押すだけ簡単♡美容に・健康に効果アリ!女性に嬉しいツボ8選

恋愛

きれいな足画像
出典:http://toyo5.com/

ツボ押しは、体を回復させ、体調をよくしてくれる効果があるといわれています。
ツボの位置さえ覚えてしまえば、自分で押すことができますし、
お金もかからずに経済的な方法です。
女性は、女性特有の不調などもあるので、そんな不調を改善したり、
美容効果が期待できるツボを8つ紹介します。

冷え性改善のツボ

女性は冷え性だと感じている方が多いようです。
体が冷えていると免疫力が弱まったり、肩こり、頭痛、生理不順など、
いろいろな不快な症状を引き起こす原因になってしまうことも。
体を冷やさないように気をつけることにプラスして、
冷え性改善のツボを押して、免疫力をアップしましょう。

至陰(しいん)

ツボ 至陰(しいん)
出典:http://www.acupressure.jp/

足の小指の爪のはえぎわの外側から、かかと方向へ1から2ミリの部分にあるツボ。

太谿(たいけい)
太谿 つぼ
出典:http://www.tokujun.co.jp/

くるぶしの頂点の部分からアキレスけん方向へ行き、大きなくぼみのところにあるツボ。

生理痛・生理不順に効果的なツボ

生理痛や生理不順は体の冷え、ストレス、過労などが原因で、
ホルモンバランスが崩れることが原因といわれています。
ツボを押すことで血流を良くし、掘るmンバランスを整える効果が期待できます。

血海(けっかい)
ツボ 血海
出典:http://www.acupressure.jp/

床に座り左足を伸ばして力を入れると、ひざのお皿部分の内側にくぼみができます。
くぼみのすぐ上が血海です。
生理痛の時は、左の血海にしこりがあらわれるようです。

三陰交(さんいんこう)
ツボ 三陰交
出典:http://karacure.com/

足の内側のくるぶしの頂点から、指4本分上にあるツボです。
生理痛以外にも、婦人科系の症状に効果的といわれています。

バストアップのツボ

乳腺を刺激すると女性ホルモンが活発に分泌されるようになり、
バストアップ効果があるといわれています。
バストアップだけではなく、美肌やストレス解消にも効果があるといわれてるツボです。

壇中(だんちゅう)
E381A0E38293E4B8ADE381A0E38293E381A1E38285E38186-45672[1]
出典:http://www.kansai-kagaku.co.jp/

胸のちょうど真ん中のツボ

新封(しんぷう)
ツボ 新封
出典:http://hadalove.jp/

左右の乳頭を結んだ線の中心から、指2から3本くらいの、
少し凹んでいるところです。

美肌に効果的なツボ

お肌の新陳代謝が悪いと肌トラブルのもととなります。
ツボを押すことで、新陳代謝を抑止、美肌に効果的です。

合谷(ごうこく)
ツボ 合谷
出典:http://kuturogi-club.cocolog-nifty.com/

親指と人差し指の境目のくぼんだ部分のツボです。

額中(がくちゅう)
ツボ 額中
出典:http://antiaging-life.info/

額の真ん中にあるツボです。
目の疲れにも効果的です。

ツボを押すときのポイントは?

足の裏のツボを押す
出典:http://www.groupon.jp/

①体が温まったときがおすすめ
マッサージと同じように血行が良い時のほうがツボ押しの効果が高まります。
お風呂上りやお風呂に入りながら行いましょう。

②強ければいいわけではない
強めに押したほうが効果がありそうですが、
痛いのを我慢して強く押しても効果が上がるわけではありません。
弱すぎても強すぎても効果が発揮されないので、
痛すぎない強さで押しましょう。

③呼吸は止めない
ツボを押すときは呼吸を止めず、息を吐きながら押しましょう。
リラックスしながら呼吸を止めないように行いましょう。

④絶対にやらなくてはいけないと思わない
毎日続けたほうが効果的ではありますが、
絶対にやらなくてはいけないと、義務になってしまってはストレスを感じてしまいます。
楽しく日課にできればいいのですが、無理なく空いた時間に取り入れていきましょう。

疲れ目に効くツボ
出典:http://hadalove.jp/

ツボを押すだけで症状が改善されやすくなったり、
美容や健康に嬉しい効果が期待できます。
ただ、ツボ押しだけでは解決できないこともあります。
基本的には、規則正しい生活習慣を心がけましょう。
また、なかなか症状が改善されなかったり、おかしいなと感じた場合には、
病院を受診することをおすすめします。

押すだけで簡単にできるツボ押し。
是非取り入れてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事