未婚の兄弟姉妹がもたらすリスク。将来、誰が面倒をみますか?

ライフスタイル

きょうだいのトラブル
出典:http://momenaisouzoku.net

亡くなるまでに結婚しない人の割合は男性で3人に1人、女性で5人に1人といわれる現代。未婚の人がもし要介護者になったとき、誰が面倒をみるのでしょうか? いま、未婚の「きょうだい」の存在が将来のリスクとして考えられるようになっています。

きょうだいの唯一の身内があなただとしたら

車いす介護
出典:http://girl.sugoren.com

晩婚化が進むだけではなく、結婚をしない人、結婚しても子どもを持たない人の割合が増加してきています。あなたのきょうだいには、未婚の人はいませんか? そのままパートナーを持たずに老年を迎えたとき、親も他界した後だとしたら、身の回りの世話や介護は、きょうだいにまわってきます。

親の介護に対しては「もしかしたら」と心の用意をしている人も少なくないでしょう。それが、きょうだいだとしたら?

大人になってからの「きょうだい」という存在

3兄弟
出典:http://www.matsumoto-souzoku.jp

大人になってそれぞれ独立した生活をするようになってからは、親と違って「別の家の人」という感覚になりやすい「きょうだい」という存在。大切な人であることは間違いなくても、お金や身体の悩みをすべて共有するとなると抵抗があって当然です。

「きょうだい」という微妙な距離感が、将来のリスクへの備えを曖昧にしているのが多くの現状ではないでしょうか。親がいる間には自分の身にリスクが降りかかる心配はなく、考えたこともなかったという人がほとんどのはずです。

また、「いつかは結婚する可能性も……」と考えられてしまうのがきょうだい。だからこそ、一緒に将来のリスクについて話し合う機会を逃しやすいのです。

経済格差も高い壁に

幸せな家庭との格差
出典:http://manetatsu.com

きょうだいの間に経済的な差が大きくある場合には、溝はさらに深まります。しばらく連絡がなかったきょうだいがある日突然助けをもとめてきたら、迷いなく受け入れられるでしょうか。反対に自分が困窮して、頼る人がきょうだいしかいないとしたら、幸せな家庭を築いたきょうだいに「助けて」と言えるでしょうか。

老老介護の現実

老老介護
出典:http://ninchisho-online.com

老老介護は年老いた夫婦間での介護について語られることが多いですが、きょうだいの介護も老々介護といえます。親の介護とは違い、きょうだいは同年代であることが多いためです。

さらに、結婚した相手でもなければ自分を育ててくれた親でもない、きょうだい。異性のきょうだいならなおさら、身体のケアやトイレの補助をできるでしょうか?

家族のあり方を考えるきっかけに

仲良し兄妹
出典:http://dot.asahi.com

昔の大家族とは違って、家族が離れて暮らすこともごく一般的になりました。そのために発生してきたのが「きょうだいリスク」という問題。かつては家全体で支えた問題が、誰か1人に集中して降りかかってくるようになってしまったといえます。

あなたには未婚のきょうだいはいませんか? 大人になったいま、改めてゆっくりと話をしてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事