女子高生が泣きながら骨を砕く「世界一美しく悲しい花」に涙。

動物

カラフルなお花たち
出典:http://blogimg.goo.ne.jp

一節によれば地球上にある花は全部で約26万種もあるそうです。
どの花が好きかなんて、そんなことは人の好みで決めることはできませんが、私は「世界一美しくて悲しい花」を知っています。

世の中に「絶対」はありませんが、これだけは「絶対」だと断言できます。
今回はそんな「世界一美しく悲しい花」のお話です。

「世界一美しく悲しい花」を作るのは女子高生たち

「世界一美しく悲しい花」を作る女子高生たち
出典:https://ssl-stat.amebame.com

こちらは青森県立三本木農業高等学校の女子高生たちです。

彼女たちが育てている、手に持っている花が今回ご紹介する「世界一美しく悲しい花」です。

彼女たちが取り組んでいるのは「いのちの花プロジェクト」

2012年にスタートしたこのプロジェクトのことを知っていますか?

「いのちの花プロジェクト」

「いのちの花プロジェクト」
出典:http://pic.prepics-cdn.com

「命の花プロジェクト」は、「青森県の動物の殺処分ゼロ社会の実現」のために、平成24年度から青森県立三本木農業高等学校動物科学科愛玩動物研究室がはじめた活動です。

出典:http://www.sanbongi-ah.asn.ed.jp

これが「いのちの花プロジェクト」です。

青森県で殺処分されるイヌやネコは年間2000頭を超えると言われています。

三本木農業高校の女子高生たちは、青森県動物愛護センターに行き、殺処分の現状を知って何かしたいと立ち上がったものです。

「人間の骨は大切に埋葬されるのに、どうしてイネやネコの骨はゴミとして処分されるの?」

命の尊さを自ら考え、それを周りに伝えていくこと、それが彼女たちが出した1つの形でした。

あまりに悲しい事実に自分たちが出来る事は何かと考えた生徒が発案した。
骨に土を混ぜ花を咲かせ多くの人に届けようと。
ゴミではなくもう一度生まれ変わり今度こそは愛されてほしいと。

出典:http://d.hatena.ne.jp

彼女たちは泣きながら骨を砕く

泣きながら骨を砕く
出典:http://christelfoundation.org

袋から出しているのがセンターから譲り受けた動物の骨です。

動物の骨
出典:http://christelfoundation.org

こうやって彼女たちは泣きながら動物の骨を触って、砕いて肥料として花を育てるのに使っているのです。

ひとつひとつの骨を大切に、美しい花へと生まれ変わるようにと願いながら砕いていくのです。
中にはこんなものだって出てきます。


出典:http://christelfoundation.org

首輪などの金具、焼けこびり付いた動物の毛、そういったものを丁寧により分けます。

とても静かに、とても悲しい音を立てて作業は進みます。

動物たちの骨が美しく生まれ変わる

動物たちの骨が美しく生まれ変わる
出典:http://image.space.rakuten.co.jp

動物たちの骨が美しく生まれ変わる
出典:http://image.space.rakuten.co.jp

こうやって動物たちの骨は土と混じり合って、美しい花へと生まれ変わるのです。

命の花
出典:http://lokahi-plus.com

命の花
出典:http://i.huffpost.com

これが「世界一美しく悲しい花」です。

彼女たちが目指すもの

命の花
出典:http://images.huffingtonpost.com

「きっと殺処分をなくしてあげる」
彼女たちが目指すものは命を大切にする社会、動物と最後まで生き物として向き合っていく社会なのです。

こうして世間の注目を浴びた彼女たちの元には「その花はどこで買えるのか」という問い合わせが多く寄せられているそうです。

これを読んでいるあなたも同じ思いでは?

ただ、残念ながらこの花を広めることが彼女たちの目的ではないので、彼女たちはこのように返しています。

「命の花」に関して、譲っていただきたい、欲しい、どこで売っているのですかなどの問合せが多数あります。命の花プロジェクトは私たちの活動にご理解いただき、鉢上げなど一緒に活動した人にお分けしております。販売や譲渡は目的ではありませんので、ご理解のほどよろしくお願いします。

出典:http://www.sanbongi-ah.asn.ed.jp

世界約26万種あると言われる花の中でも、これは間違いなく「世界一美しく悲しい花」だと言えるでしょう。

私たちは彼女たちから何を学べるでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

動物」カテゴリの人気記事