どうして孤独を感じちゃうの !? 育児中のママが孤独になる理由

妊娠

頭を抱える女性
出典:http://www.anxietycure.co/

赤ちゃんを授かった。
その時、多くのママは幸せで心が満ち溢れたはずです。

赤ちゃんが産まれてくるのが楽しみで、
赤ちゃんと過ごす幸せな毎日を想像したことでしょう。

赤ちゃんが産まれたら、いっぱい抱っこしてあげよう。
赤ちゃんが産まれたら、いろいろなところに一緒にお出かけたい。
おいしいものをたくさん食べさせてあげたい!

赤ちゃんが産まれてくることで、今の幸せが何倍にも大きくなる。
そう思っていたはずです。

でも、赤ちゃんが産まれたら・・・。

赤ちゃんはほんとうにかわいい。とても大切な存在。
それなのに、なんだか心は幸せばかりじゃない・・・。
なんだか孤独でさみしい・・・。
どうしてなのでしょう??

1人じゃないのにどうして孤独を感じちゃうの!?

孤独を感じている女性
出典:http://toyokeizai.net/

赤ちゃんが産まれて家族が増えて幸せが増えた。
赤ちゃんはとても愛おしい。

でも、1人じゃないのになぜか孤独を感じてしまう。
なんだか育児が楽しく思えない・・・。

どうしてそう感じてしまうのでしょうか?

・家族の中で感じる孤独

赤ちゃんを抱きしめる女性
出典:http://spotlight-media.jp/

赤ちゃんのお世話は大変。
授乳をして寝かせて、おむつを替えてだっこして・・・。
休んでいる暇もないことも。
でも、夫は仕事で遅くまで帰ってこない。
赤ちゃんのお世話はすべて自分でしなくてはいけない。

赤ちゃんのお世話だけじゃなく、
家事もしなくてはいけない。

でも、これが女性の仕事だから、辛いなんて言えない・・・。

そうやってどんどん抱え込んでしまって孤独を感じてしまうママが多いそうです。

近くに頼れる親などがいればいいのですが、
そうでない場合にはどんどん孤独感が増していってしまうかも。

赤ちゃんはかわいいけれど、話ができない。
気が付いたら平日は、夜の帰ってくる夫以外誰とも話してないかも・・・。
なんてこともよくあるんです。

・社会から孤立しているように感じる

ベッドで枕を抱える女性
出典:http://www.amoma.jp/

赤ちゃんと過ごす時間はあっという間。
赤ちゃんのお世話をして、家のことをして・・・。
気が付いたら1日が終わっています。

ふと考えた時に、毎日同じことを繰り返しているように感じます。

「子どもが産まれる前はバリバリ働いていたのにな・・。」
「子どもが産まれる前は、飲みに行ったりショッピングに行ったりしてたな。」
なんて、考えてしまったり、
子どものいない友人のSNSなどを見て、
「私って毎日何しているんだろう・・・」と、
孤独を感じてしまうのです。

自分は小さな世界の中だけで、
社会に置いてきぼりにされているような感覚になります。

・ママ友とうまくいかない孤独感

ママ友トラブル
出典:http://mdpr.jp/photo/

子どもが産まれてからできたママ友。
保育園だったり、公園だったり、習い事だったりで知り合ったママ友。
絶対に気が合って仲良くなれるというわけではありません。

生活スタイルが違ったり、価値観が違ったり、
趣味が合わなかったり・・・。
なんだか打ち解けられないこともあるでしょう。

グループでなんだか違和感を感じて、自分だけが打ち解けられない・・・。
それで孤独を感じてしまうこともあるようです。

中には、悪口を言われたり、自分だけ誘われなかったりするなどの、
ママ友トラブルを抱えてしまうことも。
そのことで、より一層孤独感が増してしまいます。

どうしたらいいの!?この孤独感!!

幸せなはずなのに、赤ちゃんはかわいいのに感じてしまう孤独感・・・。
こんなこと感じている私って、ママ失格かも・・・。
そんな風に感じてしまうママもいるのではないでしょうか?

赤ちゃんといるのに感じてしまう孤独感。
どうしたらいいのでしょうか?

・家族に辛いと伝えましょう

寄り添う夫婦
出典:https://nanapi.jp

家にいてもさみしい・・・。
赤ちゃんのお世話も家事も大変で辛い!
そう思っているのはあなただけではありませんし、
たくさんのママがそう感じているはずです。

そう思って思ってしまうことがママ失格のように思えますが、
赤ちゃんのお世話には昼も夜もなく、
体も心もしんどいんですよね。
辛いことはつらい!
無理せずに家族に伝えてみましょう。

そうすることで、夫も仕事から帰ってきたときには、
ママが料理をしている間に赤ちゃんを抱っこしたり、
洗いものをするくらいはサポートしてくれるかもしれません。

近くに祖父母がいなくても、ちょっと泊りがけで遊びに行ったり、
遊びに来てもらったりして、心をリフレッシュさせましょう。

たまにはパパなどに赤ちゃんを預けて、
お友達とランチをするのもいいですよ!

・在宅の仕事をしてみる

在宅で仕事をする女性
出典:http://在宅ワーク求人.pw/

社会から取り残されているように感じる毎日。
そんな時には、ちょっとでも社会とつながってみましょう。

今は在宅でできるお仕事もたくさんあります。
お仕事をすることで社会とつながることができ、
孤独感を感じにくくなります。

少しでも自分のお金を稼げれば、好きな服を買ったり、
気持ちもリフレッシュできますよ。

負担は少し増えますが、気持ちがリフレッシュされる分、頑張れるような気がします。

・ママ友はいてもいなくてもいい!

赤ちゃんと笑顔で遊ぶまま
出典:http://eminews.jp/

ママ友がいないと一人ぼっちの気がするかもしれませんが、
気の合わないママ友と一緒にいたり、ママ友トラブルに合ったほうがストレスがたまります。
気が合うママ友に合えばいいですが、
気が合わないママ友とは無理に付き合うこともありません。

ママ友はいてもいなくてもOKと割り切ってしまいましょう。

・自分の時間を持ってみよう

自由な女性
出典:http://news.livedoor.com/

毎日「子どものために」と思って頑張っていると思います。
もちろん素敵なことです。
でも、ちょっと「子どものために」から解放されることも必要です。

「子どものために」と我慢していることもあると思いますが、
たまにはお友達とお茶をしたり、好きな映画を見たり、
自分のための時間も持つようにしてみましょう。

パパや家族に赤ちゃんを預けるのは悪い気がするという方も多いと思いますが、
ママが無理して辛くなっているのは子どもにもよくありません。
「子どものために」ママもリフレッシュして、
楽しく過ごしましょう。

預け先がない場合には、託児などを利用するのもアリだと思います。

孤独を乗り切ろう!!

笑顔を見せる女性
出典:http://www.hanakuro.jp/

赤ちゃんと過ごす毎日に孤独を感じているというママ。
本当にしんどいですよね。
毎日お疲れ様です。

そんな毎日もいつか終わるといわれても、
ぴんと来ないともいます。
今をどうにかしたいんですよね。

でも、子どもはあっという間に大きくなります。
おしゃべりが上手になってくるとママの話し相手にもなってくれるようになりますし、
もっと大きくなると、一人でも遊びに行けるようになり、
一緒にいられる時間も少なくなってきます。

そうなると少し余裕も出て、自分の時間も持てるようになって、
孤独を感じていたなんて嘘のように思える日がきます。

今はしんどいけれど、今という時間は今しかありません。
自分で出来ることを取り入れながら、
今の子どもの成長を楽しめるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事