ドローンなんて古い!人間が飛んじゃう「ホバーバイク」が話題!

エンタメ

出典:http://i.gzn.jp

科学技術の結晶ともいうべき新商品の一つが「ドローン」です。
1万円から30万円くらいまで(中にはもっと高級なものもありますが)、価格帯も様々です。
特に男性からはラジコンみたいなこの新商品に注目をする人が多いようです。
ドローンが世間の話題をさらって、まだ数ヶ月ですが、科学技術はさらに進化しています。

ホバーバイク

出典:http://i.gzn.jp

この巨大なドローンのような物体は「ホバーバイク」と呼ばれています。
これはアメリカの国防省とイギリスの「Malloy Aeronautics」が提携をして研究開発しているものです。
ご覧の通り、まだまだ大きな乗り物ですが、これを約3分の1サイズにするなど、さらなる研究が進められています。

出典:http://i.gzn.jp

この写真でホバーバイクに乗っている白い人は人形です。
まだまだ研究段階なんですね。

超小型無人飛行機としての利用から、超小型有人飛行機としての利用まで幅広く想定でき、複雑な地形への物資輸送や人命救助などの期待値が高い発明です。
特に”分解できる”というメリットがあり、トラックなどで大量に輸送し、現地で一気に組み立てることで大量の手ホバーバイクを調達することが可能です。
ちなみに、アメリカ国防省は「無人偵察機」としての利用を考えているようですけど・・・

そんなホバーバイクの動画がコチラです。

まだまだではありますが、ラストの方で少しだけ浮いていましたね。
今後に期待が持てます。

現在では「AERO-X」という商品名で販売受付が開始されています。

このホバーバイク「AERO-X」の全長は4.5m、前幅2.1m、全高1.25m、重量は356kg。
ちょっと大きめではあるものの大きめの駐車場になら止めれそう。
ちなみにお値段は85,000ドル(約860万円)と、ちょっと高め。

出典:http://www.j-sd.net

ちなみに、予約するだけで手付け金が5000ドル(約51万円)かかるそうです。

ホバーバイクを自作した猛者が現る!

出典:http://i.gzn.jp

彼はイギリスの発明家コリンさんです。
その表情からも分かるように、彼はこのホバーバイクを自力で完成させてしまった猛者なのです。

出典:http://i.gzn.jp

これがそのホバーバイクです。
自転車のような作りになっており、車輪の代わりにプロペラが付いています。
こちらの方がコンパクト設計になっているように見えますね。

出典:http://i.gzn.jp

複雑なスイッチなどはありません。
4つ並んだボタンの1番下を押すとエンジンオン!

出典:http://i.gzn.jp

このように浮くんです。
だいたい30㎝ほど浮かんでいるでしょうか。
その動画がコチラです。

 

いかがでしたか?
まだまだ一般人が気軽に購入できるような状態ではないとしても、これだけ開発が進んでいるとなれば、一家に1台ホバーバイクの時代が来るかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事