体の痛み箇所でわかるココロ占いが当たりすぎる

ライフスタイル

52787231_p0
出典:http://www.pixiv.net

ストレスや心配ごとが絶えない毎日を過ごしてるあなた。
そんな時は体の調子も悪くなりがち。

ある部分に痛みや圧迫感がある。または怪我をしている場合。その原因は心にあるかもしれません。
それに「心ろ身体は繫がっている」「心と身体は分けることのできない」などの言葉を目にしたり耳にしたりすることが多いと思います。

そこで、今回は身体の部位別の心の症状をみていきます。

胃が痛い

・何かに深く悩んだり、心配したりして、それが続くと、胃が痛くなったり、胃潰瘍になったりします。

肩が痛い

・首の痛みがあるときは変化に適応したくない時や、身動きが取れない状態
肩の痛みがあるときは日常を楽しめていないとき

・自分が背負いたくない重い責任を負っている、何かに恨みの気持ちを持っているとき

・感情って胸で感じるものですから、感情を感じないように我慢すると、その周辺にある筋肉が緊張して固まります。すなわち、肩コリ、首コリになりやすいです。

耳が痛い

・叱られてばかりいる内容は聞きたくないといった思いの固まりで耳に出る症状です。

喉が痛い

・低い評価でプライドがずたずたにされ、ストライキ(何もしたくな い)を起こした状態のカルマが喉の症状。

・一人で抱え込む大きな不安や、対人関係によるモワハラが関係しています。

腰が痛い

・お金の心配や、誰からも助けられないことに対して不安なとき

・失望落胆のカルマが左腰の痛み、こんな仕事場から逃げたい(現実 逃避)のカルマは右腰の痛み、自信喪失のカルマが真ん中腰の痛みといった症状に現れます。

背中が痛い

・背中の痛み(上の方)=誰からも愛されていないと感じるとき
背中の痛み(真ん中)=罪の意識を感じているとき

膝が痛い

・エゴや自尊心が強く、自分の考えを曲げられないとき

・リウマチ性関節炎の場合も、情緒的なことが作用していることもある。

よくケガをするのは右と左どちらですか?

体の右半身は男性性を、左半身は女性性を表すと言われています。
もし、なんか右側ばかりを怪我するなあ、と思ったら「男性との関係で傷ついている」「男性性に関して問題がある」などのサインです。

「気の世界」では、過度のストレスは、肝臓や腎臓に障害を起こし、”怒り”は体内で毒素を作って肝臓に障害を与え、”恐怖”は腎臓に、”悲しみ”は肺に害を与えると言われます。

怒りや憎しみ、嫉妬などの言葉から吐き出された空気中には、毒素が含まれているらしいです。
なので、あまり悪口を言っている人は毒素を振りまいてると一緒。

この空気を1時間集めると、80匹のモルモットをも殺すのに十分な毒素になるそう。

自分にとっても悪影響ですし、まわりにいる人にも迷惑です。

体は精神状態に反応します。人間の思うことは、これほどまでに自分の体(細胞の遺伝子)に「ダメージ」を与えてしまいます。

逆に幸せになりたいのであれば『ポジティブ』に、そして『ありがとう』と『笑顔』でまわりの人に伝えてください。

52260510_p0
出典:http://www.pixiv.net
そうしていると自然と身体の調子も良くなりますし、あなたのまわりも元気になります♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事