出費削減!出産〜育児〜大学までの大事なお金のこと

ライフスタイル

早めの準備で不安解消!
a_mini
出典:http://www.pixiv.net

いつか出産したいと考えたとき、大きな不安を感じるのがお金のこと。
妊娠や出産にかかる費用から、育児のお金まで知っておいて損はありません。

妊娠・出産にかかるお金

・妊婦検診
自治体の助成金を使えば実費負担は2万〜3万円で済みます。出産まで14回前後受ける妊婦検診。病院によって費用に大差はなく、普通の検診で5000円〜1万円程度。自治体の助成が14回受けられるので実費負担は2万〜3万円程度。

切迫早産などのトラブルは健康保険の適用になります。治療や入院が長引いて自己負担限度額を越えると高額医療費用制度の対象にもなります。

・出産
42万円の助成金でおつりがくる病院から100万円を越える病院までさまざま。帝王切開は入院期間が長くなりますが健康保険や医療保険が適用となり結果として自然分娩よりも安くなることもあります。

同じ病院でも自然分娩にするか無痛分娩にするか、大部屋か個室かで費用は変わります。また、出産が休日・深夜にかかると時間外料金として出産費用が割り増しになることがあります。

・マタニティグッズ
使う期間が短いので最小限に抑えることが賢い買い方です。体形の変化に合わせて服や下着、パジャマが必要になります。本当に着られる期間が短いのでできるだけ節約したいとこです。

・ベビーグッズ
出産までに用意したいのが、赤ちゃんの肌着、洋服、布団、チャイルドシート、抱っこ紐など。全部買いそろえると10万円を軽く越えるので知り合いからお下がりをもらったり借りて出費をなるべく抑えましょう。

・妊娠・出産・育児でもらえる手当

出産育児一時金
健康保険に加入していて、妊娠4ヶ月以降に出産した人、被扶養者が対象で子供ひとりにつき42万円。

「直接支払制度」は出産した病院に直接支払われるので、退院時に差額分だけを払えばOK。
「産後申請方式」は退院後に必要書類を揃えて健康保険組合に申請し指定口座に振り込んでもらう。

・妊婦検診助成
各市町村に住民票があり妊娠が確定した人がもらえる。
妊婦検診14回分の費用。1回4000円〜2万円程度の助成金。

妊娠が確定したら、住まいの市区町村役場に妊娠届けを提出。母子手帳と一緒に「妊婦健康検査受診票」を受取り妊娠検診時に提出して利用する。

・医療費控除
家族全員の医療費が1年間(1月〜12月)に10万円を越えた世帯がもらえる。
医療費控除額に所得税率をかけた金額が戻ってくる。

医療費の領収書をとっておき、必要書類を揃えて税務署に提出。会社員などの給与所得者の場合は翌年の1月になってから税務署に、自営業の場合は2月中旬〜3月中旬に確定申告をする。

・出産手当
会社の健康保険に加入して保険料を支払っている人がもらえる。
日給の3分の2相当額×休んだ日数分

産休に入る前に会社から「健康保険出産手当金請求書」をもらい。出産したら病院に必要書類を記入してもらう。産後57日以降に必要書類を揃えて会社に提出する。

・乳幼児・子ども医療費助成
健康保険に加入している子供がもらえ対象年齢は就学まで。
かかった医療費の一部または全額など自治体によって異なります。

子供が生まれたらすぐに健康保険の加入手続きをし、住まいの市区町村に申請書を提出。子供名義の「乳幼児・子ども医療証」が届いたら健康保険証と一緒に病院に提出。

・育児休業給付金
雇用保険に加入していて、2年以内に11日以上働いた月が12ヶ月以上ある人がもらえる。
最初の180日は月給の67%、それ以降は月給の50%相当額。

産後56日したら必要書類を揃えて会社に提出する。

・児童手当
中学校卒業までの子供を養育している父母がもらえる。
3歳未満は月額1万5000円。以降は1万円(第三子以降は小学校卒業まで1万5000円)所得制限世帯は一律5000円。

子供が生まれたら住まいの市区町村役場で「児童手当受領請求書」をもらい必要書類を揃えて提出。受け取れるのは申請した翌月分からで2・6・10月に4ヶ月分まとめて振り込まれる。

※出産後15日以内に手続きをしないと1ヶ月分もらい損ねるの注意。

・失業給付の延長
一定期間以上雇用保険に加入して退職し、産後に再就職したい意思のある人。
働いていた期間、退職の理由年齢によって金額が異なる。

退職翌日から30日経過後1ヶ月以内にハローワークに必要書類を提出して申請する。退職するときに職場から「離職票」をもらい忘れないように。

子育てにかかるお金

・幼稚園・保育園
認可外保育園 平均183万円 私立幼稚園 平均110万
認可保育園 平均66万円 公立幼稚園 平均45万円

習い事 年平均3万円
入園準備 平均5万円
季節行事 平均2万円

・小学校
私立小学校 平均517万円
公立小学校 平均58万円

習い事 年平均8万円
入学準備 平均11万円
塾 年平均8万円
通信教育 年平均2万円

・中学校
私立 平均300万円
公立 平均50万円

塾 年平均13万円
入学準備 平均15万円
携帯電話 年平均3万円
家庭教師 年平均29万円

・高校
私立 平均217万円
公立 平均69万円

塾 平均28万円
入学準備 平均23万円
携帯電話 年平均7万円

・大学
私立 平均690万円
公立 平均520万円

仕送り 平均139万円
1人暮らし費用 平均48万円
運転免許 平均18万円
成人式 平均25万円
卒業式 平均4万円
就活費用 平均9万円

学校にかかるお金で1番安くて740万円
高くて1910万円

※祖父母からの教育費援助は1500万円まで非課税

妊娠前の保険

保険が大事な理由
・切迫早産などで長期入院する可能性がある
・帝王切開だと手術・入院費が高額になる
・妊娠中は支給や卵巣の病気が見つかりやすい

保険選びのポイント
1:自然分娩で入院給付金がもらえる保険か
2:帝王切開が手術給付金の対象かどうか
3:女性疾病特約を付けるより日額を上げる方が賢い

入ってて良かった保険エピソード
・婦人科系の疾病患者は給付金が2倍になるコースを選んでいたため2倍の給付金をいただきました(K・T 30歳)
・医療保険に入っていたため流産で給付金をもらえました(M・S 35歳)
・切迫早産で1ヶ月半入院して、入院日額5000円の保険に2つ入っていたので45万円の入院給付金をもらえて黒字に♡ (T・Y 32歳)

詳しくは無料相談で(PR)
【保険の森】

満足度97%!無料保険相談の【保険のティーチャー】

働く女子が医療保険を選ぶ3つのポイント
1:自分のニーズに合っているかどうか
2:保険料の払い込みきかんはいつまでか
3:給付される金額があなたにとって十分な額であるかどうか

これらを知っているだけで、お金で得することもあるので知っていて損することはないです。是非、覚えておきましょう。

そして、うまく助成金は利用してくださいね♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事