最悪離婚!?「産後クライシス」って何?乗り越えられるもの!?

妊娠

気持ちがかみ合わない夫婦
出典:http://lovemo.jp/

「産後クライシス」という言葉を知っていますか?

2012年にNHK「あさイチ」で放映され、だんだんと知られるようになってきました。

記憶に新しいのは、ママタレントであるスザンヌさんが離婚した理由の一つに産後クライシスがあるのでは?と報じられ注目されました。

このことで産後クライシスを知ったという方も多いのではないでしょうか?

名前は知っていても、いまいちどういうことかわからない・・・。

そんな方にも是非知ってもらいたい!

最悪の場合、離婚にも発展してしまうケースもある、「産後クライシス」についてまとめてみました。

産後クライシスってなに?

産後クライシス。よく知らない頃は私も産後うつのようなものって思っていました。

でも、ちょっと違う。

産後クライシスとは、出産後、妻の夫への愛情が急に減少することなのだそうです。

好きな人の子供を産む、幸せでしかない!

そんなイメージがある方も多いと思いますが、それなのに、産後夫への気持ちが覚めていってしまうのはどうしてなのでしょうか?

産後クライシスの原因は?

悩む女性
出典:http://maternity-march.jp/

産後クライシスの原因として考えられることはいくつかあります。

・ホルモンバランスの変化

妊娠から出産にかけて、女性はホルモンバランスに大きな変化があります。

それによって感情の起伏が激しくなったり、心身にトラブルが発生しやすいものなのです。

・ライフスタイルの変化

赤ちゃんが産まれる前と産まれてからは、ライフスタイルがガラッと変化します。

赤ちゃんが産まれてからは赤ちゃんが中心の生活になり、
自分の自由な時間がほとんどなくなります。

それによってストレスもたまりやすくなるのです。

・体調の変化

赤ちゃんが産まれた後は、まだ体調が戻らない中でも休む間もなく24時間、育児や家事にフル稼働。体力的にも精神的にも辛いです。

これらの理由がベースとなり、産後クライシスを引き起こす大きな原因というのが、夫の言動や行動です。

夫が言ったことややったことによって、イライラしたり、傷ついたり・・・。

不満がたまっていくことで夫への愛情が覚めていってしまうのです。

ケース1
子どもが夜中に泣き止まなかったとき、「うるさいから早く泣き止ませてくれない!?」といわれて失望した。

ケース2
仕事から帰ってくると疲れたばかりで何も手伝ってくれない。

休みの日に何かお願いすると、「俺はいつ休んだらいいの?」って。

ママには24時間365日休みはないんですけど!!

ケース3
産後、協力的でなかった主人に対する失望が、5年たった今も消えません。

ケース4
おむつを取り替えてほしいとお願いしたら「無理。」といわれた。

産後でなかったら、もしかしたら笑ってやり過ごせたかもしれないことも、精神的にも肉体的にも追い込まれている時期に言われるとショックも大きいのです。

この時期に受けたショックや失望はなかなか居えずに残っているようです。

離婚率が一番多い時期は!?

夫にイライラする女性
出典:http://192abc.com/25542

赤ちゃんが産まれることは幸せの始まりと考える人は多いでしょう。

もちろん幸せもたくさんあります。

でも、それだけではなく、「夫婦間の正念場の始まり」とも言われています。

実際に、離婚しシングルマザーになった方の3割が0歳から2歳期に離婚しているというのです。

赤ちゃんもかわいくて、一番幸せそうな時期である、0歳から2歳期の間に、離婚する夫婦が一番多いなんて驚きですよね!

この原因も、産後クライシスが大きく関係していると思います。

夫の言動や態度に失望し、修復ができなくなってしまって最悪の場合、離婚に至ってしまうこともあるのだそうです。

その逆で妻の愛情が覚めていることが原因で、夫が浮気をしてしまい、離婚に至るケースも少なくないようです。

確かに、家に帰っても妻はイライラしてばかりでは、家に帰りたくなくなってしまいますね。

男性側の気持ちもわかるのですが、産後クライシスは誰にでも起こりうることだということを理解しておきたいですね。

産後クライシス、ネット上の反応は?

出産された多くの方が程度の違いはありながらも、産後クライシスを経験しているようです。

産後クライシスを乗り越えるために!

子どものいる幸せな家族
出典:http://wooris.jp/

・自分の気持ちを言葉に出して伝えよう。

男性は言わないとわからないなんていいますよね。
手伝ってほしいことがあれば、気づいてくれるのを待つのではなく、「お願いしたいことがあるんだけど。」って言葉で伝えましょう。

イラッとすることがあったときにも、頭ごなしに怒ったり、無視したりするのではなく、
「こういうところが嫌だって思った。」と言葉で伝えるといいようです。

・周りの夫と比べてはいけない。

周りの夫は自分の旦那と比べて、家事もやってくれるし、育児にも協力的・・・。

大体はそう見えるものです。

でも実際はみんないろいろな悩みを抱えています。

「隣の芝生は青い」ってやつです。

周りの夫と比べるのではなく、自分の夫のいいところを見つけるようにしましょう。

・短くてもいいから一人の時間を作る。

赤ちゃんが寝ていてもママは心が休まることがあまりありません。

短くてもいいので、たまに1人になれる時間を作りましょう。

コンビニでちょっと一人で立ち読み。それだけでも気持ちがすっと軽くなります。

・頼れる人には甘えよう。

周りの人に頼るなんて母親失格!と思っていませんか?

子育ては、ママだけの仕事ではありません。

みんなでするものです。

夫はもちろん、ご両親や友人、ご近所さん。

協力してくれる方には甘えちゃいましょう。

周りに協力してくれる人がなかなかいないという場合には、行政の育児サービスなども利用するといいですよ。

・夫がやってくれたら完璧の6割でOKとする!

夫が家事や育児を手伝ってくれるのはいいけど、
全然だめで余計にイライラする!なんてことありませんか?

でも、「全然できてないじゃない!!」なんて言ってたら、夫は協力してくれなくなってしまいます。

やってくれることは100点満点中60点とれていれば合格と考えましょう。

毎日育児や家事をこなしているママと同じようにはいきません。

手伝ってくれていることに対して、まずは感謝できるといいですね。

・感謝の気持ちを伝えよう。

「ありがとう。」って言われると嬉しいですよね。
ちょっとしたことでいいんです。

何か物を取ってもらったとき、少しの時間子供の面倒を見てくれたとき、「ありがとう」と伝えてみましょう。

言われたほうはもちろん、言ったほうもなんだか温かい気持ちになりますよ。

・ねぎらいの言葉をかけよう。

「いつもお疲れさま。」って、夫に言っていますか?

言って欲しいことはまずは自分から言ってみましょう。

疲れている毎日。そんなの無理って感じる方もいるかと思いますが、ちょっとしたきっかけって大事だと思うんです。

ちょっとした一言で相手の気持ちがわかることってあると思います。

誰にでも起こりうる産後クライシス。

私自身も今現在1歳の娘がおり、この記事を書くにあたって産後クライシスのことを調べていくうちに、「私のことだ・・・。」と感じました。

なんだか夫が言う言葉や行動にイラッとすることが多くて、一緒にいても疲れるな・・・なんて感じたりしていました。

どうしてそんなこと思うんだろう・・・。

疲れてるからなのかな?ってイライラしている自分にイライラしたりして。

そうか!今産後クライシスなんだ。と思ったら、少し気持ちが楽になったところもあり、知ったことで少しでも解消できるようにできることを始めたいと思えるようになりました。

妊娠しているときや妊娠前からこの産後クライシスのことを知っていたら、夫婦で産後のことについていろいろと話ができるのかもしれません。

そして、産後はお互いに思いやりを持って過ごすことができるかもしれませんね。

男性にとっても大きなプレッシャーとなるであろう産後クライシス。

どちらかが頑張ることではなく、お互いに理解することが大事なのかなと思います。

産後は大変なこともたくさんあります。

でも、やっぱり家族で過ごす時間って幸せだなって感じることもたくさんあります。

産後クライシスのことを少しでも知る方が増え、家族で幸せな時間を少しでも多く過ごせる方が増えたらいいなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事