映画ラブ・アクチュアリーのヒロインになる旅♪

旅行

61XFNZ0TG9L__SS500_
LoveActually_3
出典:http://blog-imgs-63.fc2.com

まだまだ寒い季節が続きますが、そんな時に逆に燃え上がるのが恋愛です♡ 雪がシンシンと降る中、手を握り合ってイルミネーションが輝く街を歩く・・・

そんな映画みたいな恋愛は女性共通の憧れです。ただ日本ではシャイな男性が多く、どうもそこまで発展するのに時間がかかってしまいますし、最近は雪のニュースが全国でも騒がれましたが、普段は雪もなかなか降りませんよね。

だったらせめて、そんな現実からちょっとおさらばして、映画のような数日間を海外で過ごしてみませんか?

では今回特別にイギリスのロンドンが舞台である恋愛映画「ラブ・アクチュアリー」で描かれていた恋愛を実体験できる場所や方法をお教えします!

もしかしたらいつまでも色あせない「ラブ・アクチュアリー」のロケ地に運命の瞬間や出会いが待っているかもしれません。

人生は思い切って踏み出す一歩でステキな事が起こるように仕組まれているのですから♪

グロスヴェノア教会(Grosvenor Chapel)

Grosvenor_Chapel,_South_Audley_Street,_London_W1_-_geograph.org.uk_-_1533665 出典:Grosvenor Chapel

映画「ラブ・アクチュアリー」の序盤でキーラ・ナイトレイが結婚式を挙げたシーンを覚えていますか?

教会の二階部分でゴスペル隊が歌う、あの教会はイギリスのロンドンに実在します。

またサプライズの仕掛人であった神父さんは、役者さんではなく、実は本物の神父さんだったんです!

グロスヴェノア教会はロンドンのウェストミンスター地区にあり、ハイドパークという広大で穏やかな公園の近くにあります。教会自体はとてもシンプルですが歴史が深く、設置されているオルガンは1732年に作られたものです。

こんな教会に訪れたら、本当に運命の人に出会えるかもしれません。もしくはもう運命の方に出会われている方は、教会を訪れてもう一度愛の確認をするというのもロマンチックですね。

映画の中で重要な意味を持つランジェリー

main 出典:Agent Provocateur

映画「ラブ・アクチュアリー」の中で、それまで男性の目に留まらなかった女性が、ランジェリー姿の女性の美しさに心惹かれるシーンがいくつかありました。ランジェリーを女性の魅力を引き出してくれる最強のアイテムであることは明らかですし、それが映画のなかでも重要な意味を持っていました。

例えばコリン・ファース演じるジェイミーが惚れた相手役ルシアが身につけていたランジェリーは、これと言って特徴がある訳ではありませんが、とても落ち着いた色で、ルシアの魅力を引き出す色でした。実は映画の制作陣がこの下着の色を決めるのに1時間近くも話し合ったそうです。またミア役のハイケ・マカチュが会社の上司にもらったネックレスをつける際に身につけていた真っ赤なランジェリーも小悪魔的役柄を大いに表していました。

このようにどのようなランジェリーを身につけるのかは、個性や心情を表す重要なアイテムですし、ヒロイン力をアップさせる特別な存在です。そんなランジェリーに出逢えるかもしれない、ロンドンで人気のショップをご紹介します。

エージェント・プロヴォケイター(Agent Provocateur)

Feature-800x411

出典:Agent Provocateur

エージェント・プロヴォケイター(Agent Provocateur)はロンドンを代表するランジェリーショップです。そのランジェリーは上品なのに挑発的にセクシーでカイリー・ミノーグをモデルに起用したCMも話題を呼びました。

ふくよかな女性がモテるロンドン

martine-mccutcheon-sweater-w352 出典:Glamour.com

イギリス首相を演じていたヒュー・グラントが恋に落ちたナタリーを覚えていらっしゃいますか?ちょっとポチャリしていて笑顔が可愛らしい女性が、映画の中でとても魅力的に写っていました。実はナタリーを演じていたマルティン・マカッチョン、実は細身の女性ですが、監督の意向で身体を太く見せるボディスーツを着ていました!

日本では痩せていることが美しいと捉えられがちですが、海外に行けば、少女みたいな体系だから魅力が感じられない言われることも・・・。そのためイギリスではふくよかボディーを美しくセクシーに魅せる洋服が多数存在します。

ジャガー(Jaeger)

JL-ww-onecoat-wk38_08 出典: Jaeger

ジャガー(Jaeger)というイングランドブランドがナタリーがまとっていたエレガントだけどフェミニンな洋服ラインアップを展開しています。女性の身体の美しいラインは体系が違えども同じ。そのラインを強調するジャガーの服は全女性陣の強い見方です。

またロンドンを代表するオックスフォード通り(Oxford Street)にあるデベンハ(Debenhams)という百貨店にも、女性を美しく彩るサイズ32からの洋服が取り揃えてあります。品揃えも豊富なので是非立ち寄ってみてください!

いかがでしたか?「ラブ・アクチュアリー」の中でも言われていた通り、愛はどこにでも存在します。そんな愛を燃え立たせる「あなた」を演出して、是非旅先で本物のヒロインになってください!

4099872673_833524aa62_o 出典:Nehuén Mingote Kisler

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

旅行」カテゴリの人気記事