女性教師が教え子とわいせつ行為「恋愛感情あった。」これ犯罪?

ライフスタイル, 恋愛

20071220_392474
出典:http://toranino.jugem.jp

兵庫県の県立高校に勤める30代の女性教諭が、懲戒解雇の処分を受けていたことがわかりました。その理由が「教え子である男子高校生とわいせつな行為をした」というもの。

ふたりは約4回、車のなかでキスをしたり、お互いの体を触ったりしたということ。車内に2人でいるところで警察に職務質問を受けて発覚しました。

「やめられなかった」

女性教諭は県の青少年愛護条例に違反するとして任意の事情聴取を受けました。教育委員会には「いけないとはわかっていた。でも恋愛感情があって、やめられなかった」と話しているということです。

男子高校生から学校生活の悩みなどを聞くうちに、恋愛感情が芽生えたと説明しているとのこと。

このケース、女性教諭は犯罪なのでしょうか? お互いに本気で恋愛をしていたとしても、罪に問われるのでしょうか?

原則的に犯罪

18歳以下とのわいせつ行為は犯罪
出典:http://taxi-story.org

今回のケースは、兵庫県の条例違反ということで事情聴取を受けていますが、児童福祉法でも18歳以下の児童にわいせつな行為をさせることを禁止しています。

わいせつな行為とはどんな基準なのか、というのが難しいところ。過去に起きた事件についての裁判所の判例をまとめると、わいせつな行為と言えるのは以下の2つ。

・青少年を誘惑する、脅す、またはだますなどして性交やそれに類似した行為をする

・自分の性的欲求を満たすことだけを目的に青少年を利用し、性交やそれに類似した行為をする

罪に問われなかったケースも

恋愛関係なら無罪のケースも
出典:https://teens.mynavi.jp

32歳の既婚男性が17歳の少女と性交を行ったことをめぐる裁判が平成19年に行われ、この男性は無罪を言い渡されました。このふたりには恋愛感情があったこと、金銭の授受もなく、男性の一方的な欲求を満たすことが目的ではなかったと認められました。

男性には妻子があり、彼の行った行為は道徳的に許されるものではない、という前置きがあったうえでのことですが、少女との行為については罪に問わないという判決となりました。

逮捕も後を絶たない

なくならない性犯罪
出典:http://matome.naver.jp

一方で、わいせつ行為で逮捕される大人が後を絶たないのは事実です。報道でも、広島県で逮捕者が出たことを伝えています。

広島市内の県立高校の教頭が女子高校生(16)にわいせつな行為をしたとして逮捕された。

児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは、広島市西区の県立井口高校の教頭・小桝雅典容疑者(51)。警察によると、小桝容疑者は広島県呉市内の定時制の高校で教頭をしていた今年2月、女子高校生に呉市内のホテルでわいせつな行為をした疑いが持たれている。今年3月、女子高校生の母親が相談したことから明るみに出た。

小桝容疑者は、「みだらな行為はしていない」と容疑を否認しているという。警察も金銭のやり取りは、なかったとみている。

広島県教育委員会の下崎邦明教育長は、「事実関係を確認し厳正に対処したい」とコメントしている。
出典:http://headlines.yahoo.co.jp

難しい判断が迫られる

有罪か無罪か
出典:http://www.mag2.com

「恋愛は自由」ということもできますが、恋愛と言えるのかどうかの定義づけも難しいのが実状。青少年が犯罪に巻き込まれ、被害者になる事件は残念ながら少なくありませんね。この現状では、警察の捜査も厳しくならざるを得ないのかもしれません。

恋愛をすることは決して悪いことではありません。大人のモラルが崩壊しないように祈るばかりです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 恋愛」カテゴリの人気記事