14年待ちの天使のパン作り続ける元競輪選手 思い込め1日3個

エンタメ

14年待ち「天使のパン」作り続ける元競輪選手 人生に無駄なことない 思いを込めて一日3個

1
出典:http://www.yondoku.com

古都・鎌倉の静かな住宅街に、看板のないパン屋がある。青空が広がった4月下旬のこの日も、小さな家庭用オーブンから外はサクサク、中はふんわりとした食パンが焼き上がり、香ばしい匂いが漂っていた。
6年前、元競輪選手の多以良泉己(たいら・みずき)さん(39)は妻の総子(ふさこ)さん(43)と自宅で、食パンやライ麦パン、クルミパンなどのインターネット販売(http://gateaudange.com/)を始めた。
レース中の事故による後遺症で、一日に作れるのは平均3つだが、生き方に共感して注文する人は尽きない。食べた人から「こんなに勇気の出るパンはない」「生きる力をもらった」と多くの感想が寄せられ、口コミで「天使のパン」として広まった。今は注文から14年待ちになっている。

◆落車事故、後遺症

横浜市で育った。運動神経抜群で、小学3年のときに父親と宇都宮競輪場に行き、プロ選手を夢見た。高校卒業後、6度目の受験で競輪学校に合格。平成12年4月、25歳で念願のプロデビューを果たした。17年3月には聡子さんと結婚した。公私ともに順風だったが、悲劇は時を待たなかった。
その5カ月後、最上級クラスへの昇級がかかったレースで1着でゴールする直前、後続の転倒に巻き込まれて頭から落車した。2日間生死の境をさまよい、意識が戻っても手足が動かせず、言葉も出ない。
1カ月後、何とか歩けるようになったが「これからどうすればいいのか」。不安の中、小さいころから得意だったお菓子作りとともに始めたのが、パン作りだった。生地を手でこねるのが、効果的なリハビリだと医師から聞いていた。
試しに総子さんが企画したイベントなどで売ると、「どこの店よりもおいしい」とあっという間に完売した。「パン一つでこんなに喜んでもらえるなんて。もっと多くの人に食べてほしい」。総子さんに支えられながら作り方や材料の研究を重ね、20年4月、ネット販売を始めた。ただ、体は元に戻らず、同年7月の選手復帰期限に引退した。

◆「子供の記憶に残る」

今も左足にまひが残り、補助器具とつえがないと歩けない。脳の障害で集中力も保てない。感情のコントロールがきかず、物に当たるときもある。後遺症に苦しみながらパン作りを続けられたのは、お客さんへの思いがあったからだ。
難病の父を看(み)る女性、生まれつき障害のある子供を持つ親…。「パンで少しでも幸せになってほしい」。一人一人を思い浮かべ、納得いくまで何度も作り直されて出来上がる一品。食べた人から寄せられるメッセージに「自分よりも過酷な運命に立ち向かう人がいる」と、勇気づけられたことは数え切れない。
パンを心待ちにする人は1万4600人に。「確かに事故で失ったものは大きかったけど、得たものも大きかった。人生に無駄なことなんて一つもない」。一昨年8月には長男、龍聖(りゅうせい)くんが生まれた。「子供の記憶に残る父親になりたい」。新たな夢ができた。(西尾美穂子)

a
出典:http://gateaudange.com/

目の前に森が広がる北鎌倉の山頂から天使のパン・ケーキは日々生まれています。

北鎌倉 天使のパン・ケーキGateau d’ange誕生のきっかけ

高次脳機能障害、脳脊髄液減少症、左脚麻痺を抱えながらのパン・ケーキ作りは 「食べた人にしあわせになって欲しい」 という多以良泉己の強い思いが込められています。

はじめは奥さんのために作ってくれていたパンとケーキ。
その味があまりにおいしいので、友人たちに振る舞っていたという。

「家族にも食べさせてあげたい」「入院中の友人のプレゼントに」
「一切れ分けてもらって食べたら涙があふれて止まらなくて」

1つのパンやケーキから輪が広がっていき、いつしか「天使のパン」 「天使のケーキ」と呼ばれるようになりました。パンやケーキを贈る時には、多以良さんの手紙も添えています。

「まるで天使からの贈り物のよう」
「やさしい味がする。癒されました…。」

パンやケーキを食べて、涙を流す人や辛かった話を打ち明けてくれる人が数多くいてお手紙やメールをもらい、「お礼が言いたくて」と会いに来てくれる人もいるそうです。

一度、 多以良さんの『天使のパン』を食べてみたいです。

homepage

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

クイ〜ズライター

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事