宇多田ヒカル 5年半ぶりに復帰♪ママになって歌声にも変化が !!

エンタメ

宇多田ヒカル音楽活動再開
出典:http://basement-times.com/

2010年「人間活動」を理由に活動を休止していた宇多田ヒカルさんでしたが、2016年春から音楽活動が再開されました。

2012年ダウンロード配信シングル「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の主題歌「桜流し」を発表したり、ラジオ番組の仕事はしていたようですが、本格的な音楽活動としては約5年半ぶりだそうです。

約5年半という歳月の中で、結婚をしてお子さんも生まれましたね。

宇多田ヒカル&フランチェスコ・カリアーノ
出典:http://entame-watch.com/

ママになった宇多田ヒカルさんの歌声は、どう変化したのでしょう。

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」花束を君に
出典:http://www.crank-in.net/

花束を君に」は、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌です。

真夏の通り雨」は、「NEWS ZERO」のエンディングテーマ曲。

デモを聴いた「NEWS ZERO」のプロデューサーは、

「この曲のデモを聞いた時、鳥肌が立ちました。以前と変わらない伸びやかな声と、また深みを増した宇多田さんの言葉の一つ一つ。NEWS ZEROが伝えるのはすてきな話ばかりではなく、誰か大切な人を失ってしまう事件や事故も毎日のように起きます。それでも明日を前向きに生きていく、少しでも良い社会を作っていく。宇多田さんの曲を聴きながらZEROを見終える人が、そんな気持ちで1日を終えてくれたら、と思っています」

出典:http://www.news24.jp/articles/

とコメントしています。

宇多田ヒカル歌声
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

「花束を君に」と「真夏の通り雨」を聴いた『1998年の宇多田ヒカル』著者宇野維正(これまさ)さんは、

相当変わりましたね。2012年に配信リリースされた「桜流し」を除けば、新録が5曲収録された『SINGLE COLLECTION VOL.2』以来、5年5ヵ月ぶりですから声も変わるでしょう。元々、彼女の歌声の根っこには「切なさ」があると言われていますが、それに加えて「温かみ」が増した。それは宇多田ヒカル自身が母親になったからということもあるかもしれませんね。

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

とコメントしています。

宇多田ヒカルさんの過去の曲と聞き比べると

デビューシングル「Automatic」

ドラマ「魔女の条件」主題歌「First Love」

ドラマ「花より男子2」Flavor Of Life

宇多田ヒカル「花束を君に」「真夏の通り雨」
出典:http://ticketcamp.net/

「花束を君に」と「真夏の通り雨」は、4月15日に配信されます。

ミュージックビデオは、4月15日にGYAO!で公開される予定です。

CDリリースはなく、ダウンロード販売だそうです。

宇多田ヒカルさんのCDなら売れそうな気もするのですが。。

これも時代の流れなのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事