正しい乳がんの知識を知ってください。あなたとあなたの大切な人の為に。ピンクリボンフェスティバル

ライフスタイル

乳がん啓発運動のシンボルマークのピンクリボン。
ピンク色のリボンは、世界共通のシンボルマークです。
正しい乳がんの知識を知ってもらう事、乳がん検診の早期受診の推進活動などを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーンです。

gettyimages_152886944

出典 http://www.gettyimages.co.jp

乳がんを発症する割合は日本人女性では、約12人に1人と言われているんです。毎年4万人以上の女性が乳がんと診断され、1万人以上の方が命を落とされています。発症年齢は、20代からしばしば見られ始め、ピークとなっているのは40代なんだそうです。

gettyimages_200538099-001

出典 http://www.gettyimages.co.jp

また女性の壮年層におけるがん死亡原因は、胃がんを抜き一位、年間で1万人方が亡くなっています。しかし、乳がんは早期発見、早期治療をする事で、治癒率が95%になるんです。
大切な人のためにそしてあなた自身のために検診を!

uploaded

出典 http://www.an-ju.net

現在、仕事や育児などで多忙で平日は検診が難しいという女性の為、日曜日にマンモグラフィー検査ができる様な取り組みが全国的に進められているそうです。今年は10月18日に実施されます。下のリンクから、希望の地域で検診可能な病院を見つける事ができるので、平日に時間が取れずにいた方も、ぜひ、この機会に検診を受けてみてください。

http://jms-pinkribbon.com

ピンクリボンフェスティバルも来週には行なわれます。

uploaded-1

出典 http://www.pinkribbonfestival.jp

ピンクリボンフェスティバル

cached

出典:http://www.pinkribbonfestival.jp

ピンクリボンフェスティバル
この活動を広く知ってもらう為のフェスティバルが、10月1日より始まります。フェスティバル期間中は、各開催地でピンクリボンバナーが掲げられ、ピンクリボンスマイルウオークやシンポジウムなども行われ、各地のシンボルタワーがピンク色にライトアップされます。

uploaded-2

出典 https://ja.wikipedia.org

都内で、10月1日より、東京都庁・レインボーブリッジ、六本木ヒルズ、日本看護協会、タワーホール船橋などがピンク色に染まる予定てす。
その他にピンクリボン運動の一環として、ピンクのライトアップを実施する地域もあります。

uploaded-3

出典 http://fanblogs.jp

京都市役所・京都タワー他〜10月1日(木曜日)~4日(日)

uploaded-4
出典 http://www.metro.tokyo.jp

味の素スタジアム〜10月1日(木)〜10月8日(木)

uploaded-5
出典 https://www.facebook.com

姫路城〜10月1日(木)

uploaded-6

出典 http://pinkribbonkinan.ikora.tv
熊野本宮大社 大鳥居〜10月11日(日)

美しくライトアップされたランドマークを見て、検診へ行くという1歩を踏み出してもらえたらと思います。
乳がんは唯一自己検診によって発見できるがんなのです


出典 https://www.youtube.com

大切なのは定期的な検診や、セルフチェックをつづける事です。日常的に意識して、いつもと違う乳房の変化に気づくことができます。月に1回程度(生理が終わった後4~5日がベスト・閉経後の場合は同じ日を決めて)行うと良いでしょう。

gettyimages_463014085

出典 http://www.gettyimages.co.jp

発見の例としてしこりを感じるというのが有名ですが、例えば生理前の張りとは違う気がする張りや痛みがある場合は注意が必要です。乳がんには痛みがないと思われる方もいますが、片側の乳房の一部分だけが痛む、長期間にわたって痛みが続くなどの痛みが出るという症例もたくさんあるそうです。

乳頭からの出血や不自然な分泌物があった場合には、自己判断せずにすぐに乳腺専門の医院へ行って下さい。また、乳房の表面がみかんの皮のようになったり、赤く爛れた時は、乳がんの恐れがあります。炎症だと思って見逃さず、すぐに専門家を訪れ判断を仰ぐ事が大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事