夢の王国!ディズニーでの心温まるエピソード5選

エンタメ

アメリカのフロリダにあるディズニーワールドを始めとし、東京ディズニーリゾートを含め世界には数多くのディズニーのテーマパークがあります。

そしてそこには『ディズニー』の世界観や考え方を守るため徹底されたサービスやおもてなしの心を持ったキャストたちが存在します。

そんなディズニーの世界でみんなが体験した心温まるエピソードをご紹介します!

image
出典:http://matome.naver.jp

1.魔法の国へようこそ!

パーク入場の時に「シャラン」という音がなりますが、それは、ティンカーベルの魔法の粉が降りかかり、入場者に魔法がかかった音なんだそうです。入場時は音が鳴るのに、退場の際は音がなりません。これは、魔法が解けないようにというディズニー側の配慮なのです。ステキですね。

『パーク内にいる間だけ魔法にかかっている』という考え方ではなく、『一度パークを訪れたら、その後も魔法が解けないように』という考え方なのです。

2.初めての来園

この前ディズニーランドに行った時、列に並んでて、前の夫婦の奥さんが妊娠してるらしく、お腹が大きかった。アトラクションにのる直前になってスタッフの人が「3名様でよろしいですか?」と聞いて、夫婦は最初「?」って感じだったんだけど、ちょっとして気づいて、笑顔で「3人です!」っていってた。

恐らく夫婦が初めて口にするであろう「家族は3人です」という言葉。お母さんとお父さんの喜びが伝わってくるようなエピソードです。

3.私服のキャスト?

パーク内では雰囲気を壊さないために迷子放送を行っていません。パーク内にはコスチュームを身にまとったキャストだけでなく、私服のセキュリティーキャストがかなりの数配置されていて、迷子が出た場合は、一斉にキャストだけに迷子の特徴などが伝えられ、キャストが迷子を探し出すのです。私服のキャストは、迷子の他、防犯や急病人・怪我人への対応など幅広く活躍しており、パーク内になくてはならない存在です。

普段は存在を隠しているため、多くの人は存在さえ知らない『私服のスタッフ』。こうした人たちの活躍のおかげで、パークを訪れた人たちの安全が守られているのです。

4.パーク内では楽しくね♪

image
出典:http://iro.hateblo.jp

嫁に写真取るタイミング悪いって言われてショボンとしてたら、それまで遠くにいたはずのディールが寄ってきて、俺の肩を叩いて「ちょっと来いよ」みたいな動きしてチップ&ディールセットで家族写真撮らせてくれた。一瞬、険悪になった空気が、一瞬で戻ったよ。

パーク内ではキャストだけでなく、人気のキャラクターたちも優しい思いやりで溢れています。一歩間違えば悲しい思い出になってしまうような出来事も、魔法の国では楽しい思い出に早変わりです。

5.大切な結婚指輪が・・・

ジャングルクルーズをめいっぱい楽しんだあと、自分の結婚指輪がなくなっていることに気づき、それまでの幸せがウソのようにどこかへ消えてしまいました。
アトラクションのキャストさんに紛失の旨を伝えると、その方は現場の責任者らしい方に報告してくれました。でもまったく安心することはできませんでした。
おそらく指輪は川の中に落ちてしまったはずだからです。苦しい気分を抱えたまま、何時間か経ったころ、ひとりのキャストさんから声をかけられました。
「どうしましたか?」暗い気持で振り返ると、そのキャストさんの手の上に私の結婚指輪があったのです。でも、パーク内のどこに落ちているかわからないので、園内を巡回しているすべてのキャストに指輪探しの通達がまわりました。
見つかったのはやはり川の中で、ダイバーの方がボートの通り道に沈む指輪を発見したそうです。

こちらは多くの人の優しさが伝わってくるような感動のエピソード。こんな経緯のある結婚指輪なら、さらに大切な宝物になりそうです。

image
出典:http://girlschannel.net

いかがでしたでしょうか。訪れたらすべての人を笑顔にしてくれるディズニーの世界。楽しい思い出を作りたい時、頑張りすぎて疲れてしまった時・・・そんな時にはキラキラの魔法にかかりに訪れてみましょう!

エピソード出典:まるで魔法みたい!感動&感心するディズニーランドのおもてなし

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事