世界初!?廃棄処分食品のスーパーマーケットがオープン

エンタメ

「WeFood」というスーパーマーケット
出典:https://www.facebook.com

世界初の行列ができるスーパーマーケット「WeFood」がオープン

品物を選ぶ人
出典:https://www.facebook.com/

今世界中で注目を集めているスーパーマーケットがあります。2月22日にオープンした「WeFood」というスーパーマーケットです。
営業前から行列を作り、大人気。営業時間は、月曜日から金曜日15時~20時です。外からみると一見普通のスーパーに見えますが、実はこのスーパー世界で一つしかない特殊なスーパーマーケットなのです。

販売されている商品は売れない形の悪い食べ物や賞味期限切れの商品

形の悪い食べ物や賞味期限切れの商品
出典:https://www.facebook.com

なんと、「WeFood」で販売されている食品は、一般的に形が悪かったり、ラベルなどが失敗してしまって、販売できない商品や、賞味期限が切れて、消費期限が近づいている食品などの廃棄処分食品を販売してるのです。その価格は一般価格も安く設定されていて、大体30〜50%引きに設定されています。

また間違える人が多いのが賞味期限と消費期限。賞味期限とは「おいしく食べられる期限」であって、それを過ぎたものを売っても違法ではないそうです。

廃棄処分食品問題は世界的にも注目を集めている。

フランスでは法律によって、店舗の面積が400平方メートルを超えるスーパーマーケットは賞味期限切れなどで販売できなくなった食品を処分することができない法令をだしたり、日本でも以前から大量生産された食品を経済バランスを保つために、わざと捨てるなど廃棄処分食品が問題に挙げられてきました。

そんな中、今回デンマークの「WeFood」が取り組んだ活動は、今後の廃棄処分食品の対応案としても世界中から注目を集めています。

運営しているのは非営利団体×キリスト教系慈善団体!?

非営利団体×キリスト教系慈善団体
出典:https://www.facebook.com

世界初といえるこのスーパーは、デンマークでホームレスを支援する非営利団体「Fødevarebanken」と、キリスト教系の慈善団体「DanChurdAid」によるジョイントベンチャーです。
まさかのホームレス支援の非営利団体とキリスト教系の慈善団体コラボというのが驚きです。

日本では、なかなか非営利団体や慈善団体ではベンチャー的活動をすることが難しいので、少しうらやましいですね。

デンマークの環境食糧大臣も応援してる

実は、22日のオープニングセレモニーにデンマークの環境食糧大臣も出席。環境食糧大臣は、「デンマークでは毎年70万トンもの食品が無駄に廃棄されている。こうしたばかげたことに歯止めをかけるWeFoodに賛同している」と応援をしています。

実は、デンマークでの食品廃棄物は年間716942トンに達し、ほとんどの食品は、家庭で浪費されるだけでなく、農家は、産業界や店舗は、彼らが必要とするよりも、より多くの食料を捨てているそうです。

WeFoodは、今後、デンマーク国内に広く店舗展開していく予定だ。

そんなWeFoodは今後も新店舗を展開していく予定だそうです。将来的には200店舗ほどのにしたいとのこと。今後も見逃せません!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事