡らして、軽く水気を切ります。

化粧水を500円玉くらい含ませて、3枚に裂き、1枚目は口と鼻部分に穴をあけて、引っ張りながら肌にのせます。

2枚目は目の部分に穴を開けて、下まぶたから額全体を覆うようにし、残りはあごから首に貼ります。

3分間待つと、ぷるっぷるの肌に。

カット綿がない場合は、コットンシートを使えばいいかな。

コットンシートなら、目や口にあらかじめ穴も開いているし。

佐伯チズ式洗顔をすればもう肌は乾かない!

 

5.肌の乾燥や肌荒れに「オロナイン」

sukincare3-e1422858379276-1
出典:http://beautyanswers.jp

「オロナイン」と言えば、切り傷や擦り傷、ひびやあかぎれを治す家庭にある医薬品。

このオロナインが肌の乾燥や肌荒れにおすすめ!だとか。

2、3滴水に溶かしたオロナイン(水溶きオロナイン)をつけているそうです。

どうして、わざわざ水に溶かすのでしょう?

それは、オロナインと水が混ざることで乳液状になり、伸びがよくなるから。

肌が荒れて、何もつけられないときは、ぜひ試してみてくださいね。

d3862c94c02de6dc09b1100dc56a50bc_s
出典:http://radarmagazine.org

いかがでしたか?

年齢を重ねても美しさを保つには、努力が必要です。

何も難しいことはありません。

明日からでも、すぐに始められる美容法ばかりです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

美容」カテゴリの人気記事