マスコミが報道しない、マスコミの取材で傷ついた被災者たち。

エンタメ

出典:http://stat.ameba.jp

「報道の自由」
私たちが遠く離れたところにいても、現地の様子が手に取るように分かるのは、マスコミが危険を顧みず取材・報道をしてくれるからです。
今回の熊本地震も多くの方がTVやラジオ、新聞やネットニュースなどのマスコミ報道でその事実を知ったのではないでしょうか。

しかし、そんなマスコミの取材は時として被災者のプライバシーを侵し、心を傷つけ、人でなしだと思われるような言動を取る者もいます。
今回は、マスコミだから報道しない「被災者VSマスコミ」の一部をご紹介します。

報道ヘリがうるさい!

出典:http://buzz-plus.com

陸路や海路よりも空路が最速で現地に到達することができます。
津波や地震の被害の場合は陸路が壊滅状態であることも珍しくありません。
しかし、そのヘリの音がうるさすぎて、重要な放送が聞こえないのでは意味がありません。
こういった現場の声はどうして届かないのでしょう。

町内放送が聞こえないレベルのヘリ音なら、助けを求める声だって聞こえないのではないでしょうか。
マスコミが人の命を脅かす危険性だってあるんです。

これ、誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。
自衛隊よりも早く報道ヘリが現地に到達することがよくあります。
なぜ、少しでも支援物資を持っていかないのか・・・と。

放送界でこういう支援のルールも作って欲しいものです。
カメラの前で「助けて!」と手を差し伸べる人がいても、彼らはカメラを回し続けてしまうのでしょうか。

緊張や披露でいつ眠れるかなんて誰も分かりません。
それでもやっと眠れるようになった時の報道ヘリの音・・・赤ちゃんだっているでしょうし。
特に気になってイライラしていると、そういう音ばかりが聞こえてしまうものなのです。

被災者の葬式を勝手に撮影!

出典:http://snjpn.net

葬式を取り仕切ったことのある方ならお分かりでしょうが、式を円滑に進めることに追われ、故人を偲ぶ時間も心の余裕もありません。
それが地震で自分も被災者となると、その精神的圧迫は想像もできません。

地震が起きれば人が亡くなることもあります。
それは死者数の報道で十分です。
なぜ、そこまで入り込む必要があるのでしょうか。
こういう取材をする人は、被災者のことなんて考えず、「報道することが正義だ」とでも思っているのでしょうか。

渋滞を引き起こす!

本末転倒もいいところです。
自衛隊の支援や、ボランティアの支援が届かなくなるじゃありませんか。
しかし、これはマスコミだけでなく、タクシー会社のモラルにも問題がありそうです。
こういうのはそれぞれのトップが対策を講じなければならないのではないでしょうか。

倒壊のチャンスをうかがう!

出典:http://livedoor.blogimg.jp

FAXには、「余震で崩れそうなお宅の前でテレビ局がずっと待機しているのだそうです。どこの局かは分かりませんが、ご当人にとってはすごく失礼なことではないでしょうか?」と、震災時におけるマスコミの対応を批判する言葉がつづられていた。

出典:http://news.livedoor.com

家が倒壊する瞬間は確かに衝撃映像かもしれません。
しかし、全国の視聴者が求めるものは本当にそれなのでしょうか。
たまたま居合わせたならともかく、待機して撮影するマスコミを誰が「忍耐強い」と評価するのでしょう。

 

まだまだ予断を許さない状況ですが、地震そのものは少し落ち着き、今は生活の立て直しや復興に目が向けていかなければなりません。
心身共にぼろぼろに傷つく中での勇敢な行動をマスコミが報道する意味はあると思います。
ただ、そこにもっと被災者に寄り添う視点を持って欲しいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事