メイクにハーフ成人式?今時の子供あるある15選

エンタメ

近頃の子供たちの『あるある』は、身近に子供がいない人にとっては驚くことばかり。

全てがどの子供達にも当てはまるわけではありませんが、ネットなどで話題になっている『今時の子供あるある』をご紹介します!

image
出典:http://matome.naver.jp

1.公園で数人で集まってDS

親に「外で遊びなさい』と言われても、公園で鬼ごっこやサッカーをしたりするわけではなく、地面に座り込んでDSをしている子たちも多いようです。

2.髪形服装がギャル

地域にもよりますが、私服の学校で女の子だと、毎日がファッションショー状態のところもあるんだとか。

中にはメイクや茶髪や巻き髪を当たり前のようにしている子もいたり、エクステOKかどうかを決める保護者会が開かれたりもするそうです。

3.彼氏・彼女がいる

小学生のうちから彼氏・彼女がいる子も決して少なくないようです。

昔は、女の子とは恥ずかしがって話さない男子も多く、逆に仲良くしていると茶化されたりするとこもありましたが、今は多くの場合そんなことないようです。

4.ランドセルの色が豊富

種類豊富なカラフルランドセル
出典:http://silvallll527.blog

昔は『女の子は赤、男の子は黒』というのが定番でしたが今はカラーバリエーションが非常に豊富。

『男の子色、女の子色』という考え方自体減っているようです。

5.大人に怒られた事ない子が多い

今時の子供たちは、親や先生含め大人に怒られた事がない子が多いんだとか。『叱らない子育て』を実践する親がいたり、先生が子供たちを叱るとクレームを学校に入れる親も少ないことが原因のようです。

6.男の子でも、パパー!ママー!

昔は男の子がパパママと呼ぶのは珍しかったようですが、今は男の子でも多い様子。

また、昔は年齢が上がるにつれて『パパ・ママ呼び』から『お父さん・お母さん呼び』に変える傾向がありましたが、今は年齢が上がっても『パパ・ママ呼び』のままである場合も少なくないようです。

7.給食を食べるのが遅くても放課後まで残されない

昔は『給食を食べきるまで帰してもらえない』なんてこともありましたが、今それをしてしまったら間違いなく『体罰』として取り上げられてしまうでしょう。

8.名札は外では隠すか学校に置いておく

連れ去りや詐欺などを防ぐ目的で、名前がわかるものは登下校中は身につけないように指導しているようです。

9.ハーフ成人式する

二十歳の半分である十歳を『ハーフ成人式』と呼び、学校で作文を書くなどの行事を設けたり、家でお祝いしてあげる両親がいるようです。

10.股上短く腰の位置が高い

生活習慣や食べ物の変化などから、昔に比べてスタイルのいい子供たちが増えているようです。

11.給食のメニューが多彩

給食のメニューは昔よりもはるかに多彩になっているんだとか。

子供たちに「ママのご飯より給食の方が好き!」なんて言われてしまわないようにと、プレッシャーがかかりそうです。

12.中性的な名前の男の子が多い

読み方がわからなかったり、聞いたこともないようないわゆる『キラキラネーム』が増えるにつれて、中性的な名前の男の子が多くなっているようです。

13.高学年くらいからSNS開始

小学校5.6年生あたりからFacebookなどのSNSデビューする子が多いようです。

14.授業中トイレに行ってもOK

中には先生に申告しないでそっと抜け出してそっと戻ってもOKという学校もあるんだとか。

昔は厳しい先生だと授業中のトイレは禁止だったり、手をあげて申告しないといけないところなどもあり、恥ずかしくて言い出せない子供もいました。

15.ユーチューバーになりたいと言い出す

YouTubeに動画をアップするユーチューバー。「将来の夢は?」と聞かれた時に「ユーチューバー」と答える子供が増えているそうです。

image
出典:http://photohito.com

いかがでしたでしょうか。時代の流れに合わせて、小学生たちの考え方や学校での過ごし方も変わってきているようです。

パパママはジェネレーションギャップを感じないように、子供たちの話は広い心を持って聞くようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事