『牡丹と薔薇』再放送中!本当に用心すべきは牡丹オンナ!?

エンタメ

デモimage04
出典:http://www.suruga-ya.jp

何度も再放送を繰り返して入る人気の昼ドラ『牡丹と薔薇』は対照的な2人の女性の物語です。品があり穏やかな美しさを持つ『牡丹』とゴージャスで気性の荒い『薔薇』のイメージの香世。2人は姉妹でありながら別々の両親に育てられ、大人になり再会してからも何かとぶつかり合います。

一般的に悪いのは『薔薇』のイメージの香世とされているけれど、一概にそうだとも言い切れないようで・・・。

実は一部では本当にやっかいなのは『牡丹』タイプの女性なのではないかと言われています。そんな『牡丹オンナ』の特徴をご紹介します!

1,見た目は地味

デモimage05
出典:http://laughy.jp

牡丹オンナは見た目に派手さはなく、どちらかと言うと垢抜けない地味な見た目です。しかし、清潔感はあり女性らしい雰囲気なので、ほとんどの男性が一番好む見た目だと言えるかもしれません。

2.基本的に穏やか

デモimage03
出典:http://blogs.yahoo.co.jp

牡丹オンナは基本的に穏やかで、声を荒げたりしません。争いごとが起きそうになると、表立っては身を引きますが、心の中では決して納得もしていませんし、諦めてもいません。しかしまわりからは『穏やかで平和主義な女性』という印象を持たれています。

3.自分を『いい人』だと思っている

デモimage02
出典:http://www.dlife.jp

『ぶりっこ』な女性とのこと決定的な違いがこれです。牡丹オンナは、自分のことを『いい人』だと思っていて、自分の考えが正しいと思っています。ドラマの中の牡丹も『香世のため・・・』と、一見色々なことを我慢しているように見えますが、実際影では香世の夫と情事を重ねています。それでも牡丹オンナは、自分は犠牲になっていると心から思っているのです。

4.自分の『望み』を表面化しにくい

デモimage01
出典:http://girlschannel.net

牡丹オンナは、自分の『望み』をあまり口にしないのでまわりからは一体何がしたいのか理解しにくい傾向があります。「欲しいものは欲しい!!」と大声で主張する『薔薇』タイプの方が我儘なように周囲からは受け取られますが、『牡丹』タイプの方がずっとしたたかなのかもしれません。

5.本当に欲しいものは必ず手にする

デモimage00
出典:http://wandererland.blog70.fc2.com

『平和主義で犠牲の人』のイメージの牡丹オンナですが、欲しいものはすべて手に入れます。男に金、そして好きな男性との子供・・・。それらを手にするためなら、時として人を裏切り、道徳に反することも行います。それらを計算ではなく本能的に行うので、まわりからのイメージは崩れることなく、また本人も意識的にはあくまで『犠牲の人』なのです。

牡丹と薔薇。極端に言えば、女はどちらかのタイプに分けられるのかもしれません。あなたのまわりに、やっかいな『牡丹オンナ』は潜んでいませんか?心当たりのある方は、要注意です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事