SEX中の◯◯は快感と無関係 !? 意外と知られていない体の不思議

恋愛

出典:http://www.yanchengschool.com

男性にとってSEXの満足度を測るバロメーターとして、自分自身の快感以上に重要なことがあります。
それが「女性がどれだけ感じてくれたか」ということです。
女性の喘ぎ声を聞くだけで男性が興奮してしまうことを考えても、女性がSEXで感じるということは、男性の満足度にも大きな影響を与えていることが分かります。

女性が感じているかどうかを男性が知る術はそう多くはありません。
しかし、そのチェック項目として急上昇している生理現象があります。
それが「潮噴き」なのです。

意外としらない潮噴きの事実

出典:http://image.photohito.k-img.com

男性の性の知識の多くはAVやアダルト動画から得られていることが多いものです。
その中には様々な性的嗜好に合わせた作品があり、その一つが「潮噴き」なのです。
しかし、潮を噴いてしまうという生理現象を正しく理解している女性は意外と少ないようです。
(ちなみに、男性の理解はほぼゼロだと考えてよいでしょう・・・)

まず、潮噴きのメカニズムから勉強しましょう。
実際、AVのように豪快に潮を噴く女性はほとんどいませんが、潮を分泌している女性はたくさんいます。
おそらくほとんど全員の女性が「潮分泌」としていると断言できます。

それは潮の役割が快感を表すバロメーターではないからです。
それでは潮の役割は何なのか・・・
答えは「妊娠のサポート」なのです。

潮はアルカリ性の液体

出典:http://www.prematernityinfo.com

このイメージ図を見ても分かるように、女性の体内は酸性のゾーンとアルカリ性のゾーンに分かれています。
妊娠をするには精子が元気な状態で子宮内に入らなければならず、精子を少しでも長く保護するためにはアルカリ性にしておく必要があります。
これこそが「潮」の役割なのです。

子宮内は元々アルカリ性なのですが、膣内が酸性であるため、アルカリ性である潮を分泌することによって膣内を酸性から中性に、またはアルカリ性へと変化させているのです。

そのため、女性が潮を分泌するのは体の受精の準備が整ったタイミングということになり、イクかどうか、感じているかどうかとは無関係なのです。

他にも膣内の異物を洗い流す効果があるという専門家もいるようです。
どちらにしても、潮は女性の体のために分泌するものであって、男性が感じさせたから分泌されるものではないということなのです。

潮を噴くと気持ちいい?

出典:http://1000giribest.com

AVでもアダルト動画でも、豪快に潮噴きをする女性は快感が絶頂に達しているように見えます。
この記事を読んでいる女性の中にも「潮を噴いたらスッキリする」とか「イク瞬間に潮が出ちゃう」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにそういうタイミングで豪快に潮を噴いてしまう女性がいることは事実のようです。
しかし、そう思っている女性の中には勘違いしている方も多く含まれています。
だってAVやアダルト動画に登場する潮噴き女性の肩書きを思い出してみてください。
彼女たちは「AV女優/ポルノ女優」・・・そう、彼女たちは「女優」なのです。

それでは素人女性の中に起きてしまっている勘違いとは何でしょう?

それは本当に「潮」??

出典:http://01.gatag.net

もしかしてそれは潮ではなくて「おしっこ」だという可能性はありませんか?
「潮かおしっこかの違いくらい分かるわよ!」と思っている女性も多いでしょうが、この勘違いは意外と多いのです。

ただ、それを簡単に見分ける方法があるのでご紹介します。

見分け方①:男性になめてもらう

潮は無味無臭です。
愛撫中の男性が”ソレ”をなめて、特に味などを感じていなければそれは潮ですが、思った以上にしょっぱいと感じればおしっこの可能性が高いと言えます。
(膣内のものが洗い出されている可能性があるので少しはしょっぱく感じるかもしれません)

見分け方②:白いタオルの上に潮を噴いてみる

潮は無味無臭で色も付いていません。
白いタオルの上に潮を噴いてみて、タオルの色が変わらなければ潮である可能性が高く、黄色く色付けばおしっこである可能性が高いと言えます。

 

いかがでしたか?
ある調査では、女性が分泌する潮の量は約5mLだと言われています。
クジラの潮吹きのように豪快に出ることなどほとんどありません。
もし潮を噴かないとしても、それはSEXの快感とは関係のないものです。

潮に対する正しい知識を身に付け、小さなことにこだわらない最高のSEXを楽しめるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事