肌が泣いている!やってはいけない「間違った日焼け対策」

美容

紫外線
出典:http://kiraringeyes.com/

春になると、紫外線が気になり始めますね。

3~4月頃から、紫外線の量が増え始めるそうです。

早めに紫外線対策しなきゃ!

紫外線が肌に与える影響

紫外線が肌に与える影響
出典:http://jyosiryoku7.com/

UVA

UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になるのです。また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

出典:https://www.kose.co.jp/

UVB

UVBは、太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を引き起こす作用があります。波長が短いUVBは、炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いのです。

出典:https://www.kose.co.jp/

SPFの意味

smiling young woman applying sun block creme on beach
出典:http://www.mensholos.com/

SPFは、UVB(紫外線B波)の防止効果を表す数値です。

日焼け止めに「SPF30」と書かれているのは、「30時間日焼け止めの効果があるのではなく、30倍遅らせることができる」という意味です。

日焼けは人によって10~20分ほど個人差があるそうです。

例えば、日焼けまで20分かかる人なら、「20分×30倍=600分に延長できる」ということになります。

皆さん、SPFの意味ちゃんと理解していましたか?

間違った日焼け対策

やってはいけない日焼け対策
出典:http://wooris.jp/archives/

日焼け止めを毎日しっかり塗るようにしましょう。

でも、やってはいけない日焼け対策があるんです。

去年の日焼け止めを使う
やってはいけない日焼け対策

出典:http://oceanbeauty.blog122.fc2.com/

「去年の日焼け止めが余っているから、もったいないし、今年も使おう」

これやってしまいがちですよね。

日焼け止めは一度開封すると、中身が空気に触れて酸化が進んでしまうそうです。

酸化が進むと細菌が繁殖し、肌の老化を早めることに。

去年の日焼け止めは捨てましょう。

日焼け止めは、1日に1回だけ

やってはいけない日焼け対策
出典:http://suppin.info/column/

日焼け止めを1回塗っただけでは、1日中効果が続くわけではありません。

日焼け止めは、こまめに塗り直しましょう。

日焼けの後は、いつもと同じ化粧水

やってはいけない日焼け対策
出典:https://bijinbu.me/articles/

日焼けした肌をいつもより敏感になっています。

そんなときは、敏感肌用の化粧水を使って肌のダメージを回復させましょう。

やってはいけない日焼け対策
出典:http://woman.excite.co.jp/

いかがでしたか?

正しい日焼け対策で、肌を紫外線から守りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

美容」カテゴリの人気記事