毎日が楽しい人には心に『ゆとり』がある『ゆとり』つくりかた

エンタメ

心に『ゆとり』のある人は、とても魅力的に見えるます。同じように忙しい環境でも、慌ててしまう人と、落ち着いていられる人がいます。実はその差は、ほんの少しの心がけの違いだけなんです。少しだけ意識を変えると、心のゆとりは誰でも作ることができます。
リラックス
「心にゆとりを」とよく言われますが、忙しいとなかなかうまくいきません。でも自分より忙しいのに、落ち着いている人だっていますよね。どうしてそんな違いが生まれてしまうのでしょうか?

心にゆとりを持ちたいけれど・・・

ゆとりがないのは自信のなさの表れ?
自信がないと焦りや不安が生じます。それがミスの原因になって、どんどんゆとりがなくなるという悪循環になります。
さらに目の前のことで精一杯になると、他人の話が聞けなくなり、頭の中は自分のことばかり。せっかく一生懸命やっているのに、周りからの評価も下がってしまいます。

頑張り屋さんの自分を認めてあげて

それは頑張っている証拠。ただ、その頑張り方が不器用なだけです。まずは自分を認めて、落ち着きを取り戻すことが大切です。

心に余裕のある人ってどんな人?

やりたいこと・やるべきことが明確
今必要なことが明確であれば、あとはやるだけ。周りが悩んでいる間に、どんどん物事を進められるので、時間の使い方がとても上手。

他人と比較しない

自信がないと、つい他人と比較して落ち込んだり自分の持っていない部分を羨ましく思ってしまいます。余裕のある人が比較するのは自分自身。過去の自分と比べて、どのくらい成長したかを知り、自分を分析することで、さらなる成長へとつなげます。

物事を肯定的に受け入れる

自信がある人でも、ミスや間違いはあります。でもその時に落ち込むのではなく、原因を探して改善するという方法を取るので同じ失敗を繰り返すことがありません。

小細工をしない

失敗を素直に受け入れられる人は、自分を取り繕う必要がなくなります。下手な小細工をせず、正々堂々とした振る舞いが、誠実な人柄を印象づけます。

人に優しい

自分を肯定している人は、人や物事に対して寛容です。もし他人が失敗をしたり、自分と意見が食い違ったとしても、広い心で受け入れることができるので、周りからも好かれます。

心に余裕を持つために実践したい7つのこと

1.深呼吸で心をほぐす
焦ったりイライラしている時は、いったん深呼吸してリラックス。深い呼吸を何度か繰り返すと体全体に酸素が行き渡り、緊張していた心がほぐれます。

2.体の声に耳を傾ける
人間は体が資本。健康でないと、心に余裕を持つことはできません。睡眠や食欲の低下、肩コリなど、小さな不調を見逃さず、疲れているなと感じた時は、きちんと自分を労わってあげましょう。

3.自分を大切にする
慌てていると、つい自分のことが後回しになりがち。たまには、マッサージやエステに行ったり、好きなことを思いっきりするひとりの時間を作って、頑張る自分にご褒美を♪

4.丁寧な暮らしを心がける
食事をイチから作る、庭の手入れをする、バス停ひとつ分だけ歩いて通勤する。普段当たり前にやっていることに少し時間をかけてみると、自然に気持ちがゆったりと落ち着いてきます。

5.自分の価値観を押し付けない
人の価値観を受け入れることは、自分の視野を広げるきっかけになります。頭ごなしに否定せず、一度ゆっくり聞いてみて。人との違いを「おもしろい」と感じる心が大切です。

6.時には断る勇気も必要
深い理由はなくても「なんとなく嫌だな」と思うことってありますよね。それは深層心理が拒否しているサインです。付き合いの良さは大切ですが、自分の気持ちに寄り添って断る勇気も必要です。

7.人のために時間を使う
自分以外のことに時間を使うと、自分の忙しさが薄れるという研究結果があります。1日のうち5分でもいいので、人のお手伝いをしてみてください。

いかがでしたか?

心にゆとりがない時ほど、無理は禁物です。ありのままの自分を受け入れ、心に余裕が生まれれば、キラキラと充実した日々が過ごせるはず!素敵な大人の女性を目指して、是非できるところから実践してみてください!

クイ〜ズおすすめ商品

聞くだけで自律神経が整うCDブック
聞くだけで自律神経が整う
詳細はこちら

アロマディフューザー 超音波式 加湿器アロマポット ライト 多色変換LED付き
アロマ
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

クイ〜ズライター

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事