すっぴん美人をつくる!メイク別・正しいクレンジングの選び方

美容

女性にとって、あかるく魅力的な表情をつくるメイク商品と同じぐらい、メイクをオフするときのクレンジング選びは重要な課題ですよね。

口コミを調べて買ってみたものの、自分には合わなかった…と感じたことは一度や二度ではないはず。

正しいクレンジングの選び方を、メイク別にご紹介します。

良いクレンジングとは?

18af9920067838l
出典:http://josei-bigaku.jp

クレンジングは大きく4種類。

1. オイルクレンジング
2. リキッドクレンジング
3. クリームクレンジング
4. ミルククレンジング

それぞれの使用感や配合成分、そして界面活性剤(メイク落とし成分)による洗浄力が違うだけなのです。

一般的に1〜4の順番で洗浄力が強くなっていきますので、しっかりとメイクを落としたい人はオイルクレンジングを選ぶといいでしょう。

でも、そこまで単純ではないんです…。

濃いベースメイクにはオイル or リキッドクレンジング

18971469
出典:http://pic.prepics-cdn.com

まず濃い目のベースメイクをする人は、オイルクレンジングか、リキッドクレンジングを使いましょう。

強い洗浄力によって、メイクをしっかりとオフすることができます。

orbis4
出典:http://www.transco-bgplc.com

一つだけ注意したいことは、この2つのクレンジングは界面活性剤の量が多いため、お肌が敏感な人は肌荒れをする、吹き出物が出てしまうことがありますので、状態を見て使用していきましょう。

薄いベースメイクにはクリーム or ミルククレンジング

13131b581b216a2db31f1888553690079-596x245
出典:http://lier.jp

薄いベースメイクなのに、オイルクレンジングを使っていませんか?

そこまで濃いメイクをしていない場合は、実はクリームクレンジングかミルククレンジングで十分なのです。

オイルに比べると洗浄力は劣りますが、優しくマッサージをしながらゆっくりとメイクをオフすることによって、素肌をいたわることもできます。

use
出典:https://www.phyts-japan.com

一つ注意したいのは、いつもより洗浄力がゆるやかなことに苛立って、ゴシゴシこすってしまうと、お肌を傷つけてしまうことになります。

クリームやミルクを使うときは、ゆっくりと揉み込むようにしてメイクを落としましょう。

アイメイクには拭き取り&オイルクレンジング!

NARS3
出典:http://www.biranger.jp

アイメイクはお肌への密着力が強力で、しかも顔料や色素でガッツリ色がついているため、オフするときはオイルクレンジングを使用しましょう。

一番理想的なのは、拭き取りタイプのクレンジングでアイメイクをオフした後に、仕上げとしてオイルクレンジングを使うことです。

面倒に感じて一気に落とそうとすると、メイクがお肌に残ってしまい、くすみの原因となってしまいます。

2つ以上のクレンジングを使い分ける!

もうお分かりかと思いますが、最も理想的なことは2つのクレンジングを使い分けることです。

女性であればアイメイクとベースメイクを毎日するでしょうから、たった1つのクレンジングで一気に落とすのではなく、それぞれを丁寧に落としていきましょう。

キレイなすっぴん肌を作っていきましょうね♪

iStock_000015189523_Small
出典:http://beauty-matome.net

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

美容」カテゴリの人気記事