B’zの稲葉浩志が学生時代から抜群の歌唱力を披露していた♪

エンタメ

出典:http://image.search.yahoo.co.jp

国民的ロックミュージシャンB’zの稲葉浩志さんです。
稲葉さんの歌声は誰もが耳にしたことのある魅力的なもので、最近は年齢を重ね、渋さも加わってきたように感じます。

そんな稲葉さんの”学生時代の歌声”、みなさん聞きたくありませんか?

稲葉浩志プロフィール

出典:http://img.barks.jp

本名:稲葉浩志(イナバ ヒロシ)
生年月日:1964年9月23日(51歳)
出身:岡山県津山市
血液型:AB型
学歴:横浜国立大学
資格:数学教員免許
身長:173㎝
体重:55㎏

出典:http://laughy.jp

息子さんが2002年に誕生しているので、中学生の息子さんがいるパパなんですね。
あのルックスと歌声、それでいて51歳で中学生の息子・・・信じられません。

ICBM

「ICBM」は稲葉さんが学生時代に組んでいたバンドの名前です。
当時、ヘヴィメタルバンドの「LOUDNESS」のコピー演奏をしている様子が残っていました。

これが「LOUDNESS」だ!
出典:http://gigaplus.makeshop.jp

学生時代の稲葉さんも貴重ですが、ヘヴィメタルを歌う稲葉さんもなかなか見られませんよ。

高校生時代の稲葉さん

出典:http://img.laughy.jp

この爽やかな高校生稲葉浩志が歌うヘヴィメタルがコチラです。

ビブラートのかかったヘヴィメタル・・・とても新鮮ですね。

ちなみに、稲葉さんは高校生時代からズバ抜けた歌唱力を持っており、地元新聞で取り上げられるほどの逸材だったそうです。
今の活躍を考えれば当然ですが、当時はとんでもない高校生がいると話題になっていました。

稲葉浩志の肺活量は成人男性の2倍!

出典:http://image.search.yahoo.co.jp

一般成人男性の肺活量は「3000cc~4000㏄」なのですが、稲葉さんの肺活量は、なんと「8000cc」を超えているのだそうです。
だからこそ、あれだけの声量でシャウトし続けることができるんですね。
ライブでは最も疲労がピークに達する終盤でも”30秒以上ロングトーン”を披露することができるのだそうです。

それでは高校生時代の稲葉さんの美声をもう一つどうぞ。

 

稲葉さんの美声は素晴らしいの一言ですが、バンドの技術もかなり高いですね。
自分の高校にこんなバンドがいて、文化祭などでライブをしてくれたら盛り上がるでしょうね。
稲葉さんの高校生時代は、すでに今を予感させる大物だったわけです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事