61%の妻が「夫と離婚したい!」妻が結婚を後悔した5つの瞬間

恋愛

なぜあんなにラブラブで結婚したのにも関わらず、こうも多くの夫婦が離婚してしまうのか・・・と疑問に思ったことはありませんか?

あるテレビ番組の調査では、なんと61%の妻が「夫と離婚したい」と思ったことがあるんだとか。

201706-11
浮気やDV、ギャンブルや借金など何か『大きな問題』があるわけではないけれど、それでも妻たちの頭を離婚の2文字がかすめてしまうことは少なくありません。

結婚してから次々と発覚する許せない夫の言動。そんな夫の姿を目の当たりにして、妻が結婚を後悔した瞬間をご紹介します!

1.妻のやることをすべて否定する

「料理の味付けが好みじゃない」「洗濯物のたたみ方が違う」「掃除が行き届いていない」「その話は間違ってる」などなど、妻のやることや言うことをすべて否定する夫。

明らかに妻が間違っているならまだしくも、そうでない場合にはウンザリしてしまいそうです。

2.自分が間違っていても謝らない

「ありがとう」や「ごめんね」を夫が言わない、という不満は決して少なくありません。

特に自分が間違っていても絶対に認めず、こちらが指摘すると逆ギレをされる、ということが何度もあるともう嫌になってしまいそうです。

3.変なタイミングで筋トレを始める

一緒に外出をするという直前や、人がのんびりテレビを見ている時にかぎって急に筋トレを始める夫。

何かに影響されたのか、急に自分の体型や体力が気になったのか知りませんが、時と場合を考えてほしいものです。

4.『清潔』の概念が違う

一緒に生活をしている上で喧嘩の種となるのが『清潔』の概念の違い。

お風呂にも入らず寝てしまったり、脱いだ服を散らかす『汚すぎる夫』や、逆に少しの汚れも許さず、厳しいルールがある『潔癖夫』。

どちらも度を越すとイライラしてしまいます。

5.変なこだわりがある

「タオルはすべて同じ色のもの」「下着や靴下の数は偶数」「○曜日には○○をする」など独自のルールや変なこだわりがある夫。

自分の中だけならまだいいのですが、妻にも関係がある場合には嫌になってしまいそうです。

image
出典:http://fortune-girl.com

いかがでしたでしょうか。

夫婦と言えども元は他人。

育ってきた環境も違えば、価値観や考え方も違います。

そんな2人が一緒にすむのですから納得がいかないことがあるのも当たり前。

しかし、せっかく縁があって夫婦になった2人です。

腹が立つこともありますが、できることならお互いに譲り合って仲良く暮らしていきたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事