備えよう!赤ちゃんと子どもの防災グッズ、何が必要!?

ライフスタイル

考える女性
出典:http://tomirich.jp/

地震や台風など、災害はいつ起こるのかよくはできません。
もしもの時のために防災グッズは用意していますか?
東日本大震災後は特に、防災グッズに関心が高まったと思いますが、
すっかり忘れてしまったり、そろえた非常食も賞味期限が切れてしまっていることも。
子どもがいるといないでは、必要なものも違ってくるので、
この機会に、防災グッズについてもう一度考えてみませんか?

避難バックを用意しておいたほうがいい理由

ヘルメットをかぶる女性
出典:http://hijoushoku.net/

先日おきた、熊本大震災。
地震もほんとに怖いですよね。

急に非難しなければならないというときに、何を持っていきますか?
急いでいると、何を持って行ったらいいのか、パニックになってしまいそうです。
子どもがいると、必要なものも増えますし、
必要なものを集めていると、逃げ遅れてしまう危険も出てきます。

小さい子どもやお年寄りがいると、連れて逃げるだけでも大変です。
荷物なんてまとめている時間はないかもしれませんよね。

その為に、避難グッズをまとめておくことがすすめられています。

防災バッグ、何を入れておけばいい??

もしもの時の防災バッグ出典:http://www.anshin-bousai.com/

基本的な防災グッズ
・3日分の水と非常食(乾パン・アメ・チョコなど)
・懐中電灯
・ラジオ、電池
・薬
・軍手やマスク、帽子、ヘルメット
・衣料品
・タイルや毛布(防災用アルミもOK)
・生理用品
・テイッシュ。ウエットテイッシュ
・ゴミ袋
・ホイッスル(どこかに閉じ込められてしまったときに役にたちます)
・貴重品(お金・印鑑・カード・通帳など)
など。

基本の防災セットは大人の場合です。
子どもがいるとなると、他にも必要なものが増えてきます。

子どもがいる場合の、防災グッズ
・抱っこひも
・おむつやパンツ
・おしりふき(体をふくのにも便利)
・紙コップ、ストロー
・ミルク
・哺乳瓶
・タオル、バスタオルなど
・レインコート
・母子手帳、保険証
などです。

子どもの年齢に応じて必要なものが違ってくると思うので、
防災グッズは定期的に見直す必要があります。

母子手帳や保険証などは、普段も必要なものなので、
いつも持ち歩いているバッグに入れておくと安心です。
もしもの時には、防災バッグといつものバッグを持てばいいようにしておくと安心です。

防災ライフハック!レジ袋でおむつカバー!!

20131007173826_52527302c1a24[1]出典:https://nanapi.jp/

赤ちゃんにはおむつが必要不可欠ですし、
避難所ではトイレも混雑するので、小さい子どもは大変です。
スーパーのレジ袋があれば、簡易おむつを作ることができるようです。

レジ袋でおむつ1

レジ袋でおむつ2

レジ袋でおむつ3

レジ袋でおむつ4出典:http://yamagata-mekke.awe.jp/

東日本大震災でも、赤ちゃん用品や生理用品などがなかなか手に入らずに大変な思いをした方が多かったようです。
レジ袋とタオルでできるので覚えておくといいでしょう。

レジ袋は、ごみ袋にしたり、必要なものを入れておいたりと、何かと便利です。
少し多めに入れておきましょう。

防災グッズの注意点

注意のマーク出典:http://lurea3m.com/

・重さをチェック!!
必要だと思うものはたくさんありますが、何でもかんでも詰め込んでしまっては
バックが重くなって持てなくなってしまいます。
持てないものは意味がありません。
赤ちゃんや子どもを抱えても持てる重さにまとめておきましょう。

・定期的に見直すこと
子どもの成長とともに、必要なものは変わってきます。
また、非常食や水などの賞味期限が切れてしまうことも考えられますし、
懐中電灯やラジオが使えなくなってしまっている可能性も。
防災バッグは定期的に見直しましょう。

・持ち出しやすい場所に置いておくこと
もしもの時には時間がありません。
防災グッズは持ち出しやすい場所においておき、
すぐに持っていけるようにしましょう。
玄関においておけるとベストです。
また、家族がだれでも持ち出せるように、保管場所をみんなで把握しておきましょう。

赤ちゃんや子どもと避難するときに覚えていてほしいこと

抱っこひもで赤ちゃんを抱っこする女性
出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

避難するときは荷物がたくさんになるので、赤ちゃんはベビーカーに乗せて・・・。
なんて考えるかもしれませんが、
ベビーカーはNGです。
避難するときはベビーカーだと動きづらいですし、
他の人の迷惑になってしまうことも。
乗っている赤ちゃんも危険が及ぶ可能性もあるでしょう。

赤ちゃんを連れて避難するときには、抱っこひもでしっかり抱っこしましょう。

前に赤ちゃんを抱っこひもで抱っこし、後ろに防災バッグを背負うのがベストです。

子どもが小さい場合には、抱っこひもも取り出しやすい場所に置いておくと安心ですね。

幸せそうな家族
出典:http://woman.mynavi.jp/

災害の時の避難は大人でも大変なのに、小さい子どもがいると大変だし心配ですよね。
いつ起こるかわからない災害。
大切な家族を守るためにも、防災グッズを準備しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事