関西女性は「けなして」関東女性は「褒める」!?地域別にみる女性の接し方

恋愛

住んでいる場所や環境が違えば、好みや性格も変わるもの。それは恋愛の傾向においても同じことが言えます。特に、関東に住む女性と関西に住む女性では傾向が真反対だとも言われています。

そこで、恋愛において大切な『口説き方』『デートの楽しませ方』『プレゼントの贈り方』の3つの項目における関東女性と関西女性の傾向の違いをご紹介します!

1.口説く時は関東女性は「褒める」関西女性は「けなす」

1

女性を口説く場合、関東女性へはストレートに接する方法がオススメです。「可愛いね」「おしゃれだね」「気がきくね」等、真っ直ぐに褒められると彼女たちは喜びます。

対して、関西女性は褒められるのがあまり得意ではありません。褒められても素直に「ありがとう」と受け取れず照れ隠しに「なんでやねん!あたしなんてこの間なっ、」と逆に自分の評価を落とすような失敗談を披露してしまうことも。

そんな関西女性にとって「ほんまアホやな」などの言葉は「アホで可愛いなぁ」と同義語です。関西女性を口説くときは優しく愛を持ってけなしましょう。

2.デートは関東女性は「スマートに」関西女性は「おもしろく」

2

デートをする際には、関東女性の場合はいかに女性をスマートにエスコートできるかが重要です。女性ウケするレストランを調べて予約したり、映画の時間を調べて事前にチケットを購入しておいたりと、頼りになる男らしさが求められる傾向があります。

対して、関西女性が男性に求めているのは「おもしろさ」。多少段取りが悪くても問題ありません。順番を待っている間や食事中にいかに面白い話が出来るか、相手を楽しませることができるかが重要なのです。

3.プレゼントは関東女性は「ロマンチックに」関西女性は「実用性」

3

プレゼントを贈る場合、多くの関東女性はアクセサリーやバッグなどロマンチックな物を求めています。また、女友達にさりげなく自慢できるように、金額やブランドも重要です。

対して、関西女性が求めているのは「実用性」です。アクセサリーやバッグなども本当に自分が欲しい物がいいので出来るなら自分で選びたいと思っていますし、もしも自分が今ほしいのが『家電』ならそれを贈ってほしいと思っています。

そこにロマンチックさなどは必要ないのです。

いかがでしたでしょうか。同じような年頃の女性でも、住んでいる場所や育った場所によってまったく傾向が違うものなのです。そうは言ってももちろん個人差もあるので、相手をよく見て臨んでいることを見極めましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事