江戸時代にもSM文化はあった !? SEXの48手すべて♡

恋愛

出典:http://img.tabi-labo.com

突然ですが、あなたはSEXの時、どんな体位が好きですか?
正常位やバックなど基本的な体位から、マニアックなものまで本当にたくさんあります。
AV業界では新ワザを編み出そうと躍起になっているとか・・・

そんなSEXの体位ですが、相撲の決まり手である「四十八手」に由来し、SEXも四十八手あるということは聞いたことがあるのではないでしょうか。
これは江戸時代の春画が元になっているのですが、すべて答えられる人はそういないでしょう。

今回はそんなSEX四十八手のお勉強ですよ。
最後には具体的な動画もありますから、お楽しみに♡

SEX四十八手①:「石清水(いわしみず)」

岩清水1出典:https://pan-pan.co

これはSEXの中でもクンニの体位です。
仰向けになった男性の顔に女性が性器を押しつけ、男性にクンニしてもらう体位です。
「顔面騎乗」なんて言い方もするみたいです。

SEX四十八手②:「浮き橋(うきはし)」

浮き橋1出典:https://pan-pan.co

横向きになって膝を曲げた女性を男性が膝の上に乗せるように抱え上げて挿入します。
バックの応用編という感じですね。
角度が大切で、うまくいけば深い挿入を感じられるそうです。

SEX四十八手③:「鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)」

鷲の谷渡り出典:https://pan-pan.co

これは挿入ではなく、愛撫のテクニックです。
仰向けに寝た女性の全身を男性が唇と舌だけで愛撫するというものです。
つまり、手を使ってはいけないわけです。
表現的には「舌を這わせる」というのが正しいようです。

SEX四十八手④:「うしろやぐら」

うしろやぐら1出典:https://pan-pan.co

これはいわゆる「立ちバック」ですね。
男女ともに立ったままで男性が後ろから挿入・ピストン運動をします。
女性は前屈みの態勢になってしまうので、壁などに手を付いておくと安定します。

場所をとらない体位で着衣の乱れも少ないことから、青姦(野外SEX)などでもよく使われる体位です。

SEX四十八手⑤:「押し車(おしぐるま)」

押し車1出典:https://pan-pan.co

これはまさに「手押し車」の状態です。
普通の手押し車と違うのは、ペニスが挿入されているということです。
男性はピストン運動をするので、女性の体を前方に突きます。
女性は支えている手で進みます。
移動しながら行う珍しい体位ですね。

SEX四十八手⑥:「雁が首(かりがくび)」

雁が首1出典:https://pan-pan.co

これはオーソドックスな「フェラチオ」です。
仰向けに寝た男性の股の間に女性が入り、フェラチオをするものです。
女性の中にはフェラチオが苦手な人もいるでしょうが、男性は少しでもしてもらえると嬉しいという声を良く聞くので、チャレンジしてみてはどうでしょうか。

SEX四十八手⑦:「菊一文字(きくいちもんじ)」

菊一文字1出典:https://pan-pan.co

これは騎乗位の一つです。
ポイントは上にいる女性が大きく両足を開くことです。
女性は両手でバランスを取らなければなりませんが、男性は態勢に余裕があるので、丸見えになったクリトリスなどを愛撫してあげましょう。

SEX四十八手⑧:「首引き恋慕(くびひきれんぼ)」

首引き恋慕1出典:https://pan-pan.co

これは少し変わった座位ですね。
男女ともに足を投げ出して座った状態で挿入し、互いの首にヒモのようなもので輪を作ってつなぎます。
お互い首を後ろに反らせるようにしながらピストンすればOKです。

SEX四十八手⑨:「御所車(ごしょぐるま)」

御所車1出典:https://pan-pan.co

これは騎乗位の一つです。
仰向けになった男性の上に女性が同じ方向を向いてまたがり挿入します。
女性は挿入したままぐるっと一回転をします。

様々な方向で前後ピストン運動を加えてもいいですね。
この体位は別名「ひまわり」とか「花満開」などとも呼ばれ、遊び心満載の体位のようです。

SEX四十八手⑩:「こたつがかり」

こたつがかり1出典:https://pan-pan.co

これはもう名前の通りですね。
いわゆる「ラッコ座り」の状態でこたつに男女そろって入り、中で挿入する体位です。
これは冬しかできませんね。
こたつを使わないと言われる沖縄県ではどうすればいいんでしょう・・・「テーブルがかり」とかでしょうか。

SEX四十八手⑪:「こたつ隠れ(こたつがくれ)」

こたつ隠れ1出典:https://pan-pan.co

こたつに隠れて挿入するという点では同じなのですが、位置関係が対面になっています。
両足を伸ばした女性に男性が正面から挿入するというものです。
現実的にこたつはかなり小さなものでないと難しそうですね。

SEX四十八手⑫:「碁盤攻め(ごばんぜめ)」

碁盤攻め1出典:https://pan-pan.co

簡単に言えばバックですね。
ただ、女性がベッドやテーブルなどの台に手を付き、お尻を突き出します。
通常のバックよりも高い位置で挿入することになるので、男性も立ちながらのバックになりますね。

SEX四十八手⑬:「しがらみ」

しがらみ1出典:https://pan-pan.co

正常位の一つですが、下になっている女性は両足をしっかりと閉じます。
男性は女性の太ももに挟まれながらの挿入となるので、普段よりも強い締め付けを感じることができます。
密着度も高いのですが、ピストン運動はしにくい体位なので、フィニッシュには向いていませんね。
ただ、いちゃつくことをメインとするなら最高の体位かもしれません。

SEX四十八手⑭:「時雨茶臼(しぐれちゃうす)」

時雨茶臼1出典:https://pan-pan.co

最もオーソドックスな騎乗位です。
仰向けになった男性の上に女性がまたがり、腰を上下や前後に腰を動かして快感を得ます。
男性が下から突き上げるのも刺激的ですが、急にやってしまうと女性の子宮や膣を痛めることになるので、興奮もほどほどにしないといけませんね。

SEX四十八手⑮:「獅子舞(ししまい)」

獅子舞1
出典:https://pan-pan.co

これは座位の一つですね。
ただし、男女は向き合って座り、挿入をします。
さらに、女性の両足を男性の両肩に上げて完成です。

SEX四十八手⑯:「絞り芙蓉(しぼりふよう)」

絞り芙蓉1出典:https://pan-pan.co

これは座位の一つです。
女性は足を閉じて座り、男性が下から挿入します。
男性は両手が開いてるので、胸やクリトリスなどを愛撫します。

SEX四十八手⑰:「締め小股(しめこまた)」

締め小股1出典:https://pan-pan.co

仰向けに寝た女性に男性が覆い被さるようにして挿入します。
この時、女性が両足をしっかりと閉じ、男性は太ももの間から挿入するようになります。
パッと見は素股のような感じでしょうか。

女性は、挿入の瞬間だけ力を緩めますが、挿入後はしっかりと足を閉じるようにするのがポイントです。
ペニスへの締め付けがかなり強いようなので遅漏の男性にはオススメです。

SEX四十八手⑱:「撞木反り(しゅもくぞり)」

撞木ぞり1出典:https://pan-pan.co

これは騎乗位の一つですが、イメージのように男性だけでなく女性も仰向けになります。
こうなると挿入をキープすることが難しくなるので、女性は常に仰け反った状態をキープしなければ成立しない体位です。
そういう意味では女性の腰や背骨に大きな負担がかかるので、気をつけなければなりません。

SEX四十八手⑲:「宝船(たからぶね)」

宝船1
出典:https://pan-pan.co

仰向けに寝た男性の股に女性が足を交差させて挿入します。
この時、男性の片足を女性が持ち上げて支え、反対の手は男性の手を握ります。
こうすることで女性は自分でバランスを支えながら腰を動かすようになります。
不自由さが醸し出すエロスに興奮が止まりません。

SEX四十八手⑳:「抱き地蔵(だきじぞう)」

抱き地蔵1出典:https://pan-pan.co

男性がイスやソファに座ってその上に女性が対面でまたがり挿入する体位です。
この時、クッション性のあるソファだと2人の体が深く沈み込むので、より深い挿入感を味わう事ができます。
また、クッション性があるとピストン運動もしやすいですね。

SEX四十八手㉑:「抱き上げ(だきあげ)」

抱き上げ1
出典:https://pan-pan.co

まるで手押し車のような体位です。
自分の体重を両腕で支える女性も大変ですが、それを抱える男性も大変です。
男性は膝立ちでいいとは言いながら、これでピストン運動もするとなればなかなか体力のいる一手ですね。

SEX四十八手㉒:「立ち鼎(たちかなえ)」

立ち鼎出典:https://pan-pan.co

その名の通り、男女ともに立ったまま挿入する体位です。
正常位の立ったバージョンですね。

この場合、挿入が難しいので女性は片足を上げる必要があります。
男性は女性の片足を支えます。
場所にもよりますが、女性の背中が壁に付いていると安定しますね。

SEX四十八手㉓:「立ち花菱(たちはなびし)」

立ち花菱1出典:https://pan-pan.co

これは挿入ではなく、クンニの一つです。
男性が女性の性器を口で愛撫することは同じなのですが、女性の腰の下に枕やタオル、服などの布を敷き、腰を浮かせます。
こうすることで女性の膣内まで見えるようになり、男性としては楽な態勢でクンニをすることができます。
また、女性側からすればアナルまで見えるのでとても恥ずかしい体位でもあるようです。

SEX四十八手㉔:「立ち松葉(たちまつば)」

立ち松葉出典:https://pan-pan.co

これはかなりアクロバティックな体位ですね。
まず仰向けに寝た女性の両足を持ち上げます。
その時、女性の腰、または背中まで浮くくらい高く持ち上げます。
女性の両足を開き。男性の両足が交差するようにさせながら挿入するという体位です。

基本的に勃起した男性のペニスは上に向くので、それを下に向けて挿入しているので、かなり大変です。
また、身長差があると女性はほぼ逆立ち状態になることもあるので、男女ともにデメリットの方が大きそうです。

SEX四十八手㉕:「達磨返し(だるまがえし)」

達磨返し1出典:https://pan-pan.co

体育座りをした女性の両足を縛ります。
そのまま仰向けに寝させて、腰を抱えながら挿入する体位です。
男性側はかなりの筋力・体力を必要としますが、自由に動けない女性に対する陵辱感が高まると言われています。

SEX四十八手㉖:「千鳥(ちどり)」

千鳥1出典:https://pan-pan.co

これは正常位の一つですね。
ただ、普通の正常位と違うのは、女性の足が曲がっていることです。
女性は正座をし、そのまま後ろに倒れます。
男性は覆い被さるようにして挿入するというわけです。

こうすると男性としてはペニスへの締め付けが強くなり、女性としてはピストン運動でクリトリスを刺激されるのだそうです。

SEX四十八手㉗:「千鳥の曲(ちどりのきょく)」

千鳥の曲出典:https://pan-pan.co

これはいわゆるフェラチオです。
仰向けに寝た男性の横に女性が座り、手を添えてフェラチオをする形です。
そのまま上に移動して男性の乳首を愛撫することも同様に「千鳥の曲」と呼ぶそうです。

SEX四十八手㉘:「茶臼のばし(ちゃうすのばし)」

茶臼のばし1出典:https://pan-pan.co

これはオーソドックスな騎乗位の態勢から、女性が男性に倒れ込むように重なる体位です。
騎乗位では女性の上半身を眺めるだけになりますが、この方法だと女性の上半身の感触を男性も楽しむことができます。
ただ、この騎乗位では女性がピストン運動をすることは難しいので、男性が主導権を握ってピストン運動をしてあげることが必要です。

SEX四十八手㉙:「燕返し(つばめがえし)」

燕返し1出典:https://pan-pan.co

これはうつ伏せになった女性の片足を持ち上げ、男性が交差するようにしながら挿入する方法です。
男性は女性の足を抱きかかえるようにしながらできるだけ深く挿入するようにしましょう。
そうすることで深い挿入だけでなく、クリトリスを強く圧迫することにもつながるので、これまでにない快感を味わうことができるでしょう。

SEX四十八手㉚:「吊り橋(つりばし)」

つり橋1出典:https://pan-pan.co

女性が変わった態勢になっていますが、一応正常位の一つとされています。
まずはオーソドックスに正常位で挿入します。
その後、男性は女性の腰を抱えて持ち上げ、女性は肘を付いて自分の上半身を支えます。

この時、女性の頭と背中と腰が一直線になるのが理想です。
女性は肘が痛くなるかもしれないので、下にタオルなどを敷いておくといいみたいです。

SEX四十八手㉛:「手懸け(てがけ)」

手懸け1出典:https://pan-pan.co

男性がイスなどに座り、女性がその上に座る態勢で挿入する体位です。
この体位の主導権は女性にあり、女性が積極的にピストン運動を行います。
男性も時たま、下から突き上げるようにしながら刺激を楽しみます。
ただ、お互い何も見えないので、鏡の前で行うと興奮度が高まりますね。

SEX四十八手㉜:「てこがかり」

テコがかり1出典:https://pan-pan.co

パッと見は普通のシックスナインのように見えますが、実はSEX四十八手の中で最高難易度と噂される体位です。
方法は簡単です。
シックスナインの状態で、挿入をするだけです。
しかし、男性のペニスは勃起状態なら真逆に向いているので、かなりの刺激になります。

いや、刺激というよりは痛みに近いのかもしれません。
なぜこんな体位が生まれたのでしょう・・・

SEX四十八手㉝:「鳴門(なると)」

鳴門1出典:https://pan-pan.co

イメージの通り、座位の一つです。
男女は同じ向きに座り、両足を閉じている男性の上に女性が座って挿入します。
その後で男性は女性の両足を抱え上げ、股を開かせます。
誰の手も借りずに、腰を回しながら膣を探して挿入していくというものです。

SEX四十八手㉞:「百閉(ひゃくへい)」

百閉1出典:https://pan-pan.co

これはスタンダードな「騎乗位」ですね。
仰向けに寝た男性の上に女性がまたがるように乗り、腰を前後に動かしていきます。
ピストン運動をするのは男性が主導権を握ることが多い中で、はっきりと女性が主導権を握って動いてくれることに快感とともに喜びを感じる男性も多いようです。

SEX四十八手㉟:「鵯越え(ひよどりごえ)」

鵯越え出典:https://pan-pan.co

これはいわゆる「バック」ですね。
女性が四つん這いになって男性が後ろから挿入するという体位です。
交尾をする獣と同じスタイルなので、野性的な興奮を味わえます。
女性の中にはおしりを「パンッ」と軽く叩かれることで興奮するという声もよく聞きます。

SEX四十八手㊱:「鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)」

鵯越えの逆落とし1出典:https://pan-pan.co

これはクンニテクニックの一つです。
女性は両肘を立てて体を支え、男性は女性の体全体を持ち上げます。
女性の両足が男性の両肩にかかる高さまで上げ、女性の体が逆立ち状態に近くなります。
この状態でクンニをしるのがこの体位です。

SEX四十八手㊲:「二つ巴(ふたつどもえ)」

二つ巴出典:https://pan-pan.co

これはオーソドックスな「シックスナイン」ですね。
男性が下、女性が上になってまたがり、お互いに目の前にある性器を愛撫します。

ちなみにSEX四十八手㊺でご紹介しますが、男女の位置が逆になると「椋鳥」という一手になります。

SEX四十八手㊳:「仏壇返し(ぶつだんがえし)」

仏壇返し1出典:https://pan-pan.co

バックの一つですが、ポイントは女性に両手を床に付けさせることです。
こうすることで女性に対する征服感を強く感じることができます。
男女の身長差があると難しい体位かもしれません。
その場合は、男性が足を開いて高さを調整してあげる必要があります。

SEX四十八手㊴:「帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)」

帆かけ茶臼1出典:https://pan-pan.co

少し難しそうな体位ですが、方法はオーソドックスな騎乗位をして、男性が起き上がります。
その後、女性の片足を男性の肩にかければ完成です。
ピストン運動はかなりしにくそうですが、挿入部分は丸見えなので、興奮度は高そうです。

SEX四十八手㊵:「本駒駆け(ほんこまがけ)」

本駒駆け1出典:https://pan-pan.co

膝を立てて座った男性の上に同じように腰を曲げた女性が座って挿入する体位です。
ピストン運動の時は女性が両足を床に付けて腰を浮かせます。
ちょうど、ブリッジをするような感じです。
そこを男性が下から突き上げます。

SEX四十八手㊶:「松葉崩し(まつばくずし)」

松葉崩し1出典:https://pan-pan.co

仰向けに寝た女性の片足を男性が持ち上げ、足を交差させるようにしながら挿入します。
この時、男性は持ち上げている女性の足を抱きしめるようにすると、より深く挿入することができます。
この体位は女性のGスポットを刺激しやすいと言われており、「クリトリスでないとイケない」という女性が中イキできたという声も上がっています。

SEX四十八手㊷:「窓の月(まどのつき)」

窓の月1出典:https://pan-pan.co

イメージのように横に向いた女性の後ろから男性が抱きしめるようにして挿入する体位です。
この体位で挿入するためには、男性が女性よりも少し下に位置取る必要があります。
また、女性が足を開いてあげると挿入しやすくなります。

ただ、女性が片足を上げた状態をキープすることは難しいので、男性がしっかりと支えてあげましょう。

SEX四十八手㊸:「乱れ牡丹(みだれぼたん)」

乱れ牡丹1出典:https://pan-pan.co

これは座っている男性の上に女性がまたがる座位の一つです。
女性が大きく足を開いて挿入するので、女性に羞恥心を抱かせることができます。
男性は両手に余裕があるので、女性を愛撫しながらピストン運動をしてあげましょう。

SEX四十八手㊹:「深山(みやま)」

深山1出典:https://pan-pan.co

これは正常位の一つです。
女性の両足を男性の肩にかけ、男性は女性の体を浮かせます。
理想的な形では女性の腰までを持ち上げるのだそうですが、男性側の体力次第ですね。
これはその名の通り、深い挿入を感じることができます。

SEX四十八手㊺:「椋鳥(むくどり)」

椋鳥出典:https://pan-pan.co

体位を見ても分かるように、これは「シックスナイン」の愛撫体位です。
SEX四十八手㊲でご紹介した「二つ巴」の男女虐バージョンです。

このように男性が上になると「椋鳥」となりますが、これだと女性がフェラチオをするのに苦しいでしょう。
ゆっくりとお互いベストな角度を探しましょう。

SEX四十八手㊻:「流鏑馬(やぶさめ)」

流鏑馬1出典:https://pan-pan.co

体位としてはオーソドックスな騎乗位なのですが、男性の首にロープをかけて手綱のように引きながら腰を動かすものです。
ソフトSMの部類に入るかもしれません。
Mっ気のある男性だったら試してみるのもいいかもしれませんね。

SEX四十八手㊼:「寄り添い(よりそい)」

寄り添い1出典:https://pan-pan.co

これはその名の通り、女性に男性がしっかりと寄り添うというものです。
挿入でも愛撫でもなく、ただ寄り添うというものですが、これがSEX四十八手に入っていることが素晴らしいですよね。
愛撫の前やSEXの後に女性のことを考えてしっかりと寄り添う子との需要性が江戸時代から受け継がれています。

SEX四十八手㊽:「理非知らず(りひしらず)」

理非知らず1出典:https://pan-pan.co

江戸時代にもSMの文化はあったんですね。
イメージのように、女性の両手両足を縛って自由を奪います。
そこを男性が好きなように挿入するという体位です。

イメージのように抱きかかえてもいいですし、四つん這いにしてバックから挿入してもOKです。

 

最後までお読みくださった皆様、お疲れ様でした。
これが江戸時代に考案されたと言われる四十八手のすべてです。

それではお待ちかねの動画です。
ただ、AVをそのまま載せるわけにはいきませんので、四十八手をプロレス技のように表現したテキスト動画をどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事