長続きのルールは?同棲をはじめるときに気を付けたいこと

恋愛

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

恋人と結婚前の同棲…!
夢に描いていたような生活ができる!と浮足立っていませんか?
しかし同棲をしてから別れるカップル、実は多いんです。
ふたりの同棲期間を長続きさせるためにできる、ルールを教えちゃいます!

部屋数は多めがベスト

二人はいつも一緒にいたいから、1LDKでいいよね♡
なんて話しているカップルは…要注意です!
どんなに愛し合っていても一人でいる時間はとっても大切。
仕事で勉強をしなければいけないとき、風邪をひいてしまったとき…
やっぱり一人でいたいですよね?
長続きの条件は、最低でも2DK~2LDKの部屋からスタートさせること。
自室を持っていれば自分なりのインテリアをすることもできます。
女の子だから、彼氏に見られたくないシーンもあるはず…自室だと、安心してセルフケアができちゃいますよっ!

予算は多め多めに考える

ぎりぎりで予算を決めてしまっていませんか?
お引越しって実は意外とお金がかかるんです。
不動産関係だけではなく、普段の生活で必須になってくる小さな収納器具、掃除用品…。
シャンプーも二人分減っていくので、常にストックがあると安心です。
ストックがないことに気づかず最悪な気分…これが続くとストレスになってしまいます。
予算は思っているよりもずっと多めにしておきましょう。
お金のことで揉めて別れるカップルは少なくありませんので、お金の管理だけはしっかりしておきたいですね。
もしお金が残ったら、ふたりで美味しいものを食べてさらにラブラブ♡
あらゆることがプラスになるように、計画的に同棲をはじめましょう。

ルールは決めすぎずゆっくり

料理担当、掃除担当…いろいろと担当を決めすぎていませんか?
ドラマや漫画の世界では、曜日ごとに担当があるのをよく見かけますよね。
しかし現実はそう簡単にはいきません。
お互いの日常は予期せぬトラブルだらけ。
ルールは決めすぎず、緩くいきましょう。
不思議なもので、家事の担当は自然と決まっていってしまうんです。
このとき注意したいのは、彼女にだけ負担が多くなってしまうこと。
自分には無理だな、と感じたら早めに相談することがケンカを防ぐヒントです。

いつだって恋人を気遣うべし

一緒に住み始めて、ちょっと倦怠…そんな時期がくると思います。
相手の些細な行動が気になったり、彼氏のおっさん化にイライラしたり…。
そんなときでも、気遣う気持ちは忘れないようにしてください。
つらく当たってしまいがちですが、態度ではきっと何も伝わりません。
「ちょっと最近片付けがおろそかになってない?」など、言葉にして話し合いを重ねましょう。
同棲はずーっとラブラブでいたい!
そんなカップルには、たくさんのコミュニケーションが必要です。

いかがでしたでしょうか?ドキドキでいっぱいの同棲生活。
描いたままのラブラブな二人でいられるように、ほどよく肩の力を抜いていきましょう。
その先にはきっと、彼との素敵な未来が待っているはず…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

恋愛」カテゴリの人気記事