澤穂希の母が借りていたアパート、大家と「ゴミ屋敷」トラブル

エンタメ

「女性自身」に掲載された記事が話題を呼んでいます。

昨年女子サッカーを引退した澤穂希の母が、賃貸アパートについて大家とトラブルになっているというのです。

大家の訴えとは?

ゴミ屋敷
出典:http://www.yokosukarecycle.com

「女性自身」の記者を読んで被害を訴える大家。澤穂希の実母、満壽子(まいこ)さんは22年にわたり、このトラブルの原因となった都内のアパートに住んでいました。娘の穂希も当初は一緒に暮らしていたそう。

大家の言い分はこのような内容。

2DKの室内のフローリングはところどころ腐っていてそれをガムテープで補修、柱は傷だらけ、和室の窓枠には目立つシミがある

部屋の中は散らかっていて足の踏み場もなかった。掃除もしないで出て行った。改修の見積もりをしたところ100万円はかかると言われており、一部だけでも払ってほしいのに満壽子さんは取り合ってくれない
出典:http://news.infoseek.co.jp

「支払う必要はない」

敷金の支払い
出典:http://liginc.co.jp

この訴えに対して満壽子さん側の弁護士はこうコメント。

リフォームは先方が負担すべきでこちらが払う義務はない
出典:http://news.infoseek.co.jp

敷金はきちんと支払ってあり、退去の際にその返却はなかったとのこと。通常、退去後の部屋の補修はその敷金でまかなわれます。満壽子さんの住んでいた部屋を大家は「足の踏み場もない」と表現していますが、退去時にはゴミが残されていたわけではなく、あくまでも部屋の修繕費を支払ってほしいという訴えのようです。

法律上は、普通に暮らしていて生じる程度の経年劣化に対しては、借主には支払い責任はありません。弁護士が支払いの義務がないとはっきり言っている以上、満壽子さんにも支払いの意思はないそうです。

むしろ大家が訴えられる可能性も

澤満壽子著『チャンスの波に乗りなさい』
出典:http://www.dgirls.jp

満壽子さんは2016年1月に、澤穂希の子育てに関するエッセイ『チャンスの波に乗りなさい』(徳間書店)を出版しています。今回トラブルになっているアパートは離婚後シングルマザーになってからずっと暮らしていた部屋だということで、この本にはこのアパートでの出来事も少なからず記されているはず。

大家は「こんな人が育児本を出すなんておかしい」という趣旨のコメントをしています。しかしどんな事情があるとはいえ、すでに有名人となった澤穂希の母親の私生活をメディアに勝手に暴露し、「ゴミ屋敷」呼ばわりまでしたとなると、今後は名誉棄損などで反対に訴えられる可能性もゼロではありません。

満壽子さんは「大家さんにはお世話になった。このようなことになってしまって悲しい」と話しています。

澤穂希のウェディングドレス姿
出典:http://mantan-web.jp

2015年8月に娘の澤穂希が結婚。母の満壽子さんも新生活をスタートさせたばかりというタイミングでのこの騒動。どういう結末になるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事