男は励ませ!女は寄り添え!男女で違う慰め方

恋愛

出典:http://howcollect.cdn-donuts.jp

「恋人と別れた」
「仕事で失敗した」
「友達とケンカした」

誰も望んでいませんが、こうやって落ち込んでしまうことってありますよね。
そんな友人がいたら「何とか支えてあげたい」と思い、慰めようとすることがあるでしょう。
しかし、実は男女の性別の違いによって慰め方が異なることは知っていましたか?

こんな経験ありませんか?

出典:http://cdn.slism.net

元気のない男性に声をかけたのに「お前に言っても分からない」と言われた。
仕事の失敗で落ち込んでいる男性を慰めたら「仕事はそんな楽なもんじゃない」と逆ギレされた。

落ち込んでいる女性に何かできることはないか声をかけたのに「あっち行って!」とのけ者にされた。
彼女が疲れているみたいだから励ましたら「あんたが何もしないからよ!」と怒鳴られた。

みなさんはこんな経験ありませんか?
声をかけた方はきっと100%善意で声をかけたはずなのに、どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。
それは男女それぞれの特徴によるのです。

基本的に男性は自分に自信がないので、自分と対等、または上の立場の人から認められるような声かけであれば納得できるみたいです。
一方で、女性の場合は自分のことを認めて欲しいことが多く、極端な言い方をすると慰めの言葉さえいらないこともあるのです。

男性への励まし方

出典:http://cdn.slism.net

男性はプライドが高く、いつまでも子供です。
そんな男性が落ち込んでいる場合は、どう慰めれば良いのでしょうか。

これには男性の特性を理解する必要があります。
男性の考える親友は何も言わなくてもピンチの時に助けに来てくれる存在です。
いわゆる「以心伝心」ができる人のことなのです。

実際に落ち込んでいる男性と以心伝心ができなくても問題ありません。
要は落ち込んでいる男性を満足させてあげればよいわけです。
その時に押さえておくべきポイントが3つあります。

①男性の能力を認めよう

落ち込んでいるわけですから男性の能力を認めましょう。
極端な言い方をすれば、「あなたができないならできる人なんていないよ」と言ってしまうのも一つです。

②決断力があること褒めよう

どうしていいのか分からず落ち込んでいることがほとんどです。
そういう意味では何も決断できていないような気がします。
しかし、「悩む・落ち込む」ということは「何とかしたい」という決断をしているわけです。
結果が出ていなくても、現状を打開しようとするその姿勢を褒めてあげましょう。

③問題を小さくしてあげよう

そもそも悩んでいる問題は大したことがないということを意識させてあげましょう。
ただし、いきなり「そんなこと大したことないよ」と言ってしまうとアウトです。
①の「能力を認める」ことをしっかりと押さえた上で「あなただったら・・・」という話の展開がベストですね。

 

女性への励まし方

出典:http://sukinakogetto.gaara777.com

女性は仲間意識が強いですね。
ただ、男性と違って支え合うという感じではなく、群れを作りたがる傾向があります。
とにかく共感してくれる存在が多ければ多いほど納得するようです。
悩みを抱えているからといって、その悩みを解決してくれる人を求めているわけではなさそうです。

そんな落ち込んでいる女性にはどのように声をかければよいのでしょうか。
それには次の3つのポイントを押さえましょう。

①共感しよう

先ほども述べましたが、落ち込んでいる女性は悩んでいるというよりは心細くなっているものです。
「分かるよ」と共感してあげることは、一番の慰めになります。
そこに特別な言葉は必要ありませんが、相手の話をしっかりと聞いてあげることは必要です。

②アドバイスはしないようにしよう

とにかく重要なのは共感することです。
間違ってもアドバイスを求めているとは限りません。
絶対に自分からアドバイスをしてはいけません。
ただし、相手が意見を求めた来た時は手短に伝えましょう。

③お礼を言おう

変な話ですが、悩みを聞くつもりが逆に自分が励まされてしまったという感じでお礼を言ってあげましょう。
「一緒にがんばろう」「とても勉強になった」「今度は私も相談していい?」
何でも構いません。
女性は迷惑をかけていることも悩んでしまっているかもしれません。
そこを逆手にとってしまうのです。

 

いかがでしたか?
男性は「励まし」を、女性は「共感と寄り添い」を求めています。
善意で声をかけるとしても、タイミングや内容を間違えると逆効果になることも考えられます。
何とかしてあげたい気持ちは山々ですが、相手の気持ちも考えて行動するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事