カサカサの乾燥肌をリセットして、ぷるぷるのお肌になる3つの方法

美容

春夏の暑い季節は、汗をかいたり、皮脂が元気に分泌されるので、お肌の乾燥がそこまで気になりませんが、秋冬の寒い季節になると、一気にカサカサ…、いやガサガサのお肌がつらくなってきます。

冷房(エアコン)によるダメージと、内臓の疲れの影響をうけた“夏枯れ肌”とも呼ばれるカサカサのお肌は、化粧のりが悪く、表情がくすんで見えてしまうため、暖かい時期に早めのケアをしておきたいですよね。今回はぷるぷるの潤い肌になるための3つの方法を紹介します。

a
引用元:https://pixabay.com/en/toner-skin-skincare-cooling-facial-906142/

カサカサの乾燥肌をリセットする3つの方法

1.ピーリングジェルで古い角質をケア

d
引用元:http://swatchandreview.com/simon-tom-soft-peeling-gel-gommage-review/

古い角質を除去してくれる「ピーリングジェル」をご存知ですか?

ジェル状の液体を皮膚にのせると、肌表面のタンパク質をジェルが反応してポロポロがでてきて、それが皮膚表面に残っている古い角質をからめとってくれるのです。

ぶ厚く覆われていた角質がきれいになると、お肌が呼吸をはじめて、新陳代謝が良くなります。するとターンオーバーもスムーズに行われるようになるので、いつでもツヤのある表情になりますよ!

2.洗い流しパックで潤いをとじ込める!

f
引用元:https://pixabay.com/en/girl-puberty-mask-face-facial-mask-781151/

せっかくピーリングジェルで角質ケアをしたのに、ここでお肌を乾燥させてしまっては意味がありません。「洗い流しタイプのパック」で保湿をして、お肌表面の水分をしっかりととじ込めましょう。

パックは「洗い流しタイプ」と「はがすタイプ」がありますが、はがすタイプはうぶ毛をキレイにケアできるものの、お肌を傷つける可能性がありますので、「洗い流しタイプ」を選びましょう。

3.とにかくローション、エッセンスで保湿!

e
引用元:https://pixabay.com/en/drops-of-water-water-nature-liquid-578897/

さて、洗い流しタイプのパックを流し終わりました。
水分をふき取ったあなたのお肌はすでにぷるぷるですが、ここで終わりではありません。

いつもは水分をふきとって、お肌になじませる程度の保湿をすると思いますが、ピーリングのあとはぜいたくに保湿をしましょう。

キレイになったお肌の表面に皮脂が分泌されるまでには時間がかかるため、ここでしっかりと保湿をしておかなければ、お肌が乾燥してしまいます。そして恐ろしい…「シワ」の原因になってしまいますよ…。

ローションをバシャッと手に取り、ぜいたくに保湿をしましょう。その後はとろみのあるエッセンスで保湿です!

一にも二にも保湿!
美肌への道は保湿をするところからスタートしますよ!

3ステップでぷるぷるの潤い肌に!

メイクの技術を学んでキレイになることも大切なことですが、いちばん大事なことは「お肌そのもの」をケアすることです。すっぴんのお肌がガサガサなのに化粧で美しく見せても、それはごまかしているのと同じですからね。

ピーリング、パック、保湿の3ステップで、素のお肌をケアしてきれいになりましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

美容」カテゴリの人気記事