野菜をモリモリ!子どもが野菜嫌いにならない方法はこれだ!

妊娠

野菜が嫌いで目をかくす子ども
出典:http://www.mylohas.net/

ニンジン、玉ねぎ、ピーマン・・・。
子どもは野菜が嫌い。
そんなイメージはありませんか?

でも、栄養のバランスもあるし、
好き嫌いしないで、野菜でも何でも食べてほしい。
それが親の願いではないでしょうか?

どうしたら子どもが野菜を食べてくれる??
実は、おなかにいるときにママが野菜をたくさん食べていると
野菜嫌いや好き嫌いが無くなるといわれているのです。

え!?どうして??

ビックリする女性出典:http://kantanyase.com/

ママが妊娠中に野菜をたくさん食べると、
産まれてくる赤ちゃんが野菜嫌いにならないという話には理由があります。

実は、おなかにいる赤ちゃんは味を感じることができるのだそうです。
妊娠3か月頃の赤ちゃんにはもう、味を感じることができる「味蕾」という器官が機能しているそうですよ。

ですから、ママが食べたものは羊水から赤ちゃんへ伝わっているのです。

ママがいつも食べているものを味わっているおなかの赤ちゃん。
ママがよく野菜を食べているとその味に慣れ、
知っている味には抵抗がなくなるそうです。

妊娠中に無性に食べたかったものが・・・。

野菜と果物と妊婦さん出典:http://192abc.com/

妊娠すると、これまで嫌いだったものが急に食べたくなったり、
逆に好きだったものが食べられなくなることもあります。
それは、おなかの赤ちゃんの嗜好とも言われています。

母は私がお腹にいるときに「千切りの長いも」をたくさん食べたそうです。
何故か私は千切り長いもが大好物なんですよね…。
千切り長いもを食べるたびに、「あんたがお腹にいる時、そればかり食べてたから、好きになっちゃったのね~」と言われます。
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

私が実母親のお腹にいるときに、母親は真冬に『ざるそば』、『納豆』が異様なくらい食べたいようでした・・・。
実際納豆は大好きですし、毎日食べています。。。
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

私も、1人目の時にはラーメンと餃子とトマト。
下の子の時にはゼリーとフライドポテトが無性に食べたかったのですが、
やっぱり子どもたちの好物です!
不思議なものですね。

このように、妊娠中に良く食べたものは、子どもも大好きになるというのは
意外と多いようです。

妊娠中じゃなきゃダメなの!?

野菜や果物をたくさんとる妊婦
出典:http://192abc.com/

妊娠中に食べたものが赤ちゃんの好き嫌いに影響すると言ことはわかりましたが、
妊娠中じゃないとだめなのでしょうか?
産まれてきてしまったら、好き嫌いをなくす方法はないの!?

いえ、大丈夫のようです!

喜んで飛び上がる後ろ姿
出典:http://free-photos.gatag.net/

2歳ころまでによく食べた食べ物は、大人になっても好きな食べ物になるといわれています。
ですから、離乳食が始まったら、できるだけいろいろな食材を食べさせ、
味を知ることで、好き嫌いを減らすことができるようです。

また、ママのおっぱいも食べ物によって味が変わるといいます。
授乳中にママが栄養バランスを考え、いろいろなものを食べるというのも、
赤ちゃんの好き嫌いに影響するのかもしれませんよ!

子どもの好き嫌いをなくしたい!
そうおもったら、まずは親が食べるものを見直してみましょう。

つわり中は食べられるものを食べればいいといわれますが、
つわりが終わったら、野菜などいろいろな食材をバランスよく食べ、
母子ともに好き嫌いのない食生活を送りたいですね!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事