死別や離婚でパートナーを失うと、脳卒中のリスクが26%も増加

ライフスタイル

死別に悲しむ人
出典:http://www.lifehacker.jp

大阪大学の研究で、死別や離別によって配偶者を失った人は脳卒中になりやすいことが判明しました。

恐ろしい脳卒中のリスク

脳卒中の種類
出典:http://www.nouge.net

研究対象は45歳から74歳までの男女。5万人を追跡調査してデータを集めました。その結果、男性も女性も、配偶者を失った人の方が26%も脳卒中になるリスクが高いことがわかったのです。

脳卒中は、血管の破れや詰まりが原因で脳に血液がいかなくなり、神経細胞が壊される病気。急に意識を失って倒れ、言葉や動きに障害が起きます。後遺症を残すことも多い、恐ろしい病気です。

脳卒中は脳出血、くも膜下出血、脳こうそくなどに分類されます。配偶者を失うととくに血管が破れる病気、脳出血やくも膜下出血になる危険が高まることがわかりました。

女性より男性が危険?

脳の異常
出典:http://www.pill-case.com

女性で35%、男性はなんと48%もリスクが増加するといいます。また、夫を失ったあと仕事をしていない女性は、働きながら夫と暮らす女性の3倍も脳卒中になりやすいという結果が出ています。

リスクが高まる原因はまだはっきりとはわかっていませんが、パートナーを失うと飲酒量が増えるなど、生活習慣にも原因があると考えられています。

死別直後に注意

落ち込む人
出典:http://single.life-vision.info

大阪大学の調査は長期的な追跡調査ですが、ロンドン大学のシャー教授は「配偶者との死別後1カ月間」に注意が必要だと呼びかけています。

ブロークン・ハート・シンドロームといわれ、この1カ月間には心疾患や脳卒中のリスクが通常の2倍に高まるという発表をしました。

大きな心の傷が原因

高齢者の死別
出典:http://www.minnanokaigo.com

高齢者にはもっとも注意が必要で、死別後1年間はリスクが25%高い状態であり、とくに最初の3カ月は危険だとしています。

パートナーを亡くしたショックによって、日常的に飲んでいた薬の服用を忘れるなど、些細に思えることが病気を引き起こす原因になっているとのこと。周囲の人のサポートの必要性が強調されています。

配偶者がいてもリスクはある

妻に不満を持つ夫
出典:http://news.ameba.jp

イスラエルのテルアビブ大学の研究では、配偶者を失わなくても脳卒中のリスクが高まる場合があることを発表しています。男性をターゲットにした調査が行われ、自分自身の結婚に満足していない人は脳卒中になりやすいということがわかりました。

パートナーを失ったときだけではなく、一緒にいてもストレスを感じているとリスクは高まるよう。

この研究では、未婚の男性に関しても、配偶者がいる男性より脳卒中の危険が高いとしています。

心のケアは不可欠

心のサポート
出典:http://utsu-bbs.com

心の不調は身体に影響して、ときには命の危険もあるということが近年の研究でわかってきました。脳卒中といえば生活習慣病として生活の改善だけが叫ばれがちですが、メンタルケアもないがしろにしてはいけないということですね。このような状況の人がいたら、心のサポートも必要だということを知っておいてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事