便秘を解消してウエストをマイナス6cmにする方法!

美容

デモmm

うつ伏せに寝転んで、ちょっとした動作をするだけで、腸の動きが活発になり、便秘を解消しながらウエストがマイナス6cmになるという動画が話題を呼んでいます。毎日ちょっとずつやるだけで、スリムな体型を手に入れることができるのでオススメです!

寝転んでお尻をゆするだけでダイエット!

2分ちかくの動画で簡単に説明されていますが、本当にこれだけでウエストがマイナス6cmになるのでしょうか?実際にこの動画に出演されている女性は、この運動で本当にダイエットを実現されたそうです。

「マイナス6cm!」というだけでも魅力的なのに…ウエストのサイズですからね…。ちょっと信じがたい。

たった5分!自宅で簡単にできます!

①足を伸ばし、両手を重ねあわせながらうつ伏せに寝る。

デモe9528fcc4356d997ff2290dc5ac311ac.dat

まずはうつ伏せに寝てください。
そして両手の手のひらを重ねます。

②両足の足裏を合わせる

デモbjkbjbjkb

次に両足の足裏を合わせてください。体が硬い人はつかないかもしれませんが、なんとか頑張ってみましょう。今すぐに難しい人は、ストレッチで徐々に慣れていきましょう。

③足裏を合わせた状態のまま、お尻を左右にふる

デモjjcgcgcgccgcg

足裏を合わせた状態のまま、お尻を左右に振ってください。するとちょうどおヘソの下あたりに力がはいり、お腹の力で体全身を動かしているような感覚になります。意外とキツいです…。

④両足を左側に倒し、両手は顔の下へ

デモbkjoi

次に力を抜いたリラックスした状態で、両足を左側に倒してください。これも膝の関節が硬い人にはキツいかもしれませんが、徐々に慣れていきましょう。先程までは手のひらを合わせていた両手は、今度は伏せた顔のクッションにするように、下敷きにしましょう。力を抜いてください。

⑤姿勢を固定したままお尻を左右に振ってください

デモ,mk

先ほどと同じように、姿勢を固定したまま、お尻を左右に振ってください。するとお腹まわりや横腹に力がはいり、筋肉にも効いてきます。

⑤を反対側も同じ要領でやってみましょう。

腸が活発になって痩せる!

寝ながらできるトレーニングですが、これは意外に負荷が大きいものです。正面、右、左をワンセットにしてそれぞれ実践していくと、すぐに体が熱くなり、汗をかいてきますので、見た目以上にキツいトレーニングです。

ポイントはお腹を視点にして前身を動かすことで、普段はなかなか力を入れない部分に力を入れることで、衰えた内臓に呼びかけるようになります。

自宅でも簡単に継続できますので、ぜひ実践してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

美容」カテゴリの人気記事