恋のトキメキだけじゃない!バレンタインのエピソード7選

ライフスタイル

2月14日はバレンタイン。片思いの男性に告白をしたり、大好きな彼のためにチョコレートを用意したりする楽しいイベントの日です。

しかし実は、バレンタインには恋のトキメキだけじゃない出来事もあるようで・・・。

そこで、みんなのバレンタインに起こったおもしろエピソードをご紹介します!

image出典:http://matome.naver.jp

1.渡すまでがバレンタイン

自分のバレンタイン史上、最高の出来のチョコレートケーキが完成した。会社帰りに彼と会う約束の日、通勤の電車が遅延で超混雑。ラッピングはクシャクシャになるしケーキはひっくり返るしで、最悪だった

出典:バレンタインに起こる悲劇 手作りチョコの失敗エピソード5選【ぐるなびWEBマガジン】

こちらはバレンタインが平日の時に起こり得る悲劇。チョコレートは渡す時のことまで考えて、持ち運びしやすいサイズにしたほうがいいのかもしれません。

2.渡す人を間違えて・・・

義理チョコの中でも、ランクを分けてメッセージカードを添えた。そしたらなんともない人に意味深なメッセージを渡してしまって、誤解を招いた。それ以降その人から熱烈なアプローチを受けることに…

出典:バレンタインに起こる悲劇 手作りチョコの失敗エピソード5選【ぐるなびWEBマガジン】

義理チョコを渡す際には、相手にそうとわかってもらうことが大切。高価すぎるものや手が混みすぎている手作りは避け、渡す時には「いつもお世話になっているので・・・」などの言葉を添えましょう。

3.計算は完璧に!

バレンタインデーの翌日、値下げされたチョコを買い、上司に「準備してたけど、恥ずかしくて昨日は渡せなくて…」と白々しく義理チョコを渡した。するとなんということか、チョコの箱の裏に半額というテープが貼られていて、上司の目に触れることに…。

出典:バレンタインあるある!? チョコにまつわる面白エピソード|シティリビングWeb

2月15日以降はバレンタインチョコレートが安く買えるのが、女子にとって嬉しいことの一つ。自分用に購入する分には問題ありませんが、誰かに贈る場合には値下げになっていたことがわからないように十分注意しましょう。

4.あなた宛じゃないんです・・・

バレンタインに自分用チョコも買って家に帰ったら、お父さんがとてもうれしそうにしていた。これはもらえると思っているな…と思い、しょうがないので自分用チョコをあげたらとっても喜んでました。

出典:バレンタインあるある!? チョコにまつわる面白エピソード|シティリビングWeb

こちらは、ちょっとほっこりしてしまうようなエピソード。日頃の感謝の気持ちを込めて、お父さんの分もあらかじめ用意しておきましょう。

5.ズルは駄目!

仕事を仮病で休んで、友達と某百貨店にチョコレートを買いに行ったら、ちょうど地元のテレビ局がバレンタインデー商戦の取材に来ていて、リポーターに捕まってしまい…夕方のローカルニュースでばっちり放送されてしまいました!

出典:バレンタインあるある!? チョコにまつわる面白エピソード|シティリビングWeb

何かやましいことがある時ほど、普段起こらないような事件が起きてしまうもの。コソコソしないといけないような事態は避けましょう。

6.抜け駆け注意!

職場で事前に今年からは義理チョコ廃止と決まっていたのに、当日ほとんどがチョコを用意していたこと。・・・。やられた!

出典:女子のホンネ「バレンタインアンケート」エピソード編☆:R編集部員:編集部ブログ:中日新聞女性向けサイト:オピ・リーナ(Opi-rina)

女性にとって何かとめんどくさい職場でのバレンタイン問題。義理チョコのためにお金はかけたくないけれど、渡さなかったことで後々不利にもなりたくない・・・。誰まで渡すか、いくら出すかなど様々な取り決めが必要になりそうです。

7.天然か計算か・・・

会社の女の子が男子だけじゃなくて、女子のわたしにもお菓子とかチョコをプレゼントしてくれたときは、女子ってやっぱこういうかわいい子がモテルなぁと思った。

出典:女子のホンネ「バレンタインアンケート」エピソード編☆:R編集部員:編集部ブログ:中日新聞女性向けサイト:オピ・リーナ(Opi-rina)

天然でみんなに分け隔てなくお菓子を配ってくれる女性がいる反面、『バレンタイン付近の合コンでチョコを持参した子がいた。

明らかにポイント稼ぎだったけど、女性陣の分も用意してくれていたため責めるわけにもいかず、まんまと男性陣から評価が上がっていた』という、すべてをわかった上でチョコを用意したと思われる計算高いエピソードもありました。

image出典:http://buzz-plus.com

いかがでしたでしょうか。『愛の告白』『恋人たちのイベント』なんてイメージの陰に、ドロドロした女たちの想いが隠されていることも多いバレンタイン。

今年はどんなエピソードが生み出されるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事