「何で家事できないの?」妊娠中、旦那に言われてイラッとした言葉

妊娠

男性にパンチする女性
出典:http://wadainoare.com

何気ない旦那様の一言が、妊娠中の女性を傷つけているかも!!
ママはパパの言葉をストレスに感じて、愛情が薄れていってしまうかも・・・。
男性側は悪気がなくても、言っちゃいけないことがあるんです!

「つわりってそんなにきついの?大げさじゃなくて?」

つわりが辛い妊婦
出典:http://googirl.jp/

類似語「友達の嫁はそんなに酷くなかったらしいよ。」

体験したことのない人からしたら、ホントにそんなに辛いのって思うかもしれませんが、辛い人はホントに辛いです!!
起き上がることも辛かったり、食べ物どころか水分も受け付けなかったり、
酷くなると入院することもあるんですよ!!
いつ終わるかわからない辛い毎日を過ごしているのに、大げさとか言われると、本当にイラッとします!

そして、類似語の他の人と比べるやつ!!
これもアウトです!!
つわりは人それぞれ重さが違って、酷い人もいるし、全くないという人もいます。
つわりが辛い人に、辛くない人と比べるのは絶対ダメ!!
基本、女性は周りと比べられるのが嫌いですから。

これ、旦那に言われたんです。
つわりで気持ち悪くて寝ている横で、
「俺の友達(女)、全然つわりないんだって。さすがだよねー。」
…。さすがだよねってなに??
本当にイラッとしました!!

「ゆっくり出来ていいね。」

横になる妊婦
出典:http://maternity-march.jp/

類似語「仕事休めていいね。」

えーっと。
ゆっくりしているように見えますか??
寝ているのはゆっくりになるんでしょうかね。

つわりがひどいと起き上がることも出来なかったり、眠りづわりと言って、とにかく眠くてどうしようもなかったりします。
おなかが張ると横になって休んだほうがいいですし、おなかが大きくなってくると腰が痛かったり、足の付け根が痛くなったり、トラブルがいろいろあるんです!

おなかの中で赤ちゃんを育てているんですから、いつも通りにはいかないですし、無理をしたらトラブルのもとになっちゃいます!!

仕事に行きたくても行けない状況だったりして、ストレスがたまってることもあるのに、そんなこと言われたら確実にイラッとしますよ!!

「家にいるのに何で家事出来ないの?」

文句を言い合う夫婦
出典:http://girlschannel.net/

類似語「ホントに具合い悪いの??」

妊娠初期の頃はつわりでなかなか家事が出来ないことも。
家にいるのに、家の事が出来ないって、女性にとってはストレスになる事もあるんです。
でも、出来ないんです。

つわりの他にも、切迫流産や切迫早産と言われたら、やっていい事も制限されてしまいます。
後期はおなかが張りやすかったり、痛みがあったり、動機がしたり、思うように動けない事も。

妊娠は病気じゃないって言うけど、初期から後期まで、自分の体の変化との戦いです。

サボってるわけじゃないの!!
たまに疲れてサボることもあるけど、
妊娠してからの体の変化は辛いんです!
全部今まで通り完璧にはできません!

「寝すぎじゃない?」

女性に文句を言う男性
出典:http://partyinvitationsideas.com/

類似語「だらけすぎでしょ。」

だって、眠いんだもの!!!!
妊娠初期の眠さはつわりの一種と言われていて、とにかく眠いんです!
私も本当に大げさじゃなく、ご飯、トイレ、お風呂以外は1日中眠い時期もありました。

この眠さは、おなかの赤ちゃんからの「ゆっくり休んで。」のサインだったり、
赤ちゃんが産まれたらゆっくり寝られないから、その分だなんて言われたりします。
とにかくしょうがないことなんです!

妊娠後期になったら、嘘のように寝られなくなるので、そうしたら逆に夫に「私は寝れないのに寝すぎ!」って言ってやったらどうでしょう??(笑)

「子どもが産まれる前にガンガン飲みに行っとこうー!」

飲みまくる男性
出典:http://next.spotlight-media.jp/

類似語「まだ生まれてないんだから遊びに行ってきてもいいよね?」

旦那が言ってたなー。
ここぞとばかりに飲みに行ってたなー。
そして、赤ちゃんが産まれても飲みに行ってるなー(笑)
だいたいそういうもんです。

赤ちゃんが産まれてなくても、おなかに赤ちゃんがいる妊婦は精神的にもデリケートなんです。
ちょっとしたことで悩んだり落ち込んだり、不安になったり…。
そんな時に、置いて行かないでください!

特に、臨月近くなると、いつ何があるのかわからないので、なるべく家にいてくれた方が安心なんです。

赤ちゃんが産まれると、夫婦二人だけの時間はなかなか過ごせなくなります。
残り少ない貴重な時間を大切にしましょう。

「なんでもいいよ。」

女性の話を聞かない男性
出典:http://夫婦の不倫や離婚.com/

類似語「あ、聞いてなかった。」

初めての妊娠、初めての出産は特に不安だらけ。
一番身近な旦那様にいろいろ相談したり、話を聞いてほしいもの。

「ベビーベッドは買った方がいいかな?レンタルのほうがいいかな??」
なんて相談した時に、
「なんでもいいよ。」
なんて適当な事を言われたら…。
もう、イラッとすること間違いなし!

一生懸命話してるのに、
「聞いてなかった。」
なんて言われたら、家出くらい考えちゃうかも・・・。
産まれてくる赤ちゃんは二人の赤ちゃんです!!

「俺のほうが大変なんだから!」

66981d5c008f0caf82fec041aad4aa70[1]
出典:http://japaneseclass.jp/dictionary/仕事で忙しい

類似語「女は楽でいいよな。」

仕事をしている旦那様は大変なのは承知しています。
朝から晩まで働いて、責任もあるし・・・。

わかっています。
わかったうえで、「俺のほうが大変。」とか、「男のほうが大変。」とか言っちゃダメです!!

男性は外で頑張っているけれど、
家にいる女性は頑張って家を守っています。
結婚して家事をしている女性の仕事を時給で計算すると、
かなりの額になるそうですよ!
家政婦になんて頼んだと思ったら、とんでもない額になるかも・・・。
掃除やご飯作り、洗濯など・・・。やってもらって当たり前と思わないでくださいね。

妊娠をしていたらなおさらのことです。
おなかが大きくて動きにくかったり、妊娠中のトラブルがあったり、
動きたくても動けないこともあるんです。
やりたいこともやれなくて、葛藤しているんです。

それなのに、俺のほうが大変とか、楽してるとか言われると、
本当に傷つきます。

育児が始まると、座る暇もないくらい忙しくなります。
余裕がなくなります。
そんな時にそんなこと言われたら・・・。絶対喧嘩になります。
女性も「男は楽でいいね!」なんて言ってはいけないと思いますが、
男性も「女は楽でいいね!」なんて言わないでください!

「立会いとか無理だから。」

バツ印を出す男性
出典:http://www.excite.co.jp/

類似語「グロいのはやだねー。」

立ち合い出産は、男性にとって難関かもしれません。
男性にとってはグロテスクなものと感じるかもしれません。
でも、出産は女性や赤ちゃんにとって命がけのこと。
とても怖くて不安なんです。

だから、旦那様がそばにいてくれると安心して頑張れる気がします。
立ち合いを望まない女性もいますが、もし立ち合いをお願いされたら、
「グロイから無理!」とか、「絶対無理!」なんて断り方をせずに、
前向きに検討してみてください。

そしてどうしてもだめなら、「陣痛の時はついているから。」とか、
「血が苦手だから俺が倒れて迷惑かけちゃうかもしれないから。」
など、優しく断ってください。

私の旦那は血が本当に苦手で、立ち合いはできないとずっと言っていました。
1人目は里帰り出産で、産まれてから駆けつけてくれたのですが、
2人目は、陣痛からしっかり付き合ってくれました。

分娩室には入らないといっていたのですが、
他の分娩があって、私が分娩室に一人残されることになり、
旦那は、分娩室までついてきてくれました。
腰をさすってくれたり、飲み物を飲ませてくれたり、一緒に頑張ってくれました。
そして、いよいよ産まれるというときに、
「もう大丈夫!」といって、出ていってもらいました。
倒れられたら困るし・・。(笑)

後から聞くと、出産があんなに大変だなんて思わなかった。
といっていました。
「お疲れさま!本当に頑張ったね!」といってくれた時には涙が出ましたよ。

陣痛の時に一緒にいてくれるだけでもかなり支えになるんです。
嫌だなんて言ってないで、少しでも支えてあげてくださいね。

「男(女)かぁー…。」

がっかりする男性
出典:http://woman.mynavi.jp/

類似語「男(女)だったらショックだなー。」

赤ちゃんの希望の性別はあるかもしれません。
性別がわかったときに、希望の性別ではなかったら、残念に思うこともあるでしょう。

でも、赤ちゃんは元気で産まれてくれたらそれだけでいいんです!
パパががっかりしてしまうと、ママは不安になってしまいます。

「元気で産まれてくれたら性別はどっちでもいいんだよ。」といって、
ママを安心させてあげてくださいね!

大切なのは思いやり!!

Top-10-Secrets-to-a-Successful-Marriage[1]
出典:http://lovemo.jp/

妊娠して、これまでの生活とは違うことにお互い戸惑ったりするかもしれません。
でも、子どもが産まれたら本当に生活がガラッと変わります。
妊娠中はその準備期間ともいえるでしょう。
妊娠中に思いやりを持ってお互いに接していれば、
出産後も思いやることができるのではないでしょうか?
旦那様が言っちゃいけないことばかりを書いてきましたが、
思いやりを持たなくてはいけないのは男性だけではありません。
女性も思いやりを持つことが大切です。
お互いを思いやれることで、2人の愛情が深まって、
産まれてくる赤ちゃんの「優しくて大好きなパパとママ」になれるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事